今やを使用した俳句

今やに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

今やを含む俳句例

中年の今や短き日を重ね/草城

浅草の今や昔やかき氷/松村幸一

無き人の小袖も今や土用干/芭蕉

開山の昔を今や深雪寺/尾崎迷堂

花散て今やつゝじの吉野山/魚波

なき人の小袖も今や土用干/芭蕉

菜も青し庵の味噌豆今や引く/一茶

おのれやれ今や五十の花の春/一茶

お水取今や遅しと茶粥腹/高澤良一

石竹の甘露も今や蝶の夢/水田正秀

五月雨の徴発駄馬を今や引/森鴎外

立さわぐ今や紀の厂いせの鴈/沢雉

なき人の小袖もいまや土用干/芭蕉

遠ざかる火星の今や秋の星/高澤良一

冷房を使はぬ妻に今や馴れ/高澤良一

茗荷竹普請も今や音こまか/中村汀女

飽食の土入れ器今や閃々と/栗生純夫

朝貌の今や咲くらん空の色/夏目漱石

鷹の目も今や暮れぬと鳴く鶉/松尾芭蕉

大牡丹いまや崩れん悲運の刻/橋本夢道

俳句例:21句目~

鷹の目もいまや暮れぬと啼く鶉/ばせを

四角なる冬帽に今や歸省かな/正岡子規

あけそめて高原の霧今やなし/高濱年尾

道中の今や拍子木鳴らしゆく/羽柴鏡女

花篝火の色今や得つゝあり/鈴鹿野風呂

雪柳ふぶくごとくに今や咳く/石田波郷

きのふふえけふふえ今や百千鳥/正岡子規

写生廾日堂成りて今や蝶を着く/正岡子規

野分にも藷にも今や號ありぬ/相生垣瓜人

冬の木の今やしぶきを立つるかな/松澤昭

阿蘇野焼き今や遅しと勢子の衆/古賀幹人

死いまや蟻のごとくに群がれる/長谷川櫂

亡き人の小袖も今や土用干し/芭蕉「猿蓑」

心づけば地鳴きの蝉の今やなし/千代田葛彦

秋しぐれ今や田を守る小屋がくれ/椎本才麿

いまや水着水を辞せざる女跳ぶ/中村草田男

かんこ鳥いまやくれぬとあや啼す/加舎白雄

雪やなぎふぶくごとくに今や咳く/石田波郷

夏いまや去るびしよ濡れの大地より/飯田龍太

タイトルとURLをコピーしました