火口を使用した俳句

火口に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

火口を含む俳句例

巌高し煙硝ほくち下紅葉/尺草

旧火口海の凩吹き溜り/山田弘子

淅瀝と第一火口秋気澄む/西本一都

鰯雲火口際にて物ひさぐ/北野民夫

旧火口秋風鬼哭啾々たり/大橋敦子

鳥渡る宝永火口翳ふかめ/岡田貞峰

岩燕泥濘たぎち火口なり/橋本多佳子

瓦焼く火口に雪の舞ひ消ゆる/上村占

冬帽を火口に奪られ髪怒る/山口誓子

よな赫き火口の襞の霜燻る/石原八束

若人の宴青林檎火口に落つ/津田清子

蓬髪を抱きて火口に女咳く/石原八束

天高し湯釜といへる旧火口/福田蓼汀

炎天の火口金輪際を行く/野見山朱鳥

駒草や膝つき火口覗き見る/岡田日郎

湿り火口下女がほむらや飛ぶ蛍/才丸

火の島の火口に近き蟻の道/保坂伸秋

火口覗く生死の生の側に吾/津田清子

雪天へ活火の火口口開けて/茨木和生

火口燃ゆ屈折光の夕焼寒ム/石原八束

俳句例:21句目~

鳴動はやまず火口の霧ふかし/井上波二

火口鳴り騰りて凍てる空の波/石原八束

ななかまど火口に近く紅尽す/大熊輝一

火口熱が臓腑を犯す空の凍て/石原八束

火口茶屋貝の風鈴鳴りにけり/鈴木貞雄

火口炎えペレと犠牲信じたし/河野南畦

人間の像凍てつけて火口噴く/石原八束

枇杷たべて再び火口覗かざる/津田清子

没日凍て暗き火口の像を灼く/石原八束

一瞬の静けさ冴えて火口退く/石原八束

富士火口肉がめくれて八蓮華/山口誓子

磐梯の火口せまれる尾花刈/望月たかし

秋天を癒しつづけて火口の水/細見綾子

秋晴れや火口を落つる砂の音/中川宋淵

秋風のぶつかり吹けり旧火口/岡田日郎

火口への道知りつくし登山馬/石井晴治

野分あと火口の底に人の径/佐々木泰雄

阿蘇火口枯野逆立ちくる如し/橋本鶏二

阿蘇谷の霜どけかさむ火口行/石原八束

火口茶屋鎖し去ぬ夫婦秋の暮/大橋敦子

俳句例:41句目~

霧晴れて視界に余る阿蘇火口/小島左京

頬うつて霧粒あらし火口の辺/富安風生

火口より流れ出し襞大花野/大岳水一路

火の国の阿蘇の火口の肌寒し/筒井淳介

降りつもる雪に火口もただの穴/品川鈴子

強東風が火口を覗く耳に鳴る/粟津松彩子

火口へ急ぐ死後ゆゑ息も切らさずに/林桂

迅風凍つ火口地鳴りの人小さし/石原八束

春日燃ゆ火口にとどむおのが像/石原八束

阿蘇凍る火口をへだて人へだて/石原八束

火口鳴る倦怠に咳く身のしびれ/石原八束

沖はるかに火口の雪や金槐忌/伊丹さち子

煉炭の火口ヘ種を突きおとす/秋元不死男

火口より草千里見る千里の枯れ/石原八束

青林檎かじる火口に背を向けて/宮坂静生

ストーブの火口見惚るる山の駅/野澤節子

冷まじく火口どん底みせにけり/兒玉南草

火口見て来し眼に粽みどりなり/宮下翠舟

噴烟に咳き智に咳きて火口墜つ/石原八束

秋天を医やしつづけて火口の水/細見綾子

俳句例:61句目~

火口見る咳かじと口に手を当てて/中瀬喜陽

阿蘇火口渡りて鳴くやほととぎす/野中英照

火口鳴るや迅風の冴えは空に光り/石原八束

秋風やうしろ影ひく火口径/吉武月二郎句集

いきいきと火口かがやく小春かな/西本一都

火山灰凍てて火口の死角より騰る/石原八束

リユック緊め靴の紐緊め火口去る/津田清子

三原火口見ず蝌蚪の水踏みかへる/岩田昌寿

赤よな噴く火口をのぞく鼻の凍て/石原八束

火口の秘密真上に夏の陽がありて/津田清子

火口熱に凍てのとどかぬよな地獄/石原八束

火口とどろく逢魔が時を霧とざす/山口聖二

鷹啼くや火口の霧に日のはしら/千代田葛彦

夏帽子火口にころげ落ちにけり/佐々木あきら

火口開けば緋縅のごと火夫たくまし/細谷源二

すゝき原火口の茶屋を見おろしに/長谷川素逝

火口ちかし降りし氷雨に手を衝たる/山口誓子

火口しづか若き眼伏せてリンゴ噛る/津田清子

鳴りとよむ火口に霧の巻くしづけさ/山口草堂

火山灰よごれせし雪を踏み火口まで/高濱年尾

俳句例:81句目~

火口地鳴りの背をのして嘶く凍え馬/石原八束

タイトルとURLをコピーしました