夜々を使用した俳句

俳句例:101句目~

稲架とかれたるより夜々の月の畦/関成美

籐椅子に夜々ある湖の真暗がり/日置草崖

網代守る夜々の山火の江に映る/臼田亜浪

舗道凍つわが靴音の夜々ほてり/河合凱夫

茅舎忌の近づく夜々の青葉木菟/升谷一灯

菜殻火のうすしや夜々の月明に/内藤吐天

落鮎には間のある夜夜の水の錆/高橋睦郎

これよりの郡上踊の夜々といふ/原三猿子

虫嗄れし夜々の浅寝に疲れたり/臼田亞浪

貂達に夜々燃ゆるなり月夜茸/小林黒石礁

わが帰宅夜々遅し子に栗買ふも/下村槐太

道の上に夜々ある星に寒さ添ふ/中島斌男

オホツクの夜々の海鳴り鮭の秋/小島海王

三番草終へ夜々に濃き天の川/冨田みのる

住み捨てし家恋ふ夜々の天の川/村越化石

夜々おなじ灯をみつめをり梅雨入前/林翔

門川の夜々のおぼろとなりにけり/安住敦

夜々かえり朝来る人の木の朱欒/和知喜八

夜々の夢秋蚊帳畳むころほひぞ/石塚友二

霜太る夜々の風ぐせかくれ棲む/星野立子

俳句例:121句目~

霧の月湖まんなかに夜々ありぬ/増田龍雨

霧ひくゝ夜々水晶の谷とざす/石橋辰之助

夜々の星檸檬をしぼりながらえて/三谷昭

夜々の月沈丁花香を立て敢へず/林原耒井

夜々の霧砲収まると聞きしより/林原耒井

夜々むすぶ夢の哀艶きくまくら/飯田蛇笏

風邪人に夜々の月影まさりけり/西島麦南

蛙さわぐ夜々の心のたのみなく/林原耒井

夏炉焚く夜々のまどゐや奥信濃/瀧澤伊代次

木守柿欠けゆく月の夜々を経し/加倉井秋を

稲妻の闇をたのしむ夜々の窓/阿部みどり女

夏もはや夜々の花火にうみしころ/中尾白雨

寒夜々の酒欲り友を欲りにけり/金尾梅の門

望くだり夜々方丈の灯の濃しや/町田しげき

竹煮草夜々の雷火のたばしれる/馬場移公子

笛の音のあはれ遠音や盆の夜々/馬場移公子

余の婦人知るなし夜々の竹婦人/田淵十風子

星は夜夜対話し木木は落葉する/池内友次郎

亡母つりしままの簾に夜々いこふ/吉野義子

子の歌も湯気吹く音も夜々おなじ/谷野予志

俳句例:141句目~

網代守る夜々を山火の江に映ゆる/臼田亜浪

水鶏夜々利根川図誌を読み了る/石井とし夫

白萩のみだれも月の夜々経たる/篠田悌二郎

湖凍るひびきの夜夜を書に痴るる/木村蕪城

花かるた夜々のおもゝち愁ひあり/飯田蛇笏

花がるた夜々のおももち愁ひあり/飯田蛇笏

花夜々に幼な児さらひ食らふかな/平井照敏

妹よ無口なり新興住宅地の秋夜/夜基津吐虫

寒波に舟波ふるる音の夜々/飛鳥田れい無公

夜々の月雲しなければ飽きにけり/清原枴童

天守より夜々の白魚火見ゆるらむ/西村和子

落葉夜々我が灯一つとなすも夜々/栗生純夫

夢をたのしむ夜々の眠りの秋深く/臼田亜浪

祈ることなけれど夜々の月仰ぐ/石井とし夫

夜々おそくもどりて今宵雛あらぬ/大島民郎

夜々あまた見ゆる鯖火の鯖を買ふ/秋光泉児

踊ること老にもたのし夜々の霧/金子伊昔紅

出湯浴み刻夜々おくらせて月待つも/吉野義子

せめてもの秋くちの夜を蚤の夜々/篠田悌二郎

こくげんをたがへず夜々の青葉木菟/飯田蛇笏

俳句例:161句目~

かくて夜々千鳥の声をいねて待つ/佐野まもる

かや吊りて浅寝の夜々の身を蝕みぬ/林原耒井

虫鳴くやきまぐれ降りの夜々の雨/大場白水郎

夜々を咲くなんばんぎせる芸者の死/高井北杜

夜々ひとり雪解の信濃おもふなり/石橋辰之助

夜々の露あしたのために日記の白/加倉井秋を

蜘蛛夜々に肥えゆき月にまたがりぬ/加藤秋邨

療養の夜々をかはづのこゑつつむ/長谷川素逝

話題は中共聴き手かたり手夜々裸/赤城さかえ

山の温泉に夜々濃き銀河かゝるなり/堤俳一佳

夜々軽雷病みがちなりし夏は逝く/田川飛旅子

沖の霧来て黍ばたけつゝむ夜々/久保田万太郎

まことの死かなたにし夜々冴えかへる/石塚友二

子のショール夜々編み夜々を子に近し/吉野義子

うつろひきて微少となりて夜々凍む砂/宮津昭彦

避暑の夜々蛾は更けし音つたへくる/石橋辰之助

蚊やり焚く夜々のつとめをくりかへし/杉原竹女

去り難な銀河夜々濃くなると聞くに/深見けん二

夜々のこと病む貌に触れ蚊帳吊らる/文挟夫佐恵

夜々を霧子らいつとなく距たりゆく/篠田悌二郎

俳句例:181句目~

山守や姿は見ねど夜々の鹿/雄子郎句集/石島雉子郎

夜々の爆音寒ん星の智慧は瞬くより知らず/橋本夢道

砂のはて海くさまとい消えゆきしとこよのまれびと夜々に顕ちくる/加藤克巳

タイトルとURLをコピーしました