掛橋/懸橋/桟を使用した俳句

掛橋/懸橋/桟に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

掛橋/懸橋/桟を含む俳句例

桟や命をからむ蔦葛/芭蕉

桟は樺の若木時鳥/橋本鶏二

桟や身を観ずれば瓜の皮/一鉄

桟や先づ思ひ出づ駒迎へ/芭蕉

桟やあぶなげもなし蝉の声/許六

魂消たり木曽の桟時鳥/正岡子規

桟や命をからむつたかづら/芭蕉

桟や短冊二枚の小苗代/西本一都

桟や花眼に氷る石の数/宇佐美目

人柄に適ひ唐桟秋袷/中田みづほ

盆礼の老が突く杖桟を/木村蕪城

懸橋に団扇の波や来迎会/石原芳枝

春怨の桟留縞は不思議柄/筑紫磐井

枯葉舞ふ唐桟織の糸の艶/藤波康雄

棧も今は安けし葛の花/松本たかし

棧や下をのぞけば秋の風/正岡子規

玻璃の桟黄金分割蜜柑の樹/上野泰

桟や水へも落ちず五月雨/正岡子規

余生にも夢の掛橋夏の旅/木寅美津子

掛橋を一列に練る菩薩かな/舘野翔鶴

俳句例:21句目~

ががんぼの五體満足暁の桟/高澤良一

桟へ一里まひるを氷る歯朶/宇佐美目

桟やいのちをからむつたかづら/芭蕉

桟やかづらにすがる蝉の声/正岡子規

棚に桟打つ間も微震冬の町/西本一都

虫籠の桟に掴まり弱りをる/高澤良一

造船所陸の大船へ桟せまき/細谷源二

風の盆桟をみがきて風通す/伊藤敬子

桟や荒瀬をこむる蝉しぐれ/飯田蛇笏

くちなはの撲たれある道桟へ/木村蕪城

桟に血ぬれし母を抱きのぼる/横山白虹

真清水の雲より傅ふ飛桟かな/高田蝶衣

花どきの昼を暗めて出桟の灯/宮津昭彦

唐桟の好みもありし春着かな/松根東洋城

桟を渡る簑虫に燈が冷たくなる/川崎展宏

身を護るため油虫桟より墜つ/山口波津女

雪となる戸の内側の桟をさす/榎本冬一郎

桟の虫髭ふつて居り月の靄/飛鳥田れい無公

胸かばふ修二会の桟に押さへられ/品川鈴子

修二会の棧女人とすこしものを云ふ/山口誓子

タイトルとURLをコピーしました