白壁を使用した俳句

白壁に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

白壁を含む俳句例

白壁や子供がすさみ筆始/黄口

白壁の焔硝蔵や雲の峯/寺田寅彦

白壁にひゞく蘇州の水砧/森田峠

トマト炸裂教会の白壁に/今井聖

厠蔵白壁に年あらたまる/下田稔

藻の花や白壁落し角櫓/正岡子規

竹馬が倚る白壁のうらの湖/民郎

白壁のあれば水影枯柳/世古諏訪

燕や白壁見えて麦の秋/正岡子規

白壁に雪ちりかかる都かな/闌更

白壁の蔵囲みをり秋桜/須藤繁一

白壁にあをじ映れる光琳忌/石寒太

ざぶざふと白壁洗ふ若葉かな/一茶

白壁の割れ一筋に仏の座/古屋村木

白壁に濁の一点寒波来る/橋本榮治

白壁の一閃二閃夏つばめ/村上良三

見返れば白壁いやし夕がすみ/越人

虹の根に白壁光る青田哉/正岡子規

倉敷の白壁家並柳絮とぶ/中林健人

秋の日の白壁に沿ひ影とゆく/林火

俳句例:21句目~

家成りて春の白壁鏡なす/高橋克城

白壁高高と爽か大階段/池内友次郎

枝蛙居たり塔頭の白壁に/尾崎迷堂

白壁に見失ひけり歸り花/正岡子規

浴衣着て四角白壁部屋ごもり/林翔

白壁に蜻蛉過る日影かな/黒柳召波

白壁に雨のまばらや初嵐/西山泊雲

遠足や白壁沿ひの朝の道/大野林火

あしかびや白壁のぼる水陽炎/神蔵器

白壁をすばやく過ぎし秋弱日/岸田稚

白壁を映す外濠鴛鴦泳ぐ/高井のぶを

のどかさや昼は白壁夜は灯/正岡子規

白壁を汚さぬやうに燕の巣/鷹羽狩行

老鴬や白壁の蔵残りをり/小山ナオ子

洗濯屋白に疲れぬ白壁冴え/香西照雄

渋濯屋白に疲れぬ白壁冴え/香西照雄

満月を上げ白壁の蝋屋敷/清水美和子

独楽抱いて帰る白壁が痛い/村上雅子

畳畳と照る白壁や朱欒割く/小池文子

白壁につゝじ咲たる庄屋哉/正岡子規

俳句例:41句目~

白壁に影歩ませる冬日かな/山下芳男

白壁に氷遠にとまれる蝿を見き/白泉

白壁に白服うつる真田町/田中三二良

白壁に蜂がぶつかる藤の花/鈴木鷹夫

白壁に蜂つきあたりつつ入日/桂信子

白壁にわが影折れて島小春/植田桂子

白壁のままに倉古る寒造/榎本冬一郎

白壁の倉を見当てに水見舞/今村野蒜

白壁の囹圄白息紛れやすく/香西照雄

白壁の影をひき据ゑ蓮開く/西村公鳳

白壁の町を旅してサングラス/森田峠

白壁の蔵にいかりの子蟷螂/雨宮抱星

白壁の蔵の高窓枇杷熟るる/松尾照子

白壁や青葉明りの秋篠寺/大河内京子

あたゝかに白壁ならぶ入江哉/正岡子規

つるし柿陽の白壁に老婆溶け/大井雅人

白壁に月さやかかる野分かな/岡本松浜

白壁爽か大時計の秒針が赤/池内友次郎

白壁の日は水のよな深雪かな/佐野良太

白壁と冬空の壁人死せり/阿部みどり女

俳句例:61句目~

春立てり野の白壁の暗き方/千代田葛彦

白壁の白あふれだす春の暮/岩井三千代

白壁のかくも淋しき秋日かな/前田普羅

白壁の眩しき蔵や夏きざす/渡辺喜久子

白壁のふゑる町あり年のくれ/正岡子規

白壁に秋逝かんとす武家屋敷/山田弘子

白壁が廻る廻るよ秋の風/阿部みどり女

白壁の街に売らんと鴎鳴かす/山中葛子

白壁がこんなに続くのも愛か/大西泰世

白壁は女泣く場所卯浪みえ/福田甲子雄

白壁は秋空のある窓に厚し/池内友次郎

吾れに白紙蛾に白壁のしろき夜が/鷹女

白壁へ歩みて消えてしまふ冬/鈴木鷹夫

毛虫焼く焔の首尾を白壁に/中戸川朝人

白壁にかくも淋しき秋日かな/前田普羅

もう鳴かぬ蟲白壁は日を溜めて/松村蒼石

大寒の空の白壁日もすがら/阿部みどり女

秋ふかし白壁をゆく手話の指/奥村比余呂

白壁に消えも入らずに毛糸編み/平畑静塔

薔薇咲いて白壁フェリス女学院/稲野博明

俳句例:81句目~

白壁をキャンバスにして蔦紅葉/大澄利江

タイプの音ひびく白壁薄暑来ぬ/大井雅人

ほほけた草を刈つてしまつた白壁/大橋裸木

白壁にひたと影置く枇杷の花/阿部みどり女

白壁の白暮れのこり鴎外忌/若井新一「雪田」

白壁へ影が月から一本の電話線で/渡辺砂吐流

今日も生きて虫なきしみる倉の白壁/尾崎放哉

起絵のむかし白壁ばかりの村/神尾季羊「権」

白壁の里見くだしてかんこ鳥/一茶/文化九年壬甲

白壁のそしられつゝもかすみけり/一茶/文政二年己卯

夕焼のにじむ白壁に声絶えてほろびうせたるものの爪あと/前川佐美雄

タイトルとURLをコピーしました