松籟を使用した俳句

松籟に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

松籟を含む俳句例

松籟に心休ませ寒稽古/上野泰

松籟の中や一点金玉/岩田昌寿

山寺や切干筵松籟シ/尾崎迷堂

松籟や馬上の人の白襲/竹内尚子

松籟や離宮小径の夏薊/角谷幸子

松籟や寸鉄寒を光り出よ/齋藤玄

松籟や生害石に苔の花/荒川優子

茜さす初松籟の塩屋崎/天野英子

春松籟胸襟ひらく龍馬像/貞弘衛

海底の松籟を聴く鑑真忌/石寒太

松籟の高き札所へ初詣/上崎暮潮

松籟や潮路に閃と初つばめ/中拓夫

初松籟岩陰を波躍り出づ/田村幸江

松籟や撞木の揺れと秋遍路/飴山實

雛流し松籟これを悼みけり/安住敦

初松籟碑を読む遺髪塚/尾崎よしゑ

松籟やしぐれぐもりの甃/石田波郷

門松や松籟落つる大覚寺/大谷句仏

松籟も寒の谺も返し来よ/小林康治

松籟の上に松籟冬そこに/羽部洞然

俳句例:21句目~

松籟もしづまり迎ふ開山忌/南椏琅

門三つくぐり浄身初松籟/田中水桜

大風のなかの松籟義仲忌/皆川盤水

宵月に松籟冴ゆる浮御堂/伊東宏晃

寒明の松籟を聴く鹿の耳/齋藤朗笛

野火止に赤松多し初松籟/沢木欣一

松籟に春禽和すや相国寺/北尾国代

松籟の泉の底に起りけり/牧野春駒

松籟は峠ならむと汗ばみ登る/篠原

巌門の白き波頭や初松籟/塩井志津

彩として松籟を聴く春隣/村越化石

葉桜の風松籟に紛れゐる/手塚美佐

松籟や隋より韻き夏怒濤/和田悟朗

松籟の真只中のさくらかな/岸田稚

眠る山よリ松籟と友の声/楠本憲吉

甍驕つて松籟高し若楓/楠目橙黄子

松籟に眠け誘はる釜初め/狩野従子

春疾風孤松といへど松籟す/藤田宏

松籟の真只中を松露掻く/米岡畔几

潮騒に重ね初音と松籟と/山城悦子

俳句例:41句目~

松籟の深息の天暮春かな/村越化石

波音になごむ松籟春ここに/及川貞

波郷死後の力賜へよ冬松籟/齋藤玄

松籟亭一番上の夏座敷/中戸川朝人

松籟が頭のあたり寝正月/小原恵子

松籟と波の鼓の後の雛/竹腰千恵子

松籟の裏側に座し葛饅頭/田中君恵

松籟を背山に雪の月影堂/洲浜ゆき

松籟を残し五月を君逝けり/穴井太

松籟をさそふ笛の音薪能/吉田節子

松籟に足音のなき十二月/萩原麦草

松籟に夢や通へる僧昼寝/松藤夏山

うぶ声の初松籟の中にかな/白澤良子

蝋燭の片なだれして初松籟/玉川リヨ

なほ遠雷松籟圏に義民の碑/香西照雄

蟻地獄深し松籟絶ゆるなく/内藤吐天

住めばこの地の松籟も春祭/杉山岳陽

赤き幹冬の松籟捧げ立つ/中村草田男

初朧かや松籟ののびちぢみ/川端茅舎

初松籟と初潮騒と確かなり/池上樵人

俳句例:61句目~

初松籟はるか雲ゆく法隆寺/山内遊糸

鳥居をば朱の琴柱とし初松籟/林昌華

鴟尾はねて松籟高し鑑真忌/西岡三城

初松籟武蔵野の友数ふべし/石田波郷

初松籟父なき空となりにけり/大串章

初松籟神域に古る慰霊の碑/下山芳子

唐崎の初松籟を聞くべかり/森脇貞子

春近し松籟門の内にあり/大峯あきら

夏痩や身を吹き通す松籟/東洋城千句

山の家や雛の囃子の松籟シ/尾崎迷堂

岩殿山の初松籟に詣でけり/荒井正隆

春の松籟憩ふ心を強めたし/香西照雄

春蝉や松籟神のわたるごと/古舘曹人

松籟にかんざし揺れる初詣/堀江暁子

松籟に和す初釜の湯のたぎり/滝峻石

松籟に朝月そよぐ展墓かな/木下夕爾

松籟に秋蝉とわが心気のみ/石塚友二

松籟の御油赤坂や広重忌/服部真知子

松籟の息の長さの夏に入る/村越化石

松籟の止みたるよりの秋の声/上野泰

俳句例:81句目~

松籟の武蔵ぶりかな実朝忌/石田波郷

松籟の稗また稗を引きゐたり/斎藤玄

松籟に野鍛冶が祭る鞴かな/有泉七種

松籟の門に筍置いてあり/大峯あきら

松籟も怒濤も知らず蟻一途/毛塚静枝

松籟も比良八講の荒びかな/向田貴子

松籟やあふぐ花には花の音/茂木楚秋

松籟や三角兵舎に我が暗し/久保純夫

松籟や冬苔荒らし山羊の糞/右城暮石

松籟や昼の鈴虫音たえだえ/石塚友二

松籟の行方は知らず蟇交る/中川宋淵

松籟や百日の夏来リけり/中村草田男

松籟や遠きまひるの道の蝉/太田鴻村

橋立の松籟に褪せ曼珠沙華/西本一都

橋立の松籟を聴く九月かな/斎藤朗笛

海にでて松籟あをし四月尽/石原舟月

海光や初松籟のひもすがら/戸川稲村

清瀬病床松籟となれこの黄沙/及川貞

百合の香や松籟向つ山に移る/瀧春一

百幹の松籟揃ふ白露かな/大岳水一路

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました