水車を使用した俳句

水車に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

水車を含む俳句例

舂や穂麥が中の水車/蕪村

行年や同じ事して水車/希因

引きまはす長刀鉾や水車/貞徳

氷消えて風に遅れそ水車/園女

夏川や随身さきへ水車/正岡子規

濃山吹廻りにぶりし水車/上村占

蛍火や夜も廻れる水車/近藤蘆月

凩の逆にまはるや水車/正岡子規

その上を蛍飛ぶ也水車/正岡子規

石菖やつまづき廻る水車/原節子

枯山中月光散華一水車/近藤一鴻

妹よ淀は砂漠の水車/鈴木六林男

朝日かげさすや氷柱の水車/鬼貫

山吹や逢瀬の道の水車/野村喜舟

月落て雁なく淀の水車/羅蘇山人

涼しさや葎の中の水車/正岡子規

山ざくら散るや小川の水車/智月

順番に笊を並べて芋水車/林民子

啓蟄や水車大きく刻廻す/林昌華

淀川に姿おもたや水車/上島鬼貫

俳句例:21句目~

民宿の競ひて回す芋水車/森田幸夫

水車場を圍む小藪や烏瓜/正岡子規

引板を打つ流れのすゑや水車/蕪村

白桔梗一蝶誘ふ水車音/河野多希女

稲妻や淀の与三右が水車/上島鬼貫

新蕎麦や月日の回る水車/小川一路

秋旱銀河明りに水車踏む/田原柿音

星祭る水車舟あり矢作川/鈴木花蓑

時鳥鳴くに力を得て水車/佐野美智

朝露の水車水撥ね鞍馬道/西村公鳳

氷消て風におくれそ水車/斯波園女

中をふむ人や青田の水車/正岡子規

梅ちるや月夜に廻る水車/夏目漱石

蒸鰈水車の先に海みゆる/火村卓造

水落し三連水車藻が匂ふ/矢島渚男

螢来て時間を廻す水車/小泉八重子

芋水車終ふ蛙の目借時/平野紀美子

炎天やきらり~と水車/五十嵐播水

越中に勝手廻りの芋水車/齋藤夏風

冬川や砂にひつゝく水車/正岡子規

俳句例:41句目~

凩やからまはりする水車/中川宋淵

凩やさかさに刎ねる水車/正岡子規

青麦に闌けたる昼の水車/木下夕爾

半月の斧と落葉と水車番/依田明倫

黄昏れて水車止りぬ蚊喰鳥/星野椿

芋水車一筋町のつづくなる/森田峠

古里や凍てたる中の水車/野村喜舟

名月や廻りて見せる水車/正岡子規

緋桃さく水車の裏の桑畑/寺田寅彦

芋水車門川流る旧街道/中村しげ子

草の花水水車場へ分れ行く/子規句集

花筏ひねもす掬う水車かな/佐藤清子

すさましや花ちる下の水車/正岡子規

花ながら葛ぞ引かるゝ水車/正岡子規

ぬれいろをこがらし吹や水車/炭太祇

水伯を斎けるほとり芋水車/江川虹村

連翹の黄を汲みこぼす水車/佐藤雄二

ゆふがほや淡汲かけて水車/斯波園女

水生きて水車を廻す花山葵/市川今子

水車廻す力を残し水涸るる/池田秀水

俳句例:61句目~

五加摘む一家一列水車鳴る/池上樵人

五月富士水車は高き水玉を/内田暮情

火の国や小国の村の芋水車/田中/巴

芋水車急がぬ音で回り出す/坂上青児

卯のはなや泡汲かけて水車/斯波園女

水車べり青き李の濡れとほす/下田稔

早乙女の休んで居れり水車/田中冬二

水車場へ小走りに用よし雀/高浜虚子

涼しさや音に立ちよる水車/正岡子規

星空をまはす水車や春隣/市ヶ谷洋子

秋の虹水ひかり飛ぶ水車/柴田白葉女

廻る見ゆ野分のなかの水車/中村汀女

月の夜や蓼穂を散らす水車/八十島稔

精出せば氷る間も無し水車/正岡子規

紅殻の水車落花の流速に/八牧美喜子

山に遊ぶ水車の鶏や神無月/飯田蛇笏

沼尻の冬木に灯す水車かな/野村泊月

肉親絶えひかりをこぼす水車/穴井太

山里は水車の音に合歓の花/清水青瓢

山雨来て水車勢へり玉堂忌/安田晃子

俳句例:81句目~

夕風の水車涼しき月日かな/都筑智子

搗初の水車の杵のみな動く/高木晴子

夕焼や楽屋の前の水車/中村吉右衛門

水車場へ道は平らや草紅葉/高浜虚子

吾亦紅さやぐ背川の芋水車/石原八束

箱庭の水車が廻る夕餉かな/田中美沙

遠雷の聞える夜の水車踏む/平櫛秋芳

陽を零す十一月の水車かな/中村梅子

雪柳水車の吐きつぐ水言葉/川崎慶子

雪積る中滑らかな水車の軸/津田清子

霧の中に何やら見ゆる水車/上島鬼貫

種芋の残りを掛けし芋水車/鈴木穀雨

音軽く加速とはなる芋水車/水口/祭

頃合ひに農婦現はれ芋水車/浅賀渡洋

吹かれ来て蛍あぶなし水車/正岡子規

鳥渡る空や水車のから廻り/内田百間

鷺渉る水を岐ちて芋水車/中戸川朝人

日に一度見廻るだけの芋水車/高山麦

黄落や水車の廻る山の家/名高栄美子

柿うるる夜は夜もすがら水車/三好達治

タイトルとURLをコピーしました