氷屋を使用した俳句

氷屋に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

氷屋を含む俳句例

馬追に夜の神棚氷店/高橋馬相

村までの道一筋の氷店/桂信子

氷店の鏡に午後の波頭/桂信子

禅寺の前に一軒氷店/高濱虚子

朝寒や看板残る氷店/正岡子規

橋詰や此頃出来し氷店/正岡子規

氷店爺と婆ゐて婆出て来/小澤實

氷店一卓のみな喪服なる/岡本眸

一軒の庭墟の街の氷店/福田蓼汀

犬吠の濤に真向きの氷店/森田峠

昔より橋の袂の氷店/後藤比奈夫

墓原の鴉きこゆや氷店/渡辺水巴

水捨てる音の夜深し氷店/増田龍雨

炎帝のむかし氷屋鋸を引き/仁平勝

氷屋に白きが中の小堤灯/正岡子規

氷屋の燈籠揺れて客少な/松藤夏山

氷店より見てゐたる人通り/上野泰

氷屋の猫いなくなる大嘗祭/須藤徹

氷屋の軒並べたる納涼哉/正岡子規

をみなごの躾おこたる氷店/筑紫磐井

俳句例:21句目~

幔幕が背を押しくるよ氷店/香西照雄

暗き町やたまたま床屋氷店/正岡子規

氷店がひよいと出来て白波/尾崎放哉

氷屋の洗ひ晒しの旗を垂れ/西村和子

氷屋の旗に来れば店くらし/原田種茅

渓遊の草履も売りて氷店/佐藤星雲子

氷屋に葦簾隔てて舊派もゐ/筑紫磐井

遠クカラ見エシ此松氷茶屋/正岡子規

雨のふる町見て旅の氷店/高田風人子

氷屋に水より外の資本なし/筑紫磐井

高浪ののれんさわぐや氷店/木津柳芽

いまもってご贔屓があり氷店/高澤良一

とある隅によき人居たり氷店/巌谷小波

刷りもののをんなは軽し氷店/筑紫磐井

氷屋あかき夕陽に旅人がゐる/大橋裸木

氷屋の銭きらきらと掌に渡る/塩谷小鵜

氷屋へ入るにも連れの後ろより/原月舟

氷屋やひねもす路地の空車/島村元句集

氷屋ノ夜店出シタル始メカナ/正岡子規

氷店ひとりふたりは月にかな/太田鴻村

俳句例:41句目~

氷屋の氷にしぐれゐたりけり/田中裕明

氷屋ののこぎりの音先斗町/灰原美奈子

誰もゐぬ氷屋揚羽抜けゆけり/大橋敦子

富士まともなる氷店よくはやり/勝俣鈴子

氷屋の鏡中かがやく馬行けり/中村草田男

氷店出て来るところ見られけり/下村梅子

氷屋のびいどろが鳴り灯りけり/岸風三楼

氷屋の簀戸に落ちたるはな火かな/会津八一

タイトルとURLをコピーしました