潮騒を使用した俳句

潮騒に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

潮騒を含む俳句例

牡丹の花の渦より汐騒す/鴻司

玄界の潮騒聞ゆ芒原/江頭景香

舷に汐騒更けぬ舟遊/島田青峰

母老ゆや野分潮騒彩なすは/原裕

潮騒の中にて踊笠かぶる/松本旭

鰯網陸近づけば潮騒ぐ/高浜虚子

潮騒に今日を占ふ思草/北さとり

潮騒の構造として縊死体/高岡修

潮騒を背山に蔵し甘茶寺/辻桃子

潮騒の聖堂低し花大根/水原春郎

松虫や潮騒宵をしづかにす/柳芽

潮騒やいま生誕の落椿/田中水桜

潮騒ぐ岬の夕ベの沖膾/川島千枝

潮騒や裸灯暗く柘榴売る/小池文子

潮騒の止まぬ甕棺天の川/八島岳洋

潮騒や簾越しなる顔は誰/加藤楸邨

潮騒に重ね初音と松籟と/山城悦子

潮騒や七夕柳散るもあり/臼田亞浪

潮騒へ真直に来る白日傘/鈴木鷹夫

ソース瓶潮騒に立つ夏の果/桂信子

俳句例:21句目~

霜柱小石以外は潮騒です/伊藤淳子

潮騒のよろこび通る桃林/長谷川双

鎮魂の潮騒届く余花の寺/横島正子

薯畑にただ秋風と潮騒と/山本健吉

義貞の海の潮騒椿落つ/安部しずほ

空を飛ぶ潮騒のあり初蛙/矢島渚男

潮騒は南洋よりす八重霞/渡邊水巴

漂ふは古典か春の潮騒か/佐藤春夫

虫時雨浜近ければ潮騒も/滝川如人

天井に潮騒映る晝寝かな/横光利一

潮騒に勝る松風新松子/伊丹三樹彦

朧夜の潮騒神の燈をゆりて/原柯城

火祭の終りし闇の汐騒よ/成瀬正俊

潮騒と宵宮と遠きこといづれ/龍男

家中に潮騒ありて桃開く/柿本多映

潮騒の届かぬ大和鑑真忌/湊/キミ

潮騒を背に観音の秋日和/山本茂紀

潮騒に耳をあづけて磯遊/吉村絹子

潮騒の追つて来る道新松子/島村茂雄

潮騒の遠のき浜のあたゝけき/上村占

俳句例:41句目~

潮騒の雄心鶴の来る日なり/長野澄恵

潮騒へ祈るかたちの黄水仙/紙谷礼子

潮騒やさみだれ晴るゝ天心居/及川貞

潮騒やつるべ落しの出雲崎/横田/和

潮騒やひとりに広き夏座敷/藤原照子

潮騒や千両畑に日の籠り/観世真希子

よき館の夏潮騒をきく窓辺/高木晴子

潮騒や女人ばかりの秋遍路/河本好恵

潮騒や巣籠り燕ひとりゐて/石田波郷

潮騒や父母なき家の燕の巣/桜井周子

ラムネ玉抜くや汐騒耳元に/西尾みゐ

冷蔵庫に潮騒のあり谺あり/工藤克巳

潮騒や砂丘に触るゝ二日月/那須乙郎

壺焼に岬の潮騒いつもあり/小原潤児

夏の夜の街の潮騒ふちどる奴/穴井太

潮騒や花を小ぶりに種茄子/玉城仁子

大根蒔く潮騒荒き地の湿り/加藤一夫

奥能登の潮騒とみに十三夜/桑田青虎

小春日を潮騒とゐる妻とゐる/川口襄

潮騒や風の形に若布干し/寄高光津子

俳句例:61句目~

潮騒をへだつる障子美しく/原田青児

春の岬潮騒聞かぬ高さにあり/瀧春一

潮騒を伴ふ隙間風に叔母/大岳水一路

火の島に潮騒返す浜豌豆/小室ひろし

曇り日の潮騒こもる青芒/吉野トシ子

熔岩蔭に潮騒届き郁子熟るる/中原槐

目白籠遠汐騒に揺れやまず/大熊輝一

石狩の潮騒遠き花野かな/松原智津子

秋の夜も小箱の貝の潮騒す/都筑智子

松風は潮騒に似て未明の忌/大沢紀恵

鹿の子の耳汐騒を捉へけり/佐伯子翠

水仙に潮騒こもるかと思ふ/矢島渚男

葱埋めて夜の潮騒の遠ざかる/中拓夫

蜑ケ家の潮騒近き門火かな/関千恵子

街騒を潮騒として眠りけり/林原耒井

鬩ぎあふもの潮騒と秋の蝉/池田昭雄

鴨が引く遠汐騒に月消ゆる/石原舟月

汐騒の社頭の薄暑賽し去る/高濱年尾

鶯の初声潮騒とききにけり/遠藤千鶴

沖かすみ潮騒もなき宿の朝/高濱年尾

俳句例:81句目~

海峡の雨の潮騒きりぎりす/西村公鳳

潮騒ぐ海女の小さな冬菜畑/田中蛙村

潮騒にまぎれて僧の秋耕す/心山義明

潮騒に花なげ入れる沖縄忌/井上土筆

潮騒に近き旅路やくぢら汁/鈴木興治

潮騒に陶の椅子あり春深し/鈴木鷹夫

潮騒のかけ登る丘末枯れて/矢野三汀

潮騒のここまで痛く貝割菜/角川照子

潮騒のしみ入る森の秋の暮/松村蒼石

潮騒のだん~遠し草いきれ/修藤清潯

潮騒に夢溜めてをり子安貝/瀬底月城

潮騒の果はけぶれり抱卵期/中尾杏子

潮騒の町に住み馴れ松帆忌/池田孤星

合いの手に潮騒浜の三味線草/高澤良一

いねがての潮騒のなか鉦叩/佐野まもる

いわし雲天の潮騒ひびきをり/中村明子

潮騒の香のたかまれば鳥渡る/対馬康子

おぼろ月あげ潮騒のマリア像/朝倉和江

この辻も汐騒かよふ厄落し/大川つとむ

潮騒に花種を蒔きゐたりけり/出原博明

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました