弁当を使用した俳句

弁当に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

弁当を含む俳句例

独弁当香斗もらせ梢の花/調泉

桃咲いて三歳の子の小弁当/林翔

染飯の庄屋弁当菖蒲園/田中英子

枯葎弁当殻を支へたる/小路紫峡

弁当の胡麻散る飯や春隣/小川軽舟

弁当は海桐の花の岬にて/河合大拙

紫蘇匂ふ京弁当や夕月夜/大島民郎

箸の先花見弁当の飯ころげ/上野泰

弁当に玉子焼あり水温む/池田秀水

鯉幟弁当持つて歩きたし/藤田湘子

突堤に弁当とどく鯊日和/佐藤信子

弁当に醤油しみたり山法師/辻桃子

大師けふ弁当閉ぢて入りけり/常矩

娘と二人弁当開く春帽子/熊谷彰子

秋耕の弁当置くや溝の花/久米正雄

尼宮に花見弁当届きたる/山口民子

春の野や女四五人弁当持/正岡子規

野遊の弁当赤き紐ほどく/深見けん二

弁当のパンがわきゐて咳さぞふ/篠原

弁当の二重めでたき花の雨/石川桂郎

俳句例:21句目~

弁当を覗かれている秋曇り/平山道子

弁当を開けば冬の蝿の来る/高浜虚子

早乙女の弁当を覗く鴉かな/正岡子規

烏来る田打弁当置きしあと/高野素十

真昼時弁当部屋のあつさ哉/正岡子規

出先まで花見弁当とどけられ/上村占

種蒔や妻も子も出て野弁当/正岡子規

笹鳴や二段にひらくお弁当/黒田杏子

聖五月石仏の町弁当買う/新宅みさ子

山藤や草刈り鎌に弁当結ひ/宮坂静生

蜃気楼弁当の紐真つ赤なり/小川軽舟

広げたる弁当に降る花吹雪/前原茂子

行先ちがふ弁当四つ秋日和/松永典子

見ぬふりの隣の弁当嫁菜風/上村春子

弁当に醤油のにじみ木歩の忌/渡邉春枝

弁当に日が射す林檎の花の下/細見綾子

花見弁当展げる弥陀の来迎図/楠/節子

弁当にかぶる焚火のほこり哉/角田竹冷

ビル壊す男ら日の丸弁当なり/五島高資

弁当にとびくる虻を叱しけり/岸風三樓

俳句例:41句目~

弁当縁に杣深く入りぬ夏書寺/野村泊月

弁当に牛蒡うれしく笹子鳴く/岸本尚毅

花すもも弁当解けば虻の来る/関森勝夫

弁当の紙飛びたがる花すみれ/辻田克巳

春の弁当を妻も膝にし大裾野/橋本夢道

荒南風や枕草子といふ弁当/小林ふく子

弁当を寄せて大工の焚火かな/矢本/明

植林の弁当を負ひ苗木抱き/青柳志解樹

首に弁当秋の蜂など山が聳え/金子兜太

中年工女冬日笑むごと弁当開く/岩田昌寿

亀鳴いて弁当の箸あらひけり/鹿志村余迷

子に見せて包む弁当木の芽晴/辰巳奈優美

山寺に弁当とゞきぬさくら狩/鈴鹿野風呂

工場弁当眼玉貫かれしなり喰ふ/中台春嶺

煤払ひほかほか弁当運ばせて/小玉真佐子

弁当を持たされ今日へ押出さる/浜野白蓬

弁当に葭簀はちりを落すなり/楠目橙黄子

松過ぎの弁当つめてもらひけり/清水基吉

花見弁当いつも円周上駆ける/相原左義長

若草の湿りに弁当つかひけり/奥田千代子

俳句例:61句目~

げんげんに弁当喰ひ居る女かな/正岡子規

虫どもにから弁当をゆづりけり/藤野古白

冬田鴉よ弁当を食ふところなし/皆川白陀

ひとなかに弁当開き孤立せり/冨山としを

弁当の輪ゴムが飛びし春の芝/吉崎不二夫

野良で食ふ日の丸弁当天高し/小池秋々子

キヨスクに弁当あふれ敗戦忌/七田千代子

顔見世や百合根ふつくらお弁当/草間時彦

下萌えや犬に弁当のぞかるる/水鳥ますみ

弁当くふて青きを踏んで遊びけり/正岡子規

梅弁当に梅散る老いの怖れに似て/伊丹公子

荷をかげに弁当たぶる枯野かな/金尾梅の門

弁当を済ませて美童を折りたゝむ/攝津幸彦

やまんばも来てをる弁当始めかな/上野一孝

空仰ぎ弁当使ふ四迷の忌/中西夕紀「さねさし」

大きな弁当をさげて地突女がかたまつてくる/栗林一石路

越瓜やむかしありける野弁当/山口紫甲「新山暦俳句歳時記」

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました