山人を使用した俳句

山人に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

山人を含む俳句例

塩負うて山人遠く行く秋ぞ/暁台

山くらし山人くらし烏頭/斎藤玄

萱高し山人何に大笑ひ/久米正雄

なつかしや山人の目に鯨売/原石鼎

山人のよき顔に初雪来/宇多喜代子

松風や年の山人の帰る後/内藤丈草

山人の垣根づたひや桜狩/高浜虚子

鮎占い白装束の山人ら/奥山甲子男

山人は斧浸しゆく滝水に/萩原麦草

山人のみやび言葉や秋の雷/原和子

不知火や山人に海恐ろしく/岩田美蜻

城あるを山人誇る耕しつつ/大野林火

夏雲や山人崖にとりすがる/飯田蛇笏

山人が水に束ぬる山葵かな/渡辺水巴

山人の真顔が揃う霧の中/横地かをる

山人の眼に月明のかるもかな/原石鼎

山人の蓬莱の間にある炉かな/癖三酔

山人の衣裳持なり土用干し/河野静雲

山人の雪沓はいて杖ついて/高浜虚子

山人の独活丸齧り別れかな/金子兜太

俳句例:21句目~

山人や薪にすとて木の実植うる/道彦

山人の直ぐなる情や水仙花/宮坂静生

山くだる山人の葬曼珠沙華/岡部六弥太

山人の傷ひかりおり冬木立/森下草城子

山人はすさめぬ山のいちご哉/正岡子規

繩打つや山人越後縮着て/長谷川かな女

ななかまど赤し山人やすを手に/田村木国

山人に逢ふよろこびを残鶯が/金尾梅の門

山人のくしやみやとゞく秋の雲/前田普羅

山人の腰のかゞみやつるいちご/正岡子規

山人は客をよろこぶ夏炉かな/松本たかし

木の実拾ふて山人去りぬ山深く/西山泊雲

桐まだ咲かぬ山国山人と酔うて/金子兜太

水明の日を建つ小春山人と/長谷川かな女

霧藻採る山人腹を病みにけり/石島雉子郎

山人の水こぼし行くすみれかな/松瀬青々

むささびの闇うつくしく山人早寝/篠田悦子

山人に春蘭を掘る向きかえて/長谷川かな女

もぐらもちの円さよ山人の背の荷は/金子皆子

山人の十指の掬す岩清水/加古宗也「八ッ面山」

タイトルとURLをコピーしました