倉庫を使用した俳句

倉庫に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

倉庫を含む俳句例

青芒銃剣で守る楽器倉庫/沢木欣一

海の夜の入荷に灯す倉庫口/島みえ

窓高き珈琲倉庫蚊喰鳥/木村都由子

海際の倉庫男と荷を吐き出す/林徹

歳晩の人倉庫より顔出せり/矢野典子

満潮が倉庫の前に鳥総松/秋元不死男

倉庫の扉打ち開きあり寒雀/高浜虚子

倉庫前炎ばかりの焚火燃え/和知喜八

倉庫裏銀杏黄葉が明るくす/沢木欣一

春雷や辞典倉庫の冷たさよ/椎橋清翠

汽車通る倉庫の前の三尺寝/木村里風子

玉葱の臭ふ埠頭の倉庫かな/大星たかし

琉球泡盛前は倉庫の壁がある/宮坂静生

逃げ場なき倉庫の二階油照り/福井博堂

何詰る倉庫西日の濃かりけり/宮崎すみ

遠き倉庫に一鳥の翳しかと秋/友岡子郷

黒南風の埠頭淋しき倉庫群/酒井みゆき

啓蟄や防災倉庫の開きあり/今井真寿美

堂島にねむる倉庫や十三夜/成瀬櫻桃子

桑の実や軍用倉庫まだ残る/金元喜代子

俳句例:21句目~

ここに着く三角倉庫のならぶ港/金子兜太

冬凪や埠頭倉庫は荷の満てる/五十嵐播水

教会をかこむ倉庫やゼラニウム/大島民郎

桃として倉庫出て行く唸りつつ/西川徹郎

残る音や虚ろの倉庫そこに立ち/金子兜太

秋ざくら倉庫とともに運河古る/赤塚石行

帆柱の雲を倉庫へ積み上げる/富澤赤黄男

松茸を買へり倉庫に入りゆきて/茨木和生

向日葵に倉庫は饐えし香を吐ける/瀧春一

海沿ひの倉庫に跳ねる竃馬かな/内田菜穂

この河は倉庫ばかりの獅子すぐる/久米三汀

メーデーの人往く倉庫の高壁沿ひ/北野民夫

倉庫の死体ときどき眼開く晩秋は/西川徹郎

艀の夕餉に倉庫を曲るまで見られ/金子兜太

IC倉庫どしゃぶり沖縄慰霊の日/根岸たけを

手垢まみれの倉庫の四壁老いた海/林田紀音夫

此の河岸は倉庫ばかりの獅子過ぐる/久米正雄

雪に一顆も見えず倉庫に林檎詰まり/友岡子郷

飛行機倉庫三和土を照らす燈つきたり/細谷源二

米ぐらの倉庫は閉つていても雀炎天にあつまる/橋本夢道

タイトルとURLをコピーしました