戦死を使用した俳句

戦死に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

戦死を含む俳句例

賢兄は戦死愚弟は籠枕/鈴木鷹夫

甲の桜乙の桜と丙の戦死/味元昭次

戦死には枕無かりし菊枕/吉田汀史

あやめさく畦を枕に戦死かな/森鴎外

戦死より情死が赤し冬の草/矢島渚男

戦死者の魂祭る火や山の上/倉知漁村

遺骨なき戦死の父の墓洗ふ/若月栄枝

戦死戦災死者忘却や敗戦忌/橋本夢道

衣紋竹戦死の額の下にあり/脇本星浪

戦死せし父を泣きたる月の友/辻桃子

砂色の戦死の墓に参りけり/成田千空

花が咲き鳥が囀り戦死せり/富澤赤黄男

どの写真も端にゐて友戦死せり/樋口喬

菜の花へ真っ先駆けて行き戦死/内田啓

大根に肥かけをれば戦死報/榎本冬一郎

戦死して鬱金にけむる下半身/江里昭彦

戦死てふ夭折銀河忌と名付く/高橋次郎

戦死報やがて煖爐に談笑湧く/中島斌男

戦死報夕月いまだひからざる/藤木清子

戦死報校後の花圃に日ぞ溢れ/中島斌男

俳句例:21句目~

戦死者のうから肩やせ招魂祭/細谷源二

戦死者の妻も死にけり冬干潟/吉田汀史

戦死者の沖からの波足濡らす/林田紀音夫

梅散るやありあり遠き戦死報/馬場移公子

特務兵バケツを提げて戦死せり/日野草城

戦死とは何なりし満つ霜の声/文挟夫佐恵

戦死せり三十二枚の歯をそろヘ/藤木清子

戦死報秋の日くれてきたりけり/飯田蛇笏

面影のさくらんぼ青戦死せり/猪俣千代子

つひに戦死一匹の蟻ゆけどゆけど/加藤楸邨

戦死者の寡婦にあらざるはさびし/藤木清子

戦死に終る日記を写す花の冷え/八牧美喜子

妻を描き月見草描き戦死せり/たむらちせい

めくるめき炎日下戦死者ばかり見き/加藤楸邨

戦死の墓の母らかがむは泣くらしき/細谷源二

蝌蚪生れて君が戦死もふるき如し/榎本冬一郎

寝ころぶは戦死のかたち夕かなかな/田沼文雄

水あれば飲み敵あれば射ち戦死せり/鈴木六林男

鶏頭のやうな手をあげ戦死んでゆけり/富沢赤黄男

戦死せし父にこそあれ父の日よ/原田青児「日はまた昇る」

俳句作品例
スポンサーリンク
管理人をフォローする
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました