砂塵を使用した俳句

砂塵に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

砂塵を含む俳句例

駒草や砂塵逆巻く山の風/田村恵子

内灘や砂塵礫となる時雨/桑田青虎

夏富士や赭き砂塵の着弾地/松木敏文

豊年やかなたの砂塵閃々と/飯田龍太

鼓蟲や砂塵ふりむく車上の僧/竹中宏

春浅し砂塵まみれの橄欖も/小池文子

砂塵失せゐし敦煌の星月夜/稲畑汀子

月明の冬の砂塵の行方かな/高柳重信

内灘の霰たばしる砂塵かな/桑田青虎

砂塵立つ校庭の声青麦まで/桜井博道

傍観者たり得ず基地の熱砂塵/内藤吐天

砂塵の町狐火ふうに煎餅焼く/伊丹公子

男ばかり砂塵びつしり日覆に/小池文子

砂塵舞ふ沼田城下の達磨市/小片黄楊子

蝌蚪生るる砂塵は淡き水残し/小池文子

金輪際石榴は咲けり砂塵被て/小池文子

青冬日めがけ火の山駈く砂塵/羽部洞然

バザールの砂塵まみれの鷹の爪/山下智子

パドックの砂塵たちまち春塵に/川崎展宏

冬ざれや砂塵巻きあぐ大井川/吉田百合子

俳句例:21句目~

夏帽子飛ばし砂塵を巻き上ぐる/稲畑汀子

暗い鉄扉が砂塵舞い立つ夕日の前/三谷昭

母病む冬砂塵の落日大きく見て/桜井博道

熱砂砂塵こころ庇ふに限りあり/小池文子

砂塵のあと秋風となり耳を過ぐ/桜井博道

茉莉花の砂塵洗へばこぼれけり/小池文子

砂塵に顔そむけて花の女王立つ/右城暮石

驢馬ちぎる垣の葡萄や砂塵立つ/小池文子

サラダ菜の二つふくよか砂塵の卓/小池文子

息つめ見まもる砂塵の渦の中の夕日/三谷昭

酷熱のおのが砂塵のなかをゆく/長谷川素逝

野馬追や馬場の砂塵を浴びる席/柳澤仙渡子

牽引車に昼寝の足見ゆ砂塵の空/田川飛旅子

甘藷の芽やたちまち砂塵襲ふなる/小池文子

きこく垣に春の砂塵やコーヒー欲し/細見綾子

アパートを見に行く砂塵花大根/鍵和田ゆう子

砂塵さびしき忠清南道あるく人は/小川双々子

秋風や人のあと踉いて砂塵さみし/飛鳥田れい無公

タイトルとURLをコピーしました