一灯を使用した俳句

一灯に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

一灯を含む俳句例

一灯の限界に渦雪解川/桂信子

一灯を鼠に備へ餅筵/西山泊雲

堰切つて暁蜩や一灯忌/岸田稚

修復の露の一燈神楽殿/木村蕪城

一灯の端島灯台五月闇/森山抱石

一灯へ人の息寄る峡の冬/桂信子

一灯もなき山中の火取虫/檜紀代

一燈の世襲の闇の金屏風/森田雄

吹越や一灯点る山の駅/山田節子

曇日の汗頸すぢに君失ふ/岸田稚

厳冬の一燈洩らす翁堂/近藤一鴻

初詣無住の宮の一灯に/川島千枝

頬白の声の一灯震災地/永見貴子

友去りて一燈見つむ夜の秋/林翔

攻窯に残す一灯夜の秋/林十九楼

誘蛾燈一燈農事試験場/京極杞陽

神座の一燈うるむ遅桜/松本幹雄

一灯の低きを囲み薬喰/若井新一

磯神の一燈の白野分浪/近藤一鴻

一灯を継ぎて久しや菊膾/小林康治

俳句例:21句目~

千灯の吾が一灯や初観音/湖城公子

さみだるる一燈長き坂を守り/林火

一燈と熟柿を磨崖仏の裾/皆吉爽雨

つきしぶる橋の一灯雁渡/辻美奈子

友来る一灯を包む冬の霧/沢木欣一

一燈に二人はさびし蕪鮓/古舘曹人

食堂の暗き一燈安居寺/五十嵐播水

寒詣一灯地獄絵を照らす/石倉啓補

対岸に一灯ともり冴返る/大西比呂

月に侍す沖の一燈年詰る/吉野義子

苗売の一燈宵を早めけり/近藤一鴻

一燈へ真向ふ遠き枯蟷螂/吉田紫乃

一灯に母子の浄土白障子/毛塚静枝

名月や一灯かゝぐ浮御堂/松瀬青々

石仏に一燈淡し茄子の花/鷹野清子

一燈をもらひ祭の森の泉/村越化石

薔薇園に点す一燈聖夜餐/原田青児

陶房の一人一灯時雨くる/板東紅魚

一燈を谷の奈落に夜の蝉/伊藤京子

俳諧のわが一灯や千灯会/谷川朱朗

俳句例:41句目~

凩の死角一灯生きてをり/植田暁生

一燈が招く暮情よ麦刈れば/細谷源二

一燈にみな花冷えの影法師/大野林火

春の海一燈つよく昏れにけり/桂信子

寒の闇来て一燈に入る夜学生/桂信子

一燈に山峨身を打つ荒き霧/野澤節子

向日葵が深夜一燈のために咲く/昭彦

一燈に山蛾身を打つ荒き霧/野澤節子

守り継ぐ一灯のあり去年今年/星野椿

一灯があれば梟よりゆたか/清水径子

一燈を残し夜長の仕事終ふ/高濱年尾

曉闇の沖の一灯鷹渡る/小松原みや子

一灯に音なく狂ふ白蛾かな/大竹朝子

山小屋の一燈のこり虎鶫/新海りつ子

一灯の及びてをれる虫の闇/行方克巳

一燈に闇のあつまる寒の人/丹羽啓子

万灯の一灯吾が灯秋の声/関口ふさの

一灯を棕櫚にくくりし浦祭/小原啄葉

一燈を消せば雪ふる夜の国/加藤秋邨

梨売が吊る一燈へ多摩の霧/島谷征良

俳句例:61句目~

水向や貧一燈につかまつる/飯田蛇笏

初竃一灯の夜気はなれゐし/吉安師竹

燈下親し子も一燈の圏守る/奈良文夫

万灯会この一燈で全て点く/秋山暮谷

秋航の陸の一灯いつまでも/行方克巳

蛾も青を被て山中の一燈に/野澤節子

万灯やわが一灯は神近く/田畑美穂女

結界や梅雨の桔梗と一灯蛾/石塚友二

一灯に虚色ふかまる水中花/成田昭男

若鮎の影一燈に流れけり/石田阿畏子

虫の闇分つ一灯ありにけり/稲畑汀子

送水会の一燈に在り供華椿/佐野美智

邯鄲や一燈くらき山の駅/奈良千代子

里神楽一燈のもと暗く舞ふ/田村了咲

大利根に一灯もなし轡虫/石井とし夫

雪の夜の一灯胸を去ることなし/雅人

たまゆらの一燈つきし万燈会/細見綾子

坑口の一灯に霧あつまれる/戸澤寒子房

冬籠る身の一灯をともしをり/村越化石

秋立つや浜の一燈澄む夜なり/島田青峰

俳句例:81句目~

千灯会一灯は師に捧げむか/伊藤いと子

一灯の照らす路傍が冬の視野/和田悟朗

書を閉ぢし音枯山の一灯下/殿村莵絲子

簗見せるための一灯鮎料理/青葉三角草

一燈に豚と寝につく雨季の宿/佐藤念腹

晩涼の一燈に森またたかず/千代田葛彦

一橙を据う一燈を置く如し/相生垣瓜人

夜田刈の一燈見ゆる湖尻かな/近藤一鴻

寒の夜の一燈竹をさまよへる/太田鴻村

竹伐つて一燈涼を呼ぶごとし/中嶋秀子

朝ともす一燈冷えて飛鳥佛/辰巳比呂史

柿をもぐ一燈一燈消すごとく/吉野義子

かなかなに一灯ふやし水使ふ/池田秀水

さび鮎を焼く一燈の炉端かな/石川桂郎

沙羅咲きて一燈もるる持仏堂/細川螢火

雪舞ふや岬の一灯哭くごとし/小林康治

一燈を蟇に分かちて夜々の稿/中島斌男

寝衣やさし一灯もなく流氷くる/寺田京子

暗き海より雪とび来ては墓濡らす/岸田稚

穂孕みつつ一燈の田を照らす/猪俣千代子

タイトルとURLをコピーしました