日光を使用した俳句

日光に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

日光を含む俳句例

日輪を隠す日光日日草/池田澄子

鬼は外日光笹の隈光り/平畑静塔

風強く日光勁し代田掻/相馬遷子

打水や通称日光職人町/西本一都

日光山一巡りして蜜豆/高澤良一

日光山大落葉籠漆塗り/西本一都

補陀落の雲の峰より滝の音/春樹

日光に泣虫山や秋時雨/山口青邨

日光の東照宮も日の盛り/岡本武三

黒揚羽無垢日光の波の中/石塚友二

六月や日光はよき杉並木/野村喜舟

日光は太陽の塵蝌蚪生る/鷹羽狩行

日光へ薫風杉の十里かな/赤木格堂

日光街道走り代馬逞しき/臼田亜浪

日光と月光おはす秋の闇/中杉隆世

短夜の日光月光菩薩かな/橋本榮治

日光の向ふ上りに燕かな/子規句集

日光もて拝す月光菩薩かな/和田悟朗

一歩一歩に日光新た花林檎/大野林火

七五三日光をみな宮おとこ/西本一都

俳句例:21句目~

日光や蚋は居れどもよい処/子規句集

踊る帯巻き工夫達農夫達/殿村菟絲子

日光黄菅括られ窶る植木市/都筑智子

日光も奥へ来過ぎぬ散紅葉/木村蕪城

晝の蟲日光陰を牽きにけり/相馬遷子

湖光る日光黄菅咲きいでて/佐藤信子

白梅や日光高きところより/日野草城

白樺をもみづる日光沢の風/高澤良一

稲熟れて日光まみれの雀空/河野南畦

羽抜鳥花野に熱き卵置く/殿村菟絲子

颱風のあとや日光正しくて/山口誓子

日光月光面輪通ひて初日中/中村草田男

乳房の谷に日光籠めて昆布干す/齋藤玄

疲れたる日光に蟻の来て動く/石塚友二

日光写真片頬ぬくきおもひごと/糸大八

日光を見ぬ前稲架が崩れけり/萩原麦草

日光湯葉に蛇の一寸くるむ夢/安井浩司

日光と枯木二月に入りにけり/相馬遷子

日光に初日みなぎる旅にあり/磯野充伯

日光のなかに月光すみれ草/大槻紀奴夫

俳句例:41句目~

日光の梅雨をぐつすり眠り猫/右城暮石

日光月光瑠璃光如来花会式/窪田あさ子

枯尾花日光富士を消しにけり/渡邊水巴

日光黄菅霧の向うの霧を見て/高澤良一

太箸にとゞまる日光手に移す/渡辺桂子

隠れ沼や古巣日光透くばかり/野沢節子

雪ざれの萱うつくしき春南風/内藤吐天

露の上月光日光とかはるかな/斎藤空華

風の壁破る日光たら芽立つ/百合山羽公

どんぼりの日光あらし蝌蚪の春/飯田蛇笏

日光沢しぶける岩ももみづらん/高澤良一

日光を浴びに出て飛ぶ農家の蠅/右城暮石

半弦の日光げを印す葉のゆらぎ/臼田亞浪

日光はうつろ充たして枯野かな/渡辺水巴

日光写真笑ふと寒き母ならむ/磯貝碧蹄館

来ぬ人を日光きすげ待ちをりぬ/渡辺恭子

没日光蜻蛉と共にたかくなる/川島彷徨子

日光みちて樹影はげしき雪の上/渡邊水巴

日光はすぐに濃くなり暁牡丹/伊丹三樹彦

男体の日は日光の霜に射す/阿部みどり女

俳句例:61句目~

太刀魚に夏日光りを放ちけり/長谷川かな女

日光仏春あけぼのの香を焚けり/水原秋櫻子

日光黄菅とその名覚えてまた霧へ/加藤楸邨

日の聾ひて冬たつ日光地に敷けり/飯田蛇笏

日光街道の版画見せられ茹小豆/長谷川かな女

日光キスゲとその名覚えてまた霧へ/加藤秋邨

愛は死と同心円とぞしかすがに日光月光ひとしくそそぐ/春日井建

タイトルとURLをコピーしました