女王を使用した俳句

女王に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

女王を含む俳句例

女王花とは千一夜物語/粟津松彩子

嬋娟として蜜蜂の女王かな/山本薊花

一稿は明日に延ばして女王花/松本松

三歳の礼者女王のごと来り/中村良子

弟を征服しつ雛の女王なる/久米正雄

初花や女王の国の大使館/大久保白村

女王花吐息の如く香りくる/石川風女

所在なき重さに萎えし女王花/山田弘子

冬凪や沖を女王のように船/花房八重子

綿積んで女王の如く微笑める/蓮沼一路

領巾振るは額田女王か冬蝶か/津田清子

四人席一人で占めて避暑女王/鈴木栄子

女王のコインで朝の檸檬買ふ/中尾杏子

女王の名もて呼ばるるか秋薔薇/林昌華

女王の灯冬木に洩らし大使館/石塚友二

女王を囲みてマンゴ食べる宵/岩垣子鹿

女王花や南に住みし日も遠く/下村梅子

鯛焼を頬から食べてゐて女王/櫂未知子

咲くことに少し倦みたる女王花/稲畑汀子

咲くための吐息香となる女王花/稲畑汀子

俳句例:21句目~

小鳥唄わせ貧しき国の吾は女王/荻原桂子

師の御霊なるや一と夜の女王花/辻口静夫

四時間をもてはやされて女王花/千原叡子

女王祿やねびまさりたる御笑顔/正岡子規

砂塵に顔そむけて花の女王立つ/右城暮石

女王花残り香のある朝の部屋/片山茂登雄

詩の話ききて女王花待ちにけり/岩崎照子

女王花を見しは夜勤の守衛のみ/山本歩禅

棲めば吾が青葦原の女王にて/竹下しづの女

温室ぬくし女王の如きアマリヽス/杉田久女

みつ豆のチェリーの女王気取りかな/辻田克巳

木苺かげの会釈透きくる女王の国/平井さち子

紅茶の波紋女王の名授かる州都にて/伊丹公子

早春の夜レモン一箇女王のごとし影し/中塚たづ子

女王の横顔銀貨にふくよか百合を買ふ/平井さち子

タイトルとURLをコピーしました