とろろ飯を使用した俳句

とろろ飯に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

とろろ飯を含む俳句例

立待を信濃に仰ぐとろろそば/藤暢子

寒見舞とろろ一本提げて来し/会田良

塗椀に卵と三日とろろかな/吉田木魂

雪代を渉りてきたりとろろ飯/小島健

歩きゐて日暮るるとろろ葵かな/森澄雄

奥多摩に秋冷いたるとろろ飯/青木重行

佛門に入りそこねてとろろ飯/原赤松子

とろろ摺ぬ足腰強き余生かな/三宅三穂

啜るたび爺むさくなるとろろ飯/高澤良一

養身の髪を束ねてとろろ擂る/橋本美代子

さやうなら笑窪荻窪とろろそば/攝津幸彦

春浅き風や伊吹のとろろそば/三島富久恵

とろろなど食べ美しき夜とせん/藤田湘子

とろろの泡さはに長姉は還暦か/栗生純夫

丹波路や杜氏送る夜の麦とろろ/田中呑舟

俵水園の紅葉の中のとろろ茶屋/近藤/正

うまの合ふ夫婦となりてとろろ飯/高澤良一

子規の忌の栗炊きこめし麦とろろ/和田/珠

はらからと久の湯宿の麦とろろ/市村千代美

市原野とろろあふひの花咲かす/加藤三七子

俳句例:21句目~

幼時父はなにを夢みしとろろ飯/河原枇杷男

手向けなん玉子の糸ととろろの糸/立花北枝

三月のとろろ昆布へ往かん、いざ/坪内稔典

とろろ薯摺る音夫にきこえよと/山口波津女

紅梅に待たされすぎのとろろかな/綾部仁喜

薄暮にてとろろの薯を擂りゐたり/山口誓子

とろろねばりつよし家嗣ぐ責感ず/大熊輝一

鞠子宿すかんぽを折りとろろ待つ/細見綾子

くらくなる山に急かれてとろろ飯/百合山羽公

母の手を借りて擂りたるとろろかな/荒牧芬子

身のどこか軽くすり減るとろろ擂/小檜山繁子

門入りてとろろあふひの一木かな/大隈伊津子

地鳴りめく音よとろろを擦りくるる/藤岡筑邨

ざざ降りのまだおとろへずとろろ飯/鷲谷七菜子

はんなりととろろあふひをかきわけて/冬野/虹

とろろ芋のんびり生きてかゆしかゆし/大木あまり

タイトルとURLをコピーしました