宝舟を使用した俳句

宝舟に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

宝舟を含む俳句例

相思ふ枕の下や宝船/松瀬青々

敷妙の枕紙なり宝船/井上井月

波がしら皆一方へ宝舟/大橋杣男

宝船砕くる波は描かれず/林直入

宝舟御枕香ぞいや高き/黒柳召波

敷妙の古き枕や宝船/高橋淡路女

抱一の版下にして宝舟/野村喜舟

滾る湯をなだめる水や宝舟/上村占

宝舟旦一片の反古かな/安藤橡面坊

宵もはや枕はづせし宝舟/後藤夜半

年寄の夢の淡さよ宝船/後藤比奈夫

宝船敷寝の旅に夢もなし/福田蓼汀

豊作の藁にて編めり宝船/森山暁湖

遠つ世の浪の音きけ宝舟/星野石木

ふところに東叡山の宝舟/深見けん二

やごとなき一筆がきや宝舟/黒柳召波

七十路は夢も淡しや宝船/水原秋櫻子

千条の日矢の海恋ふ宝船/河本沙美子

夜に入りていよいよ雪に宝舟/上村占

宝舟さざなみ打てる枕かな/渡辺恭子

俳句例:21句目~

宝舟の葢沈み居る清水かな/会津八一

宝舟夢の名残りもなかりけり/安住敦

宝船敷いて夜更ししてをりぬ/町春草

折皺の気になる宝船を敷く/大石悦子

母よりも早寝の父や宝舟/深川正一郎

願ふことただよき眠り宝船/富安風生

神の名を一つ忘れし宝舟/高木青二郎

藁の香の豊かに注連の宝船/市川二三

すぐに寝る草の庵の宝舟/松本たかし

ひとり寝の一枚かふや宝船/松瀬青々

宝船敷いてこれより漕ぎ出む/永方裕子

吾妹子が敷いてくれたる宝舟/高浜虚子

古き宮の宝舟なり買ひにけり/山口青邨

今朝さめて波濤あとなし宝舟/庄司瓦全

宝船皺寄つてゐる目覚めかな/千原叡子

つくづくと寶はよき字宝舟/後藤比奈夫

町灯りてはや売りに来ぬ宝舟/渡辺水巴

宝船目出度さ限りなかりけり/高浜虚子

宝船貧の灯赤くしたりけり/岡本癖三酔

宝舟目出度さ限りなかりけり/高浜虚子

俳句例:41句目~

小いびきにはや乗る夢路宝船/井沢正江

母の敷いてくれたる遠き宝船/川崎展宏

いちにんの舸子の余地なき宝船/丸山海道

宝船ツアーといふはなかりけり/高澤良一

宝舟つたなき絵にてなつかしき/水原秋櫻子

どこも呼ばぬ宝舟買うて戸ざしけり/中島月笠

タイトルとURLをコピーしました