遊ばすを使用した俳句

遊ばすに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

遊ばすを含む俳句例

雪山へ眼遊ばす絵付工/羽部洞然

磯鴉秋の女を遊ばしむ/石塚友二

山月を遊ばせて白鉄線花/有働亨

寒月に影遊ばせて野の宴/稲岡長

夏帽を膝に遊ばせ空の旅/杉本寛

空高く花遊ばせて山桜/五十島典子

路傍仏無一物雪遊ばせぬ/村越化石

子守唄風に遊ばせ雪女郎/今泉貞鳳

荒畳なり秋蝶を遊ばしめ/下村槐太

舟虫に心遊ばせ月を待つ/臼田亞浪

胸中に犀を遊ばす野の色に/小口斌

ペンに倦む心遊ばす蝿叩/吉屋信子

老足を遊ばす故山枯木中/岩木躑躅

一身を遊ばせながら墓参り/斎藤玄

繩一本闇に遊ばせ木枯去る/桂信子

鬼灯を口に遊ばす鏡なか/衛藤和子

風花の行方に心遊ばせて/本岡歌子

巻貝の砂を遊ばせ秋の浪/柴田幸雪

死神を遠く遊ばせ寒椿/八木林之助

縁先に鶏遊ばせて糸取女/川崎慶子

俳句例:21句目~

夏炉焚く煙の紫遊ばせて/羽部洞然

夕波に手綱遊ばせ牛冷す/三浦正治

玲瓏と水を遊ばせ百千鳥/安藤幸子

湯婆に足遊ばせて病快し/河野静雲

心易す冬の日向に遊ばせて/上野章子

支ふ杖しばし遊ばせ蛙聞く/上山茂子

春雪や唐子遊ばす壺の胴/波多野蟻杖

暖かやひと手遊ばす千手仏/岸間光女

月を笠に着て遊ばゞや旅の空/菊舎尼

朝顔の蔓遊ばせて垣とせん/黒川悦子

永き日の雲遊ばせて寺の鯉/佐川広治

洗い髪風に遊ばせ吾娘十八/楠本憲吉

瓜の花海には月を遊ばしむ/天野龍斗

一舟を潮に遊ばせ芦を刈る/鶴丸白路

畦に火を遊ばせ男乾きをり/鈴木鷹夫

白鷺を遊ばせゐるや田草取/石田波郷

凍星を遊ばせている畝傍山/坪内稔典

祝詞聞く足を遊ばせ七五三/川原友江

神の磴睦月の蝶を遊ばしむ/富安風生

育てつゝ炭火に心遊ばせて/元重廉直

俳句例:41句目~

大仏の遊ばせてゐる寒雀/片山由美子

大前に風遊ばせて若葉かな/久保青山

胸先に風遊ばする麻を着て/青野きみ

胸熱く詩を溜め霰遊ばせて/小林康治

若冲忌鯉に遊ばせ貰ひをり/高澤良一

落葉嶽児は日溜に遊ばせて/西山泊雲

冬服着る釦ひとつも遊ばせず/大牧広

蘆刈女湖風を背に遊ばせて/橋本榮治

山国に寝て遠雷を遊ばする/村越化石

山茶花や子供遊ばす芝の上/正岡子規

島人が幼ナ遊ばす帰り花/阿知波裕子

店暗く泥鰌遊ばす盥かな/梶山千鶴子

庭石に影を遊ばす沙羅の花/影島智子

弥陀原の雲を遊ばす荻の風/菊地秀雄

後手に指遊ばせて麦を踏む/大関潔子

子ら遊ばせて冬帝の巨きな掌/山田弘子

米提げて躯に秋風を遊ばしむ/小林康治

月明の畝遊ばせてありしかな/永田耕衣

天に遊ばしめ鳩舎の年用意/安良岡昭一

色鳥を遊ばせおはす慈母観音/原田衣子

俳句例:61句目~

紐つけて遊ばす束子春の水/磯貝碧蹄館

日本に心遊ばせ夜なべかな/吉良比呂武

ももいろの舌を遊ばす枯野かな/穴井太

鬼灯を遊ばす舌をふと見たり/山田土偶

方丈に子らを遊ばせ寒の灸/香川はじめ

冬山に鶏遊ばせて温泉宿かな/西山泊雲

初東風や波を遊ばす稚児柱/黒崎かずこ

波に手を遊ばせ愉し舟料理/荒川あつし

口中に入れ歯遊ばす燕来と/田川飛旅子

花林糖齧る眼枯枝に遊ばせて/高澤良一

抱いてゆく兎遊ばす花野かな/野村泊月

枝々に日を遊ばせて冬ざくら/阿部恵子

泣き虫の髪を遊ばす春の風/越川ミトミ

衣被病む目いつまで遊ばしむ/小坂順子

足もとに鳩を遊ばせ毛糸編む/茂里正治

隠れ田の水冬雲を遊ばする/鷲谷七菜子

遊ばせし風に落され芋の露/柴崎由起夫

野蒜掘り芹摘み己れ遊ばしむ/石塚友二

阿波縮着て二夕心遊ばすも/山田みづえ

雪誘ひ子等を遊ばす田神かな/影島智子

俳句例:81句目~

涅槃仏/蝶/蜂/鳩を遊ばせて/桑谷祐廣

芽吹く樹へつぎつぎ心遊ばせる/高橋信之

秋雨の子を遊ばする蓄音機/長谷川かな女

望の夜の水にてのひら遊ばせて/館岡沙緻

さらさらと掌に遊ばせて新小豆/宮田政子

みづすまし遊ばせ秋の水へこむ/西東三鬼

葉ざくらに足を遊ばすささら芸/筑紫磐井

初蝶のあたり/時間を遊ばせて/保尾胖子

蟹を手に遊ばせ不平溜めてゐる/宮坂静生

大歳のつくゑなりけり遊ばしむ/高橋睦郎

翻訳の辞書に遊ばす木の実独楽/角谷昌子

安達太良や雪虫を野に遊ばせて/藤田湘子

春の雪児を遊ばせるほどは積まず/樋笠文

遊ばせて置く手淋しく炭をつぐ/遠藤はつ

潮騒にこころ遊ばす秋日傘/鍵和田ゆう子

瀬を分けし岩根若鮎遊ばしむ/高橋たかえ

手を打つて鯉遊ばしめ政宗忌/瀬川虎年子

手のひらに色を遊ばせ雛あられ/上野章子

祝はれし杖つき月に遊ばばや/上林白草居

頬杖にペンを遊ばす黒セーター/金井/栞

タイトルとURLをコピーしました