快楽を使用した俳句

快楽に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

快楽を含む俳句例

暴力といふ快楽や冬の波/栗/生

今生は快楽快楽と初蛙/伊藤白潮

蚯蚓鳴き豆電球の快楽かな/関朱門

月明の快楽の海に漂へり/室岡純子

睡蓮に音ありあひる快楽す/攝津幸彦

鉄瓶をたぎらす快楽寒土用/加藤征子

書きついで暁の蜩快楽かな/宮坂静生

噛むといふ快楽を春の鮑かな/辻桃子

快楽ともいま十呼吸一雷火/藤田湘子

渦潮の渦の快楽を思ひ寝る/上田五千石

祭の笛野に快楽の蛇しずみ/北原志満子

種池の木木に快楽の雀かな/加藤あさじ

美濃にをり快楽快楽と夜の蛙/大石悦子

俳諧は唯一の快楽糞ころがし/丘本風彦

蓑虫の糸いつぽんの快楽かな/吉田英子

快楽のあとくらくなる空蝉よ/齋藤愼爾

青芭蕉快楽はじめの破れとも/鈴木太郎

松山に目白聴きゐる快楽かな/森田公司

髪洗ふこの無防備といふ快楽/小原紀代

絹雲やローマの快楽きざむ石/小長井和子

俳句例:21句目~

白桃のひそかに熟るる快楽かな/須賀一恵

薫風や快楽に猫の毛がまじる/増田まさみ

水澄んでゆらめく快楽ありにけり/藤田静

蛇は衣いま脱ぎ終へし快楽かな/木内彰志

詩は快楽眉に藁灰降り来るよ/磯貝碧蹄館

快楽より湧いてきたりし冬の雲/高橋将夫

炎天下痛み快楽にすりかはる/和田耕三郎

なにほどの快楽か大樹揺れやまず/大西泰世

快楽や青野に朽ちてゆく木椅子/夏井いつき

筍をゆがく焔の快楽かな/飯島晴子「朱田」

流さるる快楽といふをあめんぼう/大山雅由

淡墨桜聴けば快楽の日もありき/殿村菟絲子

ふくろふに聞け快楽のことならば/夏井いつき

むしろ快楽を極めて白し夜のさくら/奥坂まや

山住みにひと日快楽の木の実落つ/馬場移公子

蝌蚪の紐快楽のゆらぎありにけり/杉本千代子

京扇子ひらひらと来る快楽かな/渡辺恭子「花野」

燈心蜻蛉寸の快楽をとびちがひ/向笠和子「存念」

タイトルとURLをコピーしました