遺品を使用した俳句

遺品に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

遺品を含む俳句例

数あるはかなし遺品の秋袷/秦夕美

蝿叩遺品のごとく扱へる/高澤良一

遺品みな夜討装束義士祭/木田素子

冷まじや一葉遺品に頭痛薬/館容子

晩涼や遺品の鈴を大切に/村越化石

秋の潮遺品の画帖鋭きまま/長良扶沙

ことの外遺品の中の靴に黴/藤浦昭代

整理まだつかぬ遺品や虫払/神谷荻乃

その中の白衣も遺品熊楠忌/小畑晴子

殉教の血染めの遺品冴返る/桑田青虎

小机の遺品一つや冬座敷/松岡六花女

秋風や友の遺品の中にわれ/岩田昌寿

秋風や遺品とて磧石ひとつ/福田蓼汀

義士祭の遺品に並ぶ呼子笛/和田幸八

一挺の三味も遺品や大石忌/大橋敦子

遺品とや噛みあと粗き箱眼鏡/峰剛夫

遺品寒々なかんづく借用書/鷹羽狩行

冬すみれ遺品の杖の土乾く/仙田洋子

十三夜遺品のザイル壁に影/福田蓼汀

青木の実青し特攻遺品展/鈴木けんじ

俳句例:21句目~

捨て切れぬ遺品の靴の黴拭ふ/高橋豊子

敗戦忌据ゑし遺品のみな鉄塊/小泉小泉

死後晴れて友の遺品の蝶図鑑/杉本雷造

春しぐれ遺品の中のわが手紙/内田美紗

良夜かな机上の遺品正しおり/西脇鈴子

義士館に遺品のつづれ青葉冷/杉山恵子

母と娘と遺品の整理して冬夜/大橋敦子

秋風の荘に古りゆくみな遺品/山田弘子

百年の移民史遺品黴びさせず/恩智景子

原爆の遺品出でくる川ざらへ/朝倉和江

城の冬滅ぼされたる遺品展べ/大橋敦子

夾竹桃遺品に妻のものあらず/吉野義子

月光の暖簾も母の遺品にて/大木あまり

木の実落つ人の遺品を懐に/平本くらら

立秋や遺品剃刀てのひらに/殿村莵絲子

母の遺品曝して眩し飛燕過ぐ/河野南畦

幾つかは遺品とならむ冬帽子/藤田湘子

復活祭聖書は兄の遺品なる/内海よね女

貝殻も遺品のひとつ鳥雲に/片山由美子

遺品とは春愁募るものばかり/藤巻淳子

俳句例:41句目~

遺品分け終へ夕顔の白きかな/影島智子

還り来る遺品のひとつ盆迎ふ/八幡里洋

陶枕も遺品の一つまどろまむ/稲葉百年

父の日や遺品のなかの金釦/遠藤若狭男

小鳥も遺品冬日の椽に影跳ねて/友岡子郷

岩かげにひるね脱衣の遺品めく/品川鈴子

春惜しむ遺品の絵筆軸欠けをり/岩田昌寿

時の日に遺品の時計巻きにけり/大崎七峰

梁掛けに遺品となれり夏帽子/上田五千石

玉葱や遺品の中に芽吹きゐて/立木青葉郎

山茱萸や近衛家遺品寂びにけり/那須乙郎

水澄んですんで遺品の琴の爪/大木あまり

亀鳴くややがて遺品とする小箱/朝日彩湖

これ一つ父の遺品は黒マント/古賀まり子

海鳴りも遺品のひとつ石蕗の花/三森鉄治

梅雨兆す魯迅遺品の黒かうもり/細見綾子

ほほゑみといふ遺品あり十二月/黒田杏子

遺品少なし牧師夫人の五月の死/須佐薫子

キヤラメルの箱も遺品や熊楠忌/西本博子

体臭なきいくさの遺品冷ゆる汗/玉城一香

俳句例:61句目~

霜月や母の遺品に祖父の太刀/野々村/紫

妻の遺品ならざるはなし春星も/右城暮石

鴎外遺品見て出て雁を仰ぎけり/菖蒲あや

遺品そのまま紺朝顔の殖ゆるまま/福田蓼汀

ががんぼの一肢が残り遺品の書/榎本嵯裕好

籐椅子の籐ほつれゐる遺品かな/滝川ふみ子

遺品みな粗なるがいとし一葉忌/竹内万紗子

ゆりかもめ「戦線文庫」遺品なし/攝津幸彦

父が遺品の梨地の時計文化の日/中村草田男

ぼつぼつと遺品の整理日脚伸ぶ/松本つや女

遺品手にしてはつまづき冬支度/新田記之子

祖母よりの父の遺品の褞袍干す/矢口由起枝

遺品あらんかと出水の樹枝くぐり/福田蓼汀

遺品あり岩波文庫『阿部一族』/鈴木六林男

黴させてならぬ遺品のあることを/稲畑汀子

遺品のピッケル黒光りして夏兆す/伊藤よう子

日盛りをゆくふところの遺品かな/鷲谷七菜子

花野ただよふ音は遺品のオルゴール/仙田洋子

つつみあましはためく母情セルも遺品/香西照雄

遺品見る片方のみの登山靴/山岸修「かつらぎ選集」

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました