親子を使用した俳句

親子に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

親子を含む俳句例

朧月放下の親子戻りけり/維駒

重陽や親子四代渡初め/棗楕伊

蟋蟀の親子来てをる猫の飯/風生

苗代や親子して見る宵の雨/一茶

石筍の親子が並ぶ洞涼し/森田峠

百姓の漸く暇に親子鳰/福田蓼汀

遠近に親子の声や厄払/松浦爲王

親子馬走る岬の蘇鉄咲く/野田武

掛乞や京の女の親子連/正岡子規

乗初や鵜飼が舟は親子づれ/駝岳

寝話しの親子兄妹二月尽/瀧春一

兎親子福寿草亦親子めく/草田男

袂晴に親子絆の凧ひとつ/三戸水歩

榾の火に親子足さす侘寝かな/去来

初文楽親子の縁は一世とよ/安住敦

竜の玉並べ寅年親子かな/皆川白陀

啓蟄や誰も親子の情を詠ふ/瀧春一

鴛鴦の親子に水の匂ひなし/原天明

杉玉や親子格子に簾して/石川桂郎

万華鏡親子でのぞく達磨市/西島覺

俳句例:21句目~

燈籠に大小のある親子哉/正岡子規

親子してへな~畳大掃除/河野静雲

職人の親子が帰る十三夜/佐久間久子

広々と径をゆづりぬ親子馬/前田普羅

花芥子に親子五人の世帯哉/正岡子規

蓮さいて親子は夢のわかれ哉/中勘助

親子に春小豆に加ふ白砂糖/細見綾子

親子句碑七夕笹に華やぐ日/桑田青虎

身を渦にいこふ蝸牛親子牛/成田千空

軽鳧親子渡る銀座の三丁目/小池宗彦

迎火を焚く三代の親子して/小林牧羊

開帳に逢ふや雀も親子づれ/小林一茶

メスの音乳房製かるる親子草/森さち

文弱の親子で雪を掻きにけり/安住敦

霞む日や巡礼親子二人なり/夏目漱石

旅夜寒親子電球の子を点し/鈴木栄子

風薫る展覧会へ親子連れ/冨田美穂子

星月夜鯨親子に旅のあり/上澤樹実人

井の蓋も拭かれてあるや親子草/芦風

熱燗や親子の本音少しづつ/田原白童

俳句例:41句目~

鷄の親子引きあふ落穗かな/正岡子規

六月の尻尾吹かるる親子馬/水原春郎

書初や親子と生れ詩に仕ふ/島田青峰

冬晴や翼触れ舞ふは親子鶴/羽部洞然

冬木伐る親子の音の異なれり/大串章

鷽替に親子で渡る太鼓橋/白木サダ子

初護摩や親子相打つ大太鼓/山城やえ

枯畑に牛の親子の相似たる/相馬遷子

沈むべく水走りきし鳰親子/中村汀女

炎天の真水掛け合ふ海女親子/井上雪

黙々と月にあるきて僧親子/河野静雲

畦道に蓬摘みゐる親子連/佐古寛一郎

看板の裏に親子が入りきり/坂間恒子

着水の白鳥親子啼き寄りぬ/中村姫路

秋風や親子並びて面作/阿部みどり女

稻積んで車推し行く親子哉/正岡子規

節分や親子の年の近うなる/正岡子規

巡礼の親子出てくる清水哉/正岡子規

紙を漉く親子を包む春の山/原コウ子

年越の親子贔屓の蕎麦屋あり/安住敦

俳句例:61句目~

七夕や異国に出会う親子鳥/丹後千代子

おぼろ月放下の親子戻りけり/五車反古

落葉掻き小枝ひろふて親子哉/正岡子規

こんこんと親子の眠り獏枕/高橋淡路女

長閑さや親子つれたつ鶴の顔/正岡子規

朧夜の出口を探す親子かな/小泉八重子

電話機に親子のありて福寿草/内田美紗

音もせず親子二人の冬こもり/正岡子規

顔ならべ親子の馬は肥えにけり/森田峠

江川の親子渡しや秋晴るゝ/鈴鹿野風呂

メーデーや親子二代の炭坑夫/河原好枝

花火見てもどりし親子足洗ふ/安積叡子

大榾にほてりて赤き鳥屋親子/前田普羅

風切って自転車親子の森林浴/赤澤新子

並びたつ親子二代の鯉のぼり/田中武彦

機をたつや親子のえにし短夜に/中勘助

冬帽子取りて親子の祓はるる/中井啓子

鶏の親子さびしきしぐれかな/岡村柿紅

穴を出し霧に吹かるる熊親子/堀口星眠

順禮の親子出てくるすゝき哉/正岡子規

俳句例:81句目~

薔薇の束受けて親子の縁いま/山田弘子

行秋や離れがたなき親子島/成瀬櫻桃子

夕鶴の翔つや棹なすみな親子/吉野義子

棚経の親子の僧の声そろふ/柴山つぐ子

親子して師走の壁を塗り急ぐ/平間彌生

親子ほど違ふ二人で春惜しむ/右城暮石

親子らしならぶつくしの長短/正岡子規

親子三人風邪声寄せて浅蜊汁/増田龍雨

布団干し親子の絆膨らます/竹村幸四郎

枇杷のある店頭親子言葉交す/川崎展宏

引く刻を近く親子のあそび鶴/椎名書子

親子鶴首擦り合はせ競ひ鳴く/天野博子

弥生はや一羽は啼けり親子鶴/古舘曹人

破れあり親子障子の親の方/佐々木六戈

神鶏の茅の輪をくぐる親子連/杉山青風

通し鴨の親子に瀬波病む窓に/安井信朗

寒いちご親子四人の匙の音/福永みち子

揺れ優し親子似てきし竹の秋/宮田頼行

新雪のとびとび親子句碑の間/野中亮介

くひちがふ親子の笑ひ雛の劇/平井さち子

タイトルとURLをコピーしました