山日/山の日を使用した俳句

山日/山の日に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

山日/山の日を含む俳句例

山の日は如来の裏に凧/古舘曹人

凧あがる衣笠山の日表に/野村泊月

山の日は爽涼吾等早起す/高木晴子

山の日が一尺とびぬ菊畑/萩原麦草

雪の果山の日あたる障子かな/龍雨

山葵田の真向の山日当れる/岸田稚

檐の端に山日傾く温め酒/角田独峰

花の山日当る裾を濁り川/加藤耕子

山の日は鏡のごとし寒桜/高浜虚子

夏萩に草山の日の影のさす/岡井省二

山の日は月より淡し霧紅葉/福田蓼汀

山の日の俄かにまぶし蛭蓆/瀬戸十字

山の日の片頬あつき濃竜胆/富安風生

枯木山日暮のいろを怺へをり/石嶌岳

生き蛸の盛り上がる山日雷/平畑静塔

山の日の氷柱をのぼる梁框/古舘曹人

自然薯の枯葉を金に山日濃し/上條勝

菜園の夜露あきらか山日待/飯田蛇笏

梅干や豁然として四山の日/西島麦南

山の日に扇冷たき風おこす/高橋馬相

俳句例:21句目~

頂に山の日のこる桐の花/佐藤美恵子

山の日のもう一押しに木守柿/高澤良一

春蘭の曾ての山の日を恋ひて/高浜虚子

初秋の山日が崩す山の砂/長谷川かな女

山の日の少し濡れたる茄子の花/丸田肇

山の日の極楽いろに鴉の子/柴田白葉女

山の日の深く入り来し冬座敷/稲畑汀子

山日濃く幹の匂へる大冬木/澤原たけお

巡礼に山日を強ふる竹煮草/上田五千石

枯木山日のしたゝりの菫照る/渡邊水巴

山の日の草の日となる野海棠/古舘曹人

山の日の障子にありて寒見舞/高室呉龍

山の日の霧に捲かるる朝寒き/臼田亜浪

山の日は中天にあり蝶の舌/志賀佳世子

山の日は五倍子の蓆に慌し/阿波野青畝

山の日は山へ帰りて豆の花/今井杏太郎

山の日は掬ふほどなり冬の蝶/田口章人

山の日が揺れて飯噴く霜の家/飯田龍太

山の日と八月青き栗のいが/長谷川素逝

山の日を讃へやまざる初電話/木村蕪城

俳句例:41句目~

山の日を集めて御師の障子貼/田中俊尾

山の日に山葵の許をもぎる音/萩原麦草

柚湯出て枯山の日に歩きけり/石原舟月

紙干すや農民一揆の山の日に/影島智子

山の日に汚れなき白水芭蕉/吉村ひさ志

山の日に焦げて草刈る麻衣/宇佐美魚目

山の日に玉虫彩をなしてとぶ/西野白水

山の日に荻にしまりぬ便所の戸/原石鼎

山の日に遊子きらめく柴屋寺/田中英子

山の日にまなこからして芒剪る/太田鴻村

山の日の焦げて小粒の吾亦紅/岡部名保子

向ふ山日あたり今日の鳥屋仕舞/福田蓼汀

山の日はここ草木瓜の赤に消ゆ/影島智子

山の日はやさし障子の内外かな/江口千樹

綿の山日ざせば雪の来るごとし/池上近志

落ちぎはの山の日のある注連飾り/福島勲

さいかちの莢に山の日風あらぶ/島田兎月

当たりゐし山の日を花逸したり/高澤良一

一日世を隔つ枯山の日だまりに/相馬遷子

山の日を頼りに接ぎし木なるかな/原月舟

俳句例:61句目~

山の日の翳るはやさぞ初ざくら/根岸善雄

山の日の燻り落ちたり旗すすき/岩村牙童

山の日に乾きし野老かざりけり/鈴木薊子

山の日に帰依して眉の冷たくて/岡井省二

山の日の凛々として木の実瑠璃/内藤吐天

山の日の薄きにひろげ蕎麦の花/吉年虹二

山の日の軒を過ぎゆく目自籠/猪俣千代子

山の日の透きとほる日の破芭蕉/細川加賀

山の日の射し込んでゐる茸鍋/粟津松彩子

山の日をまぶしみふくむ一位の実/上村占

山の日に燃ゆるサルビア美術館/大津信子

柚子湯出て枯山の日に歩きけり/石原舟月

葛の葉の化粧ふに山の日の加勢/高澤良一

山の日に檜扇の実もはじけたり/細見綾子

山の日はうなじにぬくし落葉踏む/福田蓼汀

あけび熟る鳥語に山日明るくて/福川ゆう子

山の日の照り疲れしてごりの汁/鳥居おさむ

山の日のつぶさに鯉の水澄めり/神尾久美子

山の日のたつぷり詰まる栗届く/恵良いさ子

山の日のしみじみさせば吾亦紅/鷲谷七菜子

俳句例:81句目~

山の日のところどころに蜻蛉の目/加藤耕子

山近く山の日つよし麦を蒔く/阿部みどり女

戸隠山の日暮がおそふ焚火かな/鷲谷七菜子

冬シャツの十字架干しに山日射す/本宮鼎三

四囲の山日暮れてをりぬ菜殻焼/小原菁々子

山の日の林檎枯れ立つもののうち/古舘曹人

温泉山の日闌けたり花圃に人声す/宮武寒々

山の日の落つれば夜や昼寝さめ/岡本癖三酔

山の日のわづかに伸びて冬芽紅し/内藤吐天

山日乗せ隠れ暮らしの紙を漉く/秋元不死男

蕎麦刈にかまはず山の日は落ちぬ/菅原師竹

山の日に染めあげられし赤蜻蛉/吉村ひさ志

鴨啼いて山の日暮をさそひけり/福永みち子

ゆつくりとかげる山の日種なすび/星野麥丘人

山の日のどかと入りたる真葛かな/大峯あきら

足袋干すに薄き山の日ななかまど/稲垣きくの

山の日に焼けてつとめのあすがまた/大島民郎

山の辺の道の子の日の遊びかな/秋山まさあき

山の日のあたたかかりし文化の日/鈴木しげを

たらの芽に山の日のなほよそよそし/長谷川素逝

タイトルとURLをコピーしました