涼み舟を使用した俳句

涼み舟に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

涼み舟を含む俳句例

涼み舟川下遠く流れけり/正岡子規

女将まだ昼の装ひ涼み船/原田青児

業平の思ふ人あり涼み舟/正岡子規

船頭の毛脛まぢかに涼み舟/桂信子

夕凪や釣舟去れば涼み舟/杉田久女

涼み舟浪花おろかに川埋む/松瀬青々

提灯の少なき涼み舟がゆく/岸本尚毅

旅人の見て通りけり涼み船/正岡子規

草も木も雨の中なる涼み舟/岸本尚毅

大坂の芝居くさすや涼み舟/正岡子規

見渡した闇に月あり涼み舟/正岡子規

靴脱いで蹠さびしき涼み舟/館岡沙緻

岩と波語らうを聞く涼み船/前田普羅

涼み舟らしく寄りそふ灯二つ/森田峠

かたまりて暮色となりし涼み舟/桂信子

一つ一つ流れ行きけり涼み舟/正岡子規

客変へて同じ海漕ぐ涼み舟/百合山羽公

屋根の上に棹さす人や涼み舟/松下紫人

提灯に西日つよけれ涼み舟/楠目橙黄子

水面より低く座したる涼み舟/小堀紀子

俳句例:21句目~

涼み舟洲に乗りあげし真暗がり/秋櫻子

涼み舟団扇の端をぬらしけり/正岡子規

渋り腹なるとはいへず涼み舟/茨木和生

橋五つ抜けて夜の来る涼み舟/若山奈路

涼み舟団扇の風に帆をかけん/正岡子規

蚊ののらぬ所までいざ涼み舟/広瀬惟然

誰やらの思ひものあり涼み舟/正岡子規

うすべりの青きにほひや涼み舟/林めぐみ

ともし火の島かくれ行く涼み船/正岡子規

涼み舟月へ滑りてゆきにけり/斎藤朝比古

足伸へて不二をつゝくや涼み舟/正岡子規

遊女屋の在りしはここら涼み舟/手塚美佐

涼み舟いやな夜風の出でてきし/長谷川櫂

涼み舟小皿ふれ合ふ風出でし/長谷川かな女

月つひに落ちてしまへり涼み船/久保田万太郎

涼み舟岸にきて潮にほはせし/飛鳥田れい無公

突つ立てて帆になる袖や涼み舟/丈草「篇突」

栓抜のどこにもかかり涼み船/石田勝彦「秋興」

川の灯を海へ曳きゆく涼み舟/水田光雄「田の神」

タイトルとURLをコピーしました