雲の影を使用した俳句

雲の影に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

雲の影を含む俳句例

涼風や青田の上の雲の影/許六

雛納め畳に疾き雲の影/清本幸子

今朝秋の雲の影あり築地川/梓月

草摘むや峡より出づる雲の影/春藻

焼山を襲ふごと過ぐ雲の影/青野爽

峯雲の翳の陸地の菫色/八木林之介

春風の野山をわたる雲の影/中勘助

枯芝に置き雲の影相寄らず/木下夕爾

浅山に五月の雲の影ぞ濃き/相馬遷子

雲の影落ちて動かず大枯野/岡田日郎

大雲の影堕ちてくる落葉焚/石原八束

畦塗つて左右に分つ雲の影/河野南畦

凍雲の影のとどまる柿畑/伊藤いと子

白塔は火雲の翳に蒼古たり/西村公鳳

連嶺の巍々の眠りに雲の影/岡田日郎

雲の影過ぎ雪の嶺刻が過ぐ/津田清子

鳩鳴くや水も夏なる雲の影/臼田亞浪

月代や峰をつくれる雲の影/角田竹冷

笹鳴くや障子に急ぐ雲の影/会津八一

うしろより雲の翳や青き踏む/椎橋清翠

俳句例:21句目~

わらしなを君こえくらん雲の影/中勘助

信濃路や雲の影さす稲架幾重/石橋典子

初富士の胸わたりゆく雲の翳/伊藤敬子

代掻きの後澄む水に雲の影/篠田悌二郎

東風吹くや山一ぱいの雲の影/夏目漱石

蘂深く薔薇のゆるせる雲の影/木下夕爾

暖かやいぬころほどな雲の影/内藤吐天

雲の影に行念のはしや秋の客/幸田露伴

雲の影日がな流して大夏野/今橋眞理子

雲の影移るテラスの晩夏かな/木下夕爾

松虫草ケルンに走る雲の影/永井由紀子

雲の影走れば梅も走るなり/波多野爽波

永平寺雲の翳さす障子貼る/川津ひな子

雲の翳とどまる高嶺木賊刈る/渡部北星

潮浴びてひらく句帳に雲の影/大屋達治

大花野ときどき雲の影に入り/加藤瑠璃子

寒雲の影をちぢめてうごきけり/石原八束

草競馬さつとまさをき雲の翳/加藤かけい

蟻の出てかつとはれたる雲の影/櫻井博道

行く雲の影にも散れり蝌蚪の陣/前田白露

俳句例:41句目~

痛みに堪えて雲の翳見てゐる/鈴木六林男

雲の影花野を去りてみづうみに/大橋櫻坡子

雲の翳黝みつ富士の鋭きそそり/日夏耿之介

いちにちの境はありて生駒嶺に夜半ゐる雲の影うごき初む/清原令子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました