笊を使用した俳句

笊に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

笊を含む俳句例

年玉や目笊なげこむ売/梓月

凍餅吊す両端何の笊/松尾一恵

笊のまだ生きてをり秋の雨/占

順番に笊を並べて芋水車/林民子

霜月や軒にかさねし鰻笊/安住敦

長茄子提ささげなど笊の中/虚子

大笊も大樽も空大根焚/磯野充伯

蛤に劣る浅蜊や笊の中/高濱虚子

芦の間に氷一笊の光る量/下田稔

短日の笊しかと編む膝の上/裸馬

蜆笊抱へぽつくり寺通る/関戸靖子

三人ではかる大笊西瓜市/杉原竹女

蛤の舌のふれたる笊のふち/辻桃子

破れたる大きな笊に衣被/長谷川櫂

門川や重ね漬けある鰻笊/野村喜舟

大笊に小笊を重ね年の市/荻原朋子

舷に洗ひ置きたる蜆笊/中井余花朗

米の笊干梅の笊労久し/百合山羽公

銭洗ふ新笊抜ける寒の水/村井信子

笊洗ふ雫うつくし七五三/山本洋子

俳句例:21句目~

古蚕笊垣とし学舎に隣る/木村蕪城

真青な笊編まれゆく雪の鵙/岸田稚

笊一杯貰ふ胡瓜に思案顔/藤原一路

笊に干す鯊の卵や秋日和/長谷川櫂

昼酒に笊ごと置いて桜坊/川崎展宏

月光も冷えに廻りぬ笊と籠/上村占

月明や夜撫の鮑笊に生き/西村公鳳

笊の目の六角形や新豆腐/松田美子

百娃や五つくれたる笊の柚子/波郷

李笊雷雨きてゐる海の村/田中裕明

笊の中の草採箆や竹の秋/河野静雲

飯笊を吊して風の通ふ家居/岡野進

鮒売や春めく笊を打重ね/野村喜舟

鰻笊二つ重ねし生簀かな/後藤夜半

傾けし笊に水切る三葉かな/鮫島野火

秋白し笊にほしたる西瓜種子/中勘助

洗ひ米笊に干しあり宵祭/猪俣千代子

冬ざれて笊売る家の竹匂ふ/石橋秀野

消炭の貧しき笊に散り紅葉/遠藤梧逸

初市で買ふ青竹の笊ひとつ/若月瑞峰

俳句例:41句目~

別盃や新そばの笊全円に/平井さち子

前に笊左右にも笊繭を選る/加藤一牛

藪の家大笊干して霰鳴る/大峯あきら

薫風や笊いつぱいの豆達磨/遠藤梧逸

唐子めく笊よりころげ衣被/島村久枝

萬屋の軒に笊吊る木の実晴/加古宗也

芹の笊ひきずり隣田へ移る/木島松穹

花辛夷笊を漉す水光り混み/伊藤京子

雨蛙洗ひ上げたる笊の上/深海利代子

お水取笊に干したる洗ひ米/浅場英彦

大笊に選り分けられし鱈場蟹/林周平

雑茸の笊を厨に置きたりし/伊藤敬子

涼風に積古る蚕笊二十枚/八木林之介

県庁に笊売はひり鵯さわぐ/南/典二

その笊も妻の身のうち茗荷竹/飴山實

寒蜆笊したたりもなく運ぶ/亀井糸游

羽抜鶏生みし卵を笊に盛る/加古宗也

少し暑く笊の卵をながめゐる/中田剛

山の国大きく暮れて笊に栗/村越化石

紫蘇の実の一笊厨夕づきぬ/加藤昌子

俳句例:61句目~

白桃に笊の介やみづ~と/楠目橙黄子

間引菜の笊を頭に熔岩の道/稲荷島人

間引菜の笊を戸口に羅漢寺/本宮哲郎

燈籠の笠に笊干し笹鳴ける/遠藤梧逸

年どしの一笊の梅巌に干す/山口誓子

間引菜の笊にざあ~釣瓶水/長与琴荘

笊干すや垣の落葉に遠き山/飯田蛇笏

掬ひたる白の笊の水をきる/田中冬二

笊干してある空飛んで恋雀/茨木和生

放生会泥鱒の笊を渡されて/川瀬清子

白の笊よりきる水水の上に/田中冬二

達磨より笊がよく売れ春祭/大熊輝一

遅日なり笊の卵の肌を賞で/伊藤京子

赤蕪笊うす濡れて二日経つ/伊藤敬子

笊のふち叩き白寄せらるる/武市公子

時国家厨の笊にトマトあり/南部富子

一と笊の軽しと思ふ貝割菜/高浜年尾

一笊に青梅満たし懈怠なし/藤田湘子

椎茸を大笊に干し紅葉宿/大橋越央子

七七忌笊の榮螺に花降つて/塚本邦雄

俳句例:81句目~

朝市の笊に舌出す残り馬刀/近藤園子

朝拾ふ青梅の笊ぬれにけり/室生犀星

笊に干す臘八粥の大杓文字/平松公代

乾飯の笊掻く音も夕かな/河東碧梧桐

枯菊に笊干す背戸の日南哉/正岡子規

栃の実のひと笊さらし雪間水/下田稔

笊かむる張子の犬に夕野分/角川照子

馬刀貝や浅蜊の笊に五六本/松藤夏山

仕事場の北窓塞ぐ笊屋かな/野村喜舟

水飯や笊を洩る水だう~と/尾崎迷堂

鴫焼の茄子生きて居り笊の中/柴浅茅

鵯騒ぎ新蕎麦笊にあたゝかし/秋櫻子

井戸蓋に干す一と笊の蒸し藷/松井禮子

伊勢の国笊買ひをれば風花す/小川小春

八十八夜の笊市に買ふ籠一つ/久保乙秋

八十八夜笊の莢豆茶に競ふ/百合山羽公

冬瓜に笊の坐りのままならず/神山果泉

初不動大地に笊を重ね売り/吉田ひろし

大綿や生垣に笊伏せられて/ふけとしこ

市に笊買ひしのみなる春疾風/橋本榮治

タイトルとURLをコピーしました