不眠を使用した俳句

不眠に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

不眠を含む俳句例

元旦の不眠工区へ雪礫/穴井太

椿散る男爵と驢馬達の不眠/仁平勝

不眠症はとほい海にゐる/西東三鬼

孤島にて不眠の鴉白くなる/高柳重信

七転び八起き不眠の竹夫人/清水弘一

不眠曠野の狼でありし日々/小田弥生

棺を出て焼酎あおる不眠症/高橋蒼雨

筍を食べて夫婦の不眠症/岩淵喜代子

虫鳴くやわが半生の不眠症/相馬遷子

じわじわと新樹が囲み不眠症/石井和子

ハツカーの浮遊の指紋不眠都市/森洋彦

不眠とは身の内の錆虫すだく/橋本榮治

不眠の眸据ゑて色香も菊膾/稲垣きくの

不眠症/およぐ金に鏡ばかり/松本恭子

不眠症に落葉がになっている/西川徹郎

暁ひぐらし始終眠くて不眠症/北野民夫

牡丹雪不眠不敏の日が終わる/坪内稔典

手術苦に不眠苦つづく業の秋/下村ひろし

押し寄する不眠の疲れ朝ざくら/朝倉和江

春ノ夜ノ耳ヲタテタル不眠カナ/大井恒行

俳句例:21句目~

曙のうぐいすあそぶ不眠の胃/八木原祐計

おかしな島に棲んで不眠の花十薬/小山淑

王ならむわれに不眠と白菜と/高橋たねを

白い封筒風に不眠のごと流され/阿部完市

短夜の不眠のなげき日が黄なり/石塚友二

秋ノ帆ノ耳ヲタテタル不眠カナ/大井恒行

わが不眠石もねむれぬ夜と思ふ/日野草城

虫の音に合はす不眠の息づかひ/宮津澪子

虫の音の上さまよふや不眠の頭/相馬遷子

不眠者に深夜とどろく梅雨の雷/相馬遷子

不眠症今朝紫蘇の実を掴みたい/高田ヨネ子

蟇這い出す赤と黒との不眠地図/八木三日女

赤い月/不眠の鈍器となっている/松本恭子

雉子が啼く不眠の鬱を胸に溜め/稲垣きくの

黄色い実あかい実ついばむ不眠の禽/穴井太

掌に火をたもつ蓬髪となり不眠となり/隈治人

雲に届かぬ/不眠続きのキリンの首/松本恭子

青木賊どつと殖えたり不眠がち/鍵和田ゆう子

落葉ほど寝返る/不眠の夜/いつまで/叶/夏海

不眠の天使さまよひゐるべし小さなる黒き菫の束あるあたり/葛原妙子

俳句作品例
スポンサーリンク
管理人をフォローする
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました