振袖を使用した俳句

振袖に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

振袖を含む俳句例

振袖の児は刺子か松囃子/鵞溝

振袖の白き腕や弓始め/吉田喜美

振袖で蜂を払へり秋祭/茨木和生

蜉蝣とぶ三番叟の振袖へ/堀古蝶

振袖に棒矢掛けたり弓始/長谷恵子

世の中は花に振袖松に鳶/正岡子規

何色に振袖そめん藤の花/正岡子規

振袖に肩上げ愛し十三詣/三澤律乃

振袖と丹頂鶴のすれ違ひ/大倉祥男

振袖の丈より長し千歳飴/石塚友二

振袖に東風吹く軽し女坂/田村西男

振袖や花びら餅の出る頃か/神崎忠

振袖をしぼりて洗ふ硯哉/正岡子規

振袖を背中に結ぶ汐干哉/正岡子規

十三詣の子の振袖も花の風/平松/泉

振袖の揃ひの双児智恵貰ふ/辰巳秋冬

振袖の憂をはたちやほし祭/高井几董

振袖に鐙をかくす夏野かな/椎本才麿

振袖に鼓の緊まる寒ざらへ/古市絵未

振袖をゆたに立礼萩の苑/赤松けい子

俳句例:21句目~

虫干の振袖纏ふたはむれて/品川鈴子

振袖の吹かれ売らるる菱紅葉/戸田和子

振袖の劫火を纏ひたき夜なり/佐藤鬼房

振袖をかざして通るあざみ哉/正岡子規

初弓の振袖しぼる白だすき/岸川素粒子

振袖につく綿虫が地を擦りし/萩原麦草

振袖を打ちはじめたる霰かな/日原輝子

振袖を着せてやりたや猫の妻/正岡子規

振袖に一枚隠れゐし歌留多/有山八洲彦

振袖に卒塔婆抱き来る桜かげ/川端茅舎

裏山に蛇帰る振袖に手を通す/鳴戸奈菜

振袖はよきかも振つて青き踏む/山口青邨

振袖にかくすみそつぱ七五三/小林千江子

石榴散り振袖火事の火の粉めく/高澤良一

緋桃ゆさゆさわが振袖の水死体/八木三日女

振袖の緋がこぼれけり初茶の湯/中川いさを

おけら火をもらふ振袖たくしあげ/沢村越石

振袖ぐらしのげんのしようこを闇枯し/飯島晴子

のうぜんの散りやうさしづめ振袖火事/高澤良一

タイトルとURLをコピーしました