昼月/昼の月を使用した俳句

昼月/昼の月に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

昼月/昼の月を含む俳句例

昼の月漂ふ空や返り花/梅史

翁顔の昼月泛べ冬芒/佐野美智

夢殿に昼月濃ゆし飾売/角川春樹

首塚に色なき風や昼の月/朝妻力

麹花いろの昼月沖天に/高澤良一

秋旻や金龍昼の月争ふ/臼田亞浪

昼月として月鉾の鉾の月/辻桃子

豊年や瑕をあらはに昼の月/黛執

頂に出て茸空し昼の月/野村泊月

鹿苑の松に昼月十二月/石原舟月

山腹の冬田の上や昼の月/寺田寅彦

枯芦や野原の中の昼の月/藤野古白

昼月の粟島様や針供養/赤星水竹居

立春の昼月繊き池浚ふ/加倉井秋を

竜貞の石頭あり野の昼月/金子兜太

若牛蒡抜く昼月の空に浮き/梅津光

洞門に昼月もある遅日行/飯田蛇笏

天心に昼月澄めり達磨市/永田徳子

子の髪に昼月重ね初御空/野沢節子

昼の月暴河の民に怒なし/片山桃史

俳句例:21句目~

昼の月白し真下の寒牡丹/有馬朗人

元日の何祈れとや昼の月/楠本憲吉

雪吊や昼月上がる浜離宮/青木重行

杣径の大昼月や仏生会/大峯あきら

枝先に昼月かかる榛の花/寺岡捷子

桜湯の桜をたべて昼の月/吉田紫乃

麦埃丘にしづもり昼の月/久米正雄

森閑と手斧の痕に昼の月/和田悟朗

秋天の松より低き昼の月/高木晴子

昼月や蜂飼に貸す遊び畑/影島智子

秋風や藪の上なる昼の月/西山泊雲

紅梅にふはとかかりぬ昼の月/勘助

昼月や雲かいくぐる山燕/飯田蛇笏

雪吊や昼の月上ぐ浜離宮/青木重行

昼月をあふぎ海月の波枕/高澤良一

昼月や土蔵にあふる炭俵/吉野義子

昼の月柏は枯れし葉を鎧ふ/横山房子

昼月のたかくて秋の鞍馬路/飯田蛇笏

昼の月よりひら~と竹落葉/倉田絋文

昼の月あはれいろなき祭かな/安住敦

俳句例:41句目~

忘られしもの昼の月芦青し/大野林火

昼月の妖しく明き花野かな/橋本鶏二

昼月の峠にをりぬ野老掘/大峯あきら

昼月の影とはならず寒の梅/青木重行

昼月の淡島さまや針供養/赤星水竹居

きさらぎや若草山に昼の月/藤野古白

荒神輿ゆくに昼月弾みけり/松本千冬

昼月の青嶺さびしき柿の秋/内藤吐天

昼月の高さに芒ほぐれをり/江藤都月

山羊がゐて牛ゐて燕昼の月/京極杞陽

鰯雲縫うて昼月かくれなし/鈴木花蓑

姫女苑ことさら淡き昼の月/窪田玲女

曳船や東風吹く堤の昼の月/羅蘇山人

のけぞりて昼月に会ふ袋掛/大場去聖

昼月や木ずゑに残る柿一ツ/永井荷風

昼月や棚をいろどる花糸瓜/芝田緑光

昼月や白木の鵜舟白緒結ひ/吉野義子

昼月や稲架結ひかはる国境/佐野美智

臘梅やいつか色ます昼の月/有馬朗人

昼の月花舗に芒の溢れをり/林原耒井

俳句例:61句目~

乾坤に昼月と牛畦を焼く/町田しげき

夏の鴨昼月淡くかかりけり/関戸靖子

青天に昼月雪しろ山女釣る/野澤節子

子持鯊釣れをる河口昼の月/鈴木雹吉

あはあはと昼の月あり糸桜/宮下翠舟

海の上に昼月冴えて慈姑掘/松村蒼石

山葵生ふ峡の昼月幽かなり/蛯原喜荘

ほの白き昼の月あり実朝忌/上野百人

楝の実昼月という忘れもの/遠藤秀子

海を出て水母の一つ昼月に/高澤良一

引鴨に昼月きえず風吹く天/飯田蛇笏

日は渺と昼月残る花野かな/倉根文吾

水仙や吾子を眠らす昼の月/市川千晶

犬とわれ篁にたつや昼の月/西山泊雲

白梅をはなれてありぬ昼の月/飴山實

白玉や月山にある昼の月/成澤たけし

天涯の船上昼の月を見つ/金箱戈止夫

昼月にべったら市の店支度/高澤良一

昼月に傷あとあまた上り簗/鷹羽狩行

昼月に切つて冷たき爪拾ふ/嶋田麻紀

俳句例:81句目~

罠かけてより鼬来ず昼の月/堀口星眠

森に道失へばあり昼の月/金箱戈止夫

色なき風昼の月あぐ白魚塚/大橋敦子

花辛夷どこかに昼の月宿す/山田弘子

若竹や淡々として昼の月/松根東洋城

葭切や蒲新田の昼の月/菅原師竹句集

鳶の輪の中に昼月寒に入る/西村公鳳

返されし磯の海月に昼の月/高澤良一

開戦日疎林に淡き昼の月/古賀まり子

昼月に垂り枝のゆれて冬桜/飯田蛇笏

凩や西にかかりし昼の月/今井杏太郎

昼月のあはあは繊し花の能/茂里正治

羽子高くあがるところや昼の月/石鼎

補陀落の昼月われを招くかな/佐藤鬼房

野に昼月傷負う人ら混浴す/鈴木八駛郎

青波のかぎりと見れば昼月/栗林一石路

いさゝかの風や萩ちる昼の月/羅蘇山人

引鳴とへだたるばかり昼の月/宮津昭彦

うつすりと昼の月あり渡り鳥/田中冬二

ぼろ市の放り上げたる昼の月/青木勝枝

タイトルとURLをコピーしました