野の仏を使用した俳句

野の仏に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

野の仏を含む俳句例

国東に野仏多し蛇苺/糸井/昭

百仏に一怨の翳野紺菊/金子青銅

野仏の指欠け村の冬構/中井之夫

蝿とんで野仏の顔動きしか/静塔

応仁の野仏ひそと竹落葉/都築澄子

石あれば仏と思ふ野紺菊/吉田健二

野仏に体温のある秋日和/古矢良枝

野仏の空昏れいろに寒卵/久行保徳

野仏の片頬照らす十三夜/山本英昭

竜の玉膝つき拝む野の仏/福島裕峰

野仏や夕雲あそぶ松の涼/河野南畦

芦枯れて野仏の顔枯以上/平畑静塔

野仏の赤き前垂れ山眠る/古田芳子

秋風や膝の高さの野の仏/毛塚静枝

野仏の足元つつむ草紅葉/福嶋照子

仏めく石を見立つる枯野かな/北枝

野薊や朱の痕残す摩崖仏/細井房俊

仏光も花野明りの七ッ山/久米正雄

仏桑花屍いくつ晒せし野/桑田青虎

野仏に遠き一樹も桜かな/増田月苑

俳句例:21句目~

野仏となるぞ花野に長居せば/狩行

露涼しついで詣りの野の仏/荒武蕾

冷まじき仇野の灯よ幾仏/松村和子

あだし野の秋の彼岸の仏道/倉田紘文

綿木や野仏も夜を経たまひぬ/森澄雄

野仏の欠けた鼻鳴る一人旅/南出好史

秋風や石にうすうす野の仏/藤岡筑邨

野仏の合掌に雪舞ふばかり/前川/実

一体の風化仏より枯野なる/豊田都峰

仏めく石を見立る枯野かな/立花北枝

笑ひ仏とて野に笑ひ天高し/大橋敦子

野仏のみんな丸顔九輪草/中川ゆうじ

天竺や小松引く野の仏だち/藤野古白

野仏の蔦紅葉して奈良井宿/黒柳春江

初蝶に逢いて光りし野の仏/九鬼重子

仏見てまた仏見に枯野バス/畠山譲二

野仏へ接骨木芽吹く塩の道/葛西節子

冬に入る野仏の辺に柴束ね/吉野義子

野桑熟れ親指ほどの円空仏/吉田汀史

野紺菊や人は仏に癒されて/佐柳妙子

俳句例:41句目~

大夕焼野仏に血が通ひ出す/立澤菊子

錦木や野仏も夜を経たまひぬ/森澄雄

野仏の胸当て寒き二月かな/上田俊二

負仏に赫ツと日させし花野哉/西山泊雲

逝く春の影やはらかし野の仏/池田雅水

野の仏と語る嵯峨野の雪の声/橋本夢道

野を焼ける火色にはるか仏の灯/井上雪

野仏に供華分けもして墓参り/山田弘子

野仏に添寝がしたし朴落葉/永井喜久司

野仏に菰を巻きゐる小春かな/柴田青水

野仏の指の先まで良夜かな/木庭布佐江

野仏の石となりゐて日脚伸ぶ/渡部幸枝

野仏の糸引くお目や曼珠沙華/野村喜舟

あだし野の仏にこぼす松手入/山田弘子

野仏の蓑あらためて鍬はじめ/尾田青城

あだし野の紅葉散華の仏たち/村中聖火

あだし野の西日げむりの群仏/石原八束

はだれ野に朽ちて簓の仏かな/小原啄葉

野仏の遠目とろりと目借時/土肥原澄子

風光る石を出られぬ野仏に/榎本冬一郎

俳句例:61句目~

みよし野や花の雲居の仏たち/山田弘子

冬ざれや乾ききったる野の仏/高橋重男

野仏をやさしくかすめ秋の風/畠山譲二

春雷やあそび出でたる野の仏/山根和子

燭ひとつ貰ひ良夜の野の仏/猿橋統流子

白鳳の野仏在はす恵方道/長谷川浪々子

磨崖仏見むと枯野に深く入る/宮田正和

仲秋の陽がしみとほる野の仏/加藤青圃

笹鳴や野仏おはすどんづまり/渡邊たけし

まゆ玉の一枝添へたり野の仏/牛山一庭人

仏出てあそぶ花野となりにけり/外川玲子

野仏の一重まぶたに木の実降る/松尾悦子

野仏の前いらむしに螫されをり/加藤楸邨

みかへれば野仏みかへれば秋風/吉野義子

野仏の影かたぶきぬほとけのざ/田辺博充

野仏をいたはるごとき冬日かな/横山嘉子

野仏は口あけたるがよし赤のまま/信童二

野の仏へくそかづらを着飾りて/石田あき子

稲の香にむせぶ仏の野に立てり/水原秋櫻子

なづな咲く野に出て遊べ童子仏/伊藤よしと

俳句例:81句目~

ただ石として灼くるのみ野の仏/千代田葛彦

すぐろ野を越え来し仏かぐろしや/巌谷小波

昏れてなほ花野へひらく仏の瞳/つじ加代子

しどみ野や石くれとなる仏たち/加藤三七子

萌えいづるものの中なる野の仏/高田ときわ

タイトルとURLをコピーしました