山雷を使用した俳句

山雷に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

山雷を含む俳句例

戸隠に雷一つ山開/串上青蓑

雷裂けて全山震ふ吉野杉/桂信子

雷光に妙義走らす嶺と/河野南畦

雷の殷殷として夏の山/会津八一

日雷土葬の山に近づかず/森田智子

棕梠山の父の匂ひや冬の雷/石寒太

秋雷の一つ転がる山向う/高澤良一

山人のみやび言葉や秋の雷/原和子

秋雷や旧会津領山ばかり/高野素十

雷に切り刻まれをり鋸山/高澤良一

雷鴫足を取られる山仕事/篠田悦子

金剛山雷ぐせのつきゐたり/大島雄作

山垣にとゞろきて消ゆ春の雷/及川貞

山鳩のくぐもる唄に雷迫る/西東三鬼

灌仏に軽雷山を下りてくる/西村公鳳

秋雷や踏めば崩るる悪の山/宮武寒々

草山を比叡の内チや春の雷/尾崎迷堂

針山に針いきいきと春の雷/橋本榮治

火の山にいどみ駆けづる日雷/上村占

露座仏の背山を走る春の雷/黒田智彦

俳句例:21句目~

山の湯の松葉しづりや春の雷/臼田亜浪

山の背をころげ廻りぬ春の雷/高浜虚子

山びらき神は雷もて迎へけり/三谷和子

清盛祭弥山を春の雷はしり/塩田佐喜子

鎌倉五山虫出しの雷走りけり/谷田部栄

杉の秀に雷火走れり箱根山/鈴木大林子

春の雷まひるの山を邃うせり/飯田蛇笏

飛騨山を雷轟きに指させる/鈴鹿野風呂

山雷のすずろに秋の深みたる/藤田あけ烏

山雷や毛野の青野に人も見えず/臼田亞浪

山の旅雷の高さで湯を使ふ/鍵和田ゆう子

山の雷夕べの渓を照しけり/長谷川かな女

山百合をいくたび照す夜の雷火/土方秋湖

男女でいて何ごともなく雷の山/和知喜八

山を出て山にかへしぬ春の雷/菅原師竹句集

秋雷のあとの山照り鳩鳴けり/阿部みどり女

長閑すぎて虚雷きくなり山の湖/大須賀乙字

春もまた雪雷やしなの山/一茶/文政五年壬午

大年の山の日ぐれとなりにけり寒雷一つ澄みて霽れたり/穂積忠

タイトルとURLをコピーしました