寺町を使用した俳句

寺町に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

寺町を含む俳句例

寺町の劣りし寺の実万両/澄雄

寺町や向ひ合せの梅の花/李由

寺町の片側淋し木槿垣/正岡子規

寺町や背中合せに花祭/三溝沙美

朝火事の寺町小町革枕/攝津幸彦

寺町や猫と涅槃の恋無常/横井也有

葉柳の寺町過る雨夜かな/加舎白雄

色町に隣る寺町鬼やらひ/松根久雄

水郷に寺町ありて花御堂/河野静雲

寺の町すこし出来萩若葉/山口青邨

寺町であアあ純粋な烏/横須賀洋子

寺町に尼寺一つ花御堂/松本たかし

寺町に裏坂あまた竹の春/松本美簾

寺町は花見て通る春の風/岩田由美

寺町の土塀石垣残暑かな/小杉余子

寺町の鶯鳴くや垣つたひ/正岡子規

朝市のあとの寺町冬近き/辻本穆村

寺町は三十三寺秋しぐれ/吉田未灰

新涼や寺町かけて人通り/松瀬青々

寺町は東側行く花見かな/浜田酒堂

俳句例:21句目~

行く春や寺町の中の牡丹桜/田中冬二

門さして寺町さみし三ヶ日/村上鬼城

寺町が晩学の宿濃紫陽花/栗田やすし

寺町の一寺一寺の竹の秋/中宮喜代子

北斎の寺町守るや鳥総松/狛/登茂子

寺町の墓に灯の入る寒旱り/石原八束

寺町の奥に秘蔵の屏風かな/平野美子

寺町の沈む時雨や加賀の町/今泉貞鳳

寺町は坂がち楝ひそと散る/柏木志浪

寺町は百日紅の盛りかな/今井杏太郎

寺町や榎実を拾ふ乞食の子/尾崎紅葉

寺町や水あれば浮く花の屑/岩田由美

寺町を遠ざかり行く秋日傘/近藤勇夫

枝落す阿弥陀寺町の人情譚/望月精光

無花果や四谷寺町谷なせる/三原清暁

薄墨に昏るる寺町空也の忌/石沢シヅ

おでん買ふ谷中寺町ほたる坂/和田幸八

かがみ磨ぎ寺町のぞくおちばかな/巣兆

寺町の梅の遅速を見て歩かむ/高澤良一

寺町の夕ベよかりし青山椒/大木あまり

俳句例:41句目~

寺町の端のしぶとき残暑かな/橋本榮治

梅雨明くる新京極も寺町も/島田たみ子

水澄める宗猷寺町たもとほり/高澤良一

寺町や瓦に触れて冬日あり/殿村莵絲子

寺町の端に住み馴れ地虫出づ/吉田絹子

雑踏を抜け寺町へ蕪村の忌/大山清治郎

蕗萌えて寺町の崖世に遠し/榎本冬一郎

戦災にあはぬ寺町木の実降る/佐野たけ子

寺町にけふの足る日の蔓もどき/藤村克明

化被して蝶こぼしをる龍泉寺町/筑紫磐井

絵地図手に伊賀の寺町冬ぬくし/日下静代

だらだらと下る寺町春しぐれ/ふけとしこ

寺町の路地幾まがりかりんの実/田畑篤子

ひっそりとして寺町の秋出水/久保田万太郎

蝉一つ鳴てしんかんと寺町の午後/北原白秋

寺町の真赤なポルシエ灼けてをり/佐々木悦子

紅梅の散る屋根龍泉寺町なりし/長谷川かな女

龍泉寺町のそろばん塾や酉の市/久保田万太郎

かげろうが背を刺し抜いて行った寺町/西川徹郎

タイトルとURLをコピーしました