さすらう/さすらいを使用した俳句

さすらう/さすらいに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

さすらう/さすらいを含む俳句例

黄落や旅さすらひの心あり/大橋敦子

青霧をさすらふ声の虎鶫/渡邊千枝子

さすらふや恋にも古き奈良の京/中勘助

てまり花さすらひ心見せ遥るる/上村占

さすらいの果はいづくぞ衣がヘ/山頭火

ゆきずりの男さすらふ雛の市/生嶋紀代

さすらいの遠の砂山犬抱いて/村松彩石

人さすらい鵲の巣に鳩ら眠る/金子兜太

帚木や夕べさすらふ心地して/菅原鬨也

花の山さすらひし杖遺しけり/長谷川櫂

花火散りさすらひ人の如くあり/齋藤玄

さすらひの神楽師達や山雪解/小沢碧童

さすらひの老が夫婦や傀儡師/吉田冬葉

さすらひて小箕よ乙女よ黒穂とり/中勘助

さすらひに用なき鍵ぞ春みぞれ/佐藤鬼房

さすらひの春をうづらの雑煮かな/中勘助

さすらひの果の果とも昼寝覚/波多野蟻杖

湘子亡し蛇は樹上をさすらへる/西川文子

さすらへば道遠かりき秋の蝶/後藤芝津代

草市をさすらひ人のごとく過ぐ/矢島渚男

俳句例:21句目~

さすらいの真昼泥鰌のうすけむり/篠田悦子

さすらうとすれば真冬の星の中/高野ムツオ

さすらひの伏屋に寒夜の胡桃をわる/中勘助

さすらひの果のごとくに帰省しぬ/井沢正江

ぞうぞうと晩夏さすらうスズメ蜂/上原勝子

さすらいに似て固き椅子ひくく軋む/穴井太

さすらえば冬の城透明になりゆくも/金子兜太

さすらひし過去ふところにぬくめ酒/小原紫光

さすらひて見知らぬ月はなかりけり/高屋窓秋

夜はおぼろ昼はかすみの目さすらひ/三橋敏雄

木天蓼初夏真蛇さすらいやまぬかな/金子兜太

さすらひまだ終らぬ雲とまくなぎと/藤田湘子

さすらいのさまよいの匙豆腐すべる/八木三日女

さすらひのはてのまつりにゆきあたり/河辺克美

夏に籠るさすらひごころなしとせず/加藤三七子

海苔を掻くさすらへる火の二つかな/加倉井秋を

乗り越しをさすらいと言いサングラス/吉川春元

さすらひて一生経なむと願ひたるわが若き日ぞすがしかりける/岡野弘彦

タイトルとURLをコピーしました