行商を使用した俳句

行商に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

行商を含む俳句例

行商の茶の風呂敷や桜草/日原傳

行商の初袷着て出立哉/篠崎霞山

すぐ乾く風邪の唇行商す/東出善次

炎天や父の行商日記古り/武藤善尚

首伸べて雪天すすむ行商女/岸田稚

行商の旅の前夜の二日灸/天野菊枝

春寒の切符咥へし行商婦/石川文子

行商が箒で払ふ秋の蜂/小林嘉代子

行商の荷に油紙能登の雪/沢木欣一

残雪の余呉訪ふ薬行商と/羽部洞然

行商女雪払ひ乗る一輛車/小林千草

行商の人もをりたる秋灯/野中亮介

二日はや能登行商の雪合羽/新田祐久

水澄むや行商の荷にネルの縞/上村占

焼薯を食ふ行商の襟見せて/藤田湘子

蚕休みと言う頃合を行商婦/志賀敏彦

行商の畦に荷を解く麦の秋/岡田玉水

行商の荷の底にある干し蝮/今瀬剛一

行商女訛り巧みに小春かな/桜井紅霞

行商の湖に加へてよもぎ餅/大東晶子

俳句例:21句目~

雁渡る方より来しと行商女/上木輝子

雛の灯へ薬行商荷をひろぐ/羽部洞然

行商の土橋に見やる吹流し/大野林火

春シヨール欲し行商を心待ち/稲垣光子

炉に近く行商の荷を解きにけり/森花恵

行商に貰はれてゆく子猫かな/亀田牧女

行商の婆と乗り来る生姜の香/溝口昭二

行商女手籠は安房の黄水仙/秋山朔太郎

行商女葱の包みは手に提げて/山田節子

霜踏んで甲斐行商は深帽子/石田あき子

己が荷にもたれ昼寝の行商女/長崎小夜子

枯れを来て駅のくらがり行商荷/伊藤京子

枯野ゆく行商の荷の海老生きて/宮下翠舟

行商と乗り合はせたる霧のバス/西村和子

行商のふるさとぎらい山苣の花/神田斐文

行商の荷を解く田打ざくらかな/木村虹雨

行商の風呂敷解くや花いてふ/伊藤なづな

降りこもる駅ストーブの行商婦/文挾夫佐恵

貝虫つぶやく溝添ひの家の昼寝どきの行商人/大橋裸木

タイトルとURLをコピーしました