悲し/かなしを使用した俳句

悲し/かなしに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

悲し/かなしを含む俳句例

悲しさに喰ふ秋の夕かな/几董

徒に凍る硯の水悲し/寺田寅彦

義仲の寝覚の山か月悲し/芭蕉

日の影の悲しく寒し発句塚/史邦

さや豆を手向て悲し後の月/去来

びいと啼く尻声悲し夜の鹿/芭蕉

蟲くひの鬼灯悲し魂祭/石井露月

菊つかむ雀悲しき嵐哉/正岡子規

花桶の鳴る音悲し夜半の霜/可南

月見して余り悲しき山の上/暁台

悲しさや釣の糸吹く秋の風/蕪村

秋の道一日悲しもみぢ谷/田上尼

人悲し命命鳥の巣に孵り/中勘助

夕月に深田の蛙聲悲し/正岡子規

夏悲し終夜衰へぬ灯を沖に/村田脩

兜虫鍬型振れど眼悲しき/内田園生

或時は心悲しうす竹婦人/小澤碧童

雪悲しいつ大仏の瓦葺き/松尾芭蕉

面白うてやがて悲しき鵜舟哉/芭蕉

風吹て悲しさうなり初烏/正岡子規

俳句例:21句目~

うつむけば面悲しむ薪能/小林泰子

白日の天地悲しむ虎落笛/相馬遷子

白峰の月くまなくて悲しけれ/青畝

麦秋の中なるが悲し聖廃墟/秋櫻子

年玉や古く悲しき親の恩/高橋睡郎

忍ぶこと慣るるは悲し冬桜/湯川雅

流燈の迅速なるは悲しかり/有働亨

歌書よりも軍書に悲し吉野山/支考

悲しくも美し松の秋時雨/鈴木花蓑

聲悲し鴉の腹に雪を吹く/正岡子規

運河悲し鉄道草の花盛り/川端茅舎

喜壽悲し母の齢の春昔/松根東洋城

都かな悲しき秋を大水見/正岡子規

鉦叩悲し淋しと今宵また/星野立子

月雲に隱れて悲し鹿の聲/正岡子規

秋悲し白菊の色に染む事/高井几董

雨そふて悲しさつるゝ砧かな/鳴鳳

秋の雨月に対して猶悲し/松岡青蘿

声悲しつむじまき行く礒千鳥/暁台

声悲し君葬る日の寒苦鳥/伊藤ゆめ

俳句例:41句目~

声悲し雪に幾日の寒苦鳥/伊藤松宇

羅や人悲します恋をして/鈴木真砂女

黒穂出て村八分とは悲しけれ/星野椿

鯨船われは舵とる悲しさよ/久米正雄

春星に悲しき楽の起りけり/江口竹亭

歳饉ゑて庄屋が門の菊悲し/寺田寅彦

日に悲し落葉ただよふ汐ざかひ/白雄

悲します一語秋風の傍観者/福田蓼汀

鴨鳴くや悲しき沼の話聞く/高濱年尾

悲しまむや墨子芹焼を見ても猶/芭蕉

柴漬の悲しき小ばかりかな/高浜虚子

かの秋の横浜沖を真悲しむ/三橋敏雄

寒月に悲しすぎたり両大師/正岡子規

秋風や歴史悲しきこと多し/嶋田一歩

鴬の啼く音悲しと夢に見し/尾崎紅葉

この山の悲しさ告げよ野老掘り/芭蕉

悪妻を持たぬ悲しさ漱石忌/磯崎啓三

枯蟷螂悲しきまでに眼澄み/中島郁子

秋風に折れて悲しき桑の杖/松尾芭蕉

鹿の秋牛の秋さへ悲しきを/正岡子規

俳句例:61句目~

秋はあはれ冬は悲しき月の雁/原石鼎

破芭蕉悲し悲しと風の中/竹田ひろし

寒月に悲し過ぎたり善光寺/正岡子規

手調子は悲しきものよ踊笠/高木晴子

悲しきはその恋歌や西行忌/下村梅子

妹を悲しませずに済む焚火/櫂未知子

盆花を流して鮎を悲します/石田勝彦

白鳥は悲しからんに黒鳥も/高屋窓秋

波荒れて悲しき星の別かな/野村泊月

白鳥は悲しからずや児捨川/柴原保佳

悲しくて闊達冬の未亡人/殿村菟絲子

早春の空嵌めて悲し切通し/楠本憲吉

生悲しとも愛しとも走馬燈/千原叡子

琵琶悲し一夜に寒き鬢の霜/正岡子規

折り持つや柳悲しき馬の上/会津八一

根切虫悲しき性を持て余し/矢倉澄子

猿の手のちぎれて悲し初嵐/正岡子規

悲しさやをがらの箸も大人なみ/惟然

悲しめば瀬も号泣す秋の暮/福田蓼汀

捨苗を天秤棒も悲しがる/百合山羽公

俳句例:81句目~

人の親の病悲しき師走かな/赤木格堂

今更に悲しき籠の雉子かな/正岡子規

羅や人悲します恋をして/鈴木真砂女

若草に嫩草の名の悲しけれ/田中菊坡

大鷲の鋭けれども悲しき眼/山田凡二

菊時はあきぞ悲しき明樽の/正岡子規

虹立つや狂女の唄ふ唄悲し/稲畑汀子

蟻が運ぶ塊悲し君が墓/長谷川零餘子

鉄線花硯池に三片真悲しや/今井竜蝦

学問に霧一粒の曇る悲しさ/赤尾兜子

雛よりも悲しき心流さばや/稲畑汀子

山椒怒り悲しむかたちなす/山本一雄

雪に穴を失ふて熊の聲悲し/正岡子規

雉の声あらはに悲し焼野原/正岡子規

流さるる浮巣に鳰の声悲し/正岡子規

巻々の歌仙に悲し寅彦忌/東洋城千句

啄木忌悲しきまでに遠き雲/斎藤空華

囮鴨雌をつゝきぬ悲しけれ/高野素十

雷殖ゆ公などは悲しからん/高野素十

塩坑へ蛇下りゆくとき悲し/安井浩司

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました