老人を使用した俳句

老人に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

老人を含む俳句例

幸運な一老人や冬籠/岩木躑躅

公園に老人多し霾晦/蟇目良雨

帚草引く老人と同じ影/秋澤猛

老人の覚え崩れの枯葎/永田耕衣

老人と子供と多し秋祭/高濱虚子

老人を嫌う老人額の花/川津敬介

お長屋の老人會や鯨汁/正岡子規

老人の白昼夢見る夾竹桃/斉藤節

老人の首にタオルや鶏合/小澤實

老人に石のつらなる秋祭/桂信子

老人の屈伸体操蓑虫に/高澤良一

画狂老人真筆雪中筍狩/高澤良一

病葉や孤独楽しむ老人ら/村田脩

病院を出る老人や春の雨/岸田稚

鯉幟揚げる老人と月山/金子皆子

眺めゐる老人もまた初景色/黛執

老人の墓と睦める春の霜/岸田稚

川を見て老人立てり終戦日/林徹

ながめゐる老人もまた初景色/黛執

春が来る老人に杖鯰に髭/松林尚志

俳句例:21句目~

老人も狐の面をつけて冬/黒田杏子

老人のすきな花なり遅桜/正岡子規

老人は大虎杖を笑ひけり/柿本多映

老人がポポポポとゆく秋茜/津島圭

老人が凧に命を入れてをり/日原傳

老人の鳴咽ひさしき蝶の昼/岸田稚

ほむらなす老人の息桜鯛/鈴木鷹夫

老人の自転車疾し行々子/鈴木鷹夫

老人の笑ひて秋の泉かな/井上康明

老人と浜を南へ歩むなり/夏石番矢

老人の身持の話花茣蓙に/後藤夜半

正受老人の宗風然り青嵐/高澤良一

老人の杖が芽ぶきて山開/宮坂静生

老人と落葉がたまる公民館/豊輝子

老人に鉄火のにほひ秋の星/上村占

一月の森に渋滞する老人/後藤和郎

老人にきし在五忌の女客/中西夕紀

一福は杖肩にせる寿老人/清崎敏郎

老人につけし鈴鳴り秋桜/長谷川櫂

老人の暇おそろしや鷦鷯/矢島渚男

俳句例:41句目~

老人の日の節高き露の竹/小林康治

老人の川岸をくる盆風情/黒田杏子

あの人も終身老人桃の花/桑原三郎

萩咲くと正受老人石の上/巌谷小波

おん僧も老人世帯玉子酒/安達光宏

花柘榴老人のゐずなりし家/岸田稚

老人の嗚咽ひさしき蝶の昼/岸田稚

老人を起して春の遊びせむ/仁平勝

老人の多くは女性蓼の花/池田澄子

しいら浮上老人の海変身す/安西篤

夏蓬老人が来て屈伸す/森下草城子

老人に童心のふと蓼の花/飯田龍太

高々と老人の日の夜の雲/寺井谷子

老人の大きな耳や旧端午/石田勝彦

老人を笑はせてゐる寒鴉/御崎敏江

寒晴や句会なき日は一老人/大牧広

老人やまた大げさに威銃/草間時彦

観櫻や昭和生れの老人と/三橋敏雄

老人の何に驚く岡見かな/石井露月

襖絵の老人の背に年移り/黒田杏子

俳句例:61句目~

路にさらす老人の顔夏めく日/龍太

老人祭海光容赦なく岩へ/福田甲子雄

肌着替ふとき老人に日短し/飯田龍太

蘗ゆる老人大学遅刻者なし/毛塚静枝

けたけたと三老人に蛙鳴く/山口青邨

蛍の夜老人ひとり戻らざる/澤本三乗

野を穴と思い跳ぶ春純老人/永田耕衣

毎日が老人の日の飯こぼす/清水基吉

金色の無花果籠に盛る老人/金子皆子

金色の老人と逢ふ暮れの町/平井照敏

流木と見しは老人春の暮/遠藤若狭男

鋼鉄の老人であり藁仕事/土見敬志郎

風の音晩秋老人たち黙つて/清水径子

と老人時雨れて黙る遺唐港/伊丹公子

用のない老人がゐて秋の暮/草間時彦

病衣着てただの老人室の花/早川教子

鶏の面かむる老人春立てり/平井照敏

白粥の老人冬日たゆたひて/松村蒼石

眼科混む老人ばかり花の昼/村田美代

空稲架に老人が立つそれが兄/大牧広

俳句例:81句目~

もやもやと老人のゐる夏祓/小原啄葉

老人の手の淫すなる牡丹かな/岸田稚

老人がとる田植機の注連飾/岡部弾丸

老人と漫画しずかな十二月/新保吉章

老人と鴉ばかりで砂洲伸びる/橋間石

老人に囲まれてゐる花御堂/内田美紗

老人に海優しかり十一月/櫛原希伊子

老人に湯呑大いさよ柏餅/島村元句集

ラジオ體操老人にこそ夏休/高澤良一

ランチ見本覗く老人冬日向/嶋田麻紀

老人に空みえ辛夷春を待つ/和知喜八

仁丹を咬んで老人瓜売りに/石井哲夫

藤棚の下老人の溜まりくる/鈴木鷹夫

老人に観念の海曼珠沙華/田川飛旅子

先客は犬と老人すべりひゆ/新出朝子

老人のうしろに霧の少年兵/則行範子

冬瓜の老人食を出されけり/高澤良一

老人のこころに被る冬帽子/後藤夜半

向うにも老人のゐる春の暮/石田勝彦

向ひをる老人夫婦日脚のぶ/高浜虚子

タイトルとURLをコピーしました