矮鶏を使用した俳句

矮鶏に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

矮鶏を含む俳句例

初霜や矮鶏諍ふ神の庭/牧野暁行

春疾風矮鶏懸命に道走る/原田喬

年已に八声に白しちやぼの空/白慰

万愚節矮鶏抱卵の雉子孵り/小西藤満

矮鶏の閧山に弾めり初薬師/林ヨシ子

矮鶏の来て飛び上りけり手毬花/麦水

寒詣矮鶏が先導してくれし/増田幸子

抱卵の矮鶏に零るる竹落葉/上田春日

竹春や矮鶏を飼ひゐる広沢寺/森澄雄

分校にチヤボの十兵衛夏休/窪田英治

秋暑し矮鶏の蹴上ぐる土埃/中田ゑみこ

石段を矮鶏駆け上る大暑かな/細川加賀

みぞるるや十年矮鶏の番古り/石川桂郎

春一番縁の下より矮鶏のとき/半谷智乗

坂道を矮鶏ころげくる土用凪/梶原宇良

矮鶏が鬨つくる芙蓉の花の雨/木村蕪城

辛夷散る衰老の坂矮鶏あそぶ/宮武寒々

矮鶏が木に上手に登り三鬼の忌/高澤良一

夏帽子チャボの卵がひとつあり/田/彰子

中華街矮鶏は汚れて二月果つ/古賀まり子

俳句例:21句目~

花いばら流人の如く矮鶏と棲む/山本節子

日脚伸ぶ三寸人参矮鶏のこゑ/百合山羽公

迷ひ矮鶏出で入る門や百日草/木下ふみ子

鷹化して鳩となる矮鶏樹の梢に/宮坂静生

ちやぼ不思議がる落蝉の断末魔/辻田克巳

春の家に矮鶏の舌など盗み見る/鳴戸奈菜

チャボ一羽夏大根の向ふゆく/村中/美代

松葉杖突き出でし子に冬の矮鶏/木村蕪城

伏せ籠に矮鶏の子育ち菊枯るる/新海りつ子

この村の花より知らぬ矮鶏鳴けり/鈴木鷹夫

かたまつて矮鶏の見てをり大根焚/市川/葉

矮鶏のあとついて走るや羽抜軍鶏/石毛詳コ

子遍路がちやぼの蹴あひを見てゐたる/汀波

花独活や遠出の矮鶏に風生れて/竹川セツ子

冬木の芽チャボが卵を落しけり/北見さとる

葭簀茶屋矮鶏かたまつて走りけり/樋口桂紅

矮鶏が鳴く春立つ山を前にして/阿部みどり女

原っぱにかけおち矮鶏や紫雲英蒔く/鈴木恵美子

タイトルとURLをコピーしました