ミサを使用した俳句

俳句例:101句目~

夕弥撒や扉に花蕎麦の白挟み/大岳水一路

夕鰺を割く手早さよ弥撒了へて/鷹野清子

子がわめく弥撒は親しも黄葉季/堀口星眠

少年の侍者をつとめるミサ涼し/賀来楪子

山の星ともしび凍るミサに侍す/相馬遷子

島原のミサもどりなり紫蘇摘女/本多静江

弥撒うかゞふ恥の己れの汗の胸/小林康治

ミサの鐘鳴る花の枝を鳥移り/冨田みのる

弥撒の鐘とどく古書街源義忌/児玉真知子

弥撒了へて軽羅少女ら泡の如し/小池文子

弥撒果てし汗ぬぐふ老婆胸皺み/小林康治

春の燭ミサのこだまと共に揺れ/山本歩禅

春の雷弥撒の灯奪ひとどろけり/小西藤満

春寒のミサのこだまの天より来/山本歩禅

月の出の蛙らさわぐわが黒弥撒/高柳重信

汚い芝生頭上にミサの歌つゞき/横山白虹

浦上の弥撒に出会えり薔薇の雨/山下/菅

燦々とステンドガラス彌撒始/阿波野青畝

燭足して冬夜のミサの続きけり/西村和子

珊瑚樹の花炎えミサを荘厳す/下村ひろし

俳句例:121句目~

白露かなミサの歌ごゑ昂ぶるに/笹沼秀夫

真つ白なブラウス復活祭のミサ/都筑智子

絵硝子に冬日の咲ける葬儀ミサ/大石悦子

聖堂にミサのなかりし夜寒かな/奥田智久

聖歌彌撒に汝が声を聴く秋冷か/内藤吐天

肩ひろき牧夫と並ぶ聖夜弥撒/大森三保子

船で来し通ひ神父や初の弥撒/和久田隆子

花冷えの高さ揃はぬ弥撒の椅子/中尾杏子

ミサのコーラス春月は星連れて/庄中健吉

ミサの鐘すでに朝寝の巷より/阿波野青畝

ミサの鐘四方春嶺となりひびく/村越化石

薫風や自転車で来て朝のミサ/八木マキ子

ミサ帰り田廻りするも早苗月/下村ひろし

蛙鴨く水田もそこに婚儀ミサ/下村ひろし

リラの雨匂ふ夕べや弥撒の刻/坪井かね子

一つづつ点き聖夜ミサとなる/水田むつみ

丘にながれる弥撒の圏外/羽抜鶏/穴井太

働いて来し手の組まれ聖夜ミサ/小谷伸子

凧の尾のちらりと見ゆる朝の彌撒/石寒太

障子窓白く聖夜の弥撒を待つ/古賀まり子

俳句例:141句目~

雀の国の雀のミサにまぎれこむ/夏石番矢

初ミサのパイプオルガン美しき/堀口婦美

初ミサやヨゼフに白き梅を供し/景山筍吉

初ミサや妻子率て行く道たのし/景山荀吉

頑として日焼けてミサの燭守る/平畑静塔

初弥撒に君の座のあり君の亡く/依田明倫

初弥撒に異邦の女としてありぬ/仙田洋子

絵硝子の初日に頬を染めてミサ/水田むつみ

聖旗風に大彌撒を待つ梅雨焚火/下村ひろし

深夜ミサより戻り来て聖菓切る/山内しげ子

深夜ミサ終へし人らに冬の月/丸山よしたか

旅の身の着ぶくれ參ず聖夜ミサ/小原菁々子

初弥撒やオルガン弾きの固き襟/辻前冨美枝

蕎麦の花ミサの鐘鳴るところまで/奥野桐花

彌撒のあと遅日の火山くゆり立つ/堀口星眠

草なべて露さづかるは彌撒めくも/朝倉和江

夜の弥撒に急ぐ雪沓きしませて/相沢有理子

後の月ニコライ堂に通夜の弥撒/原田しずえ

白南風やハングル文字のミサ告知/田口風子

初彌撒の木彫りのマリア足小さき/岡本恵子

俳句例:161句目~

初彌撒や祷りのほかの灯は消され/鷹羽狩行

ミサのあと遅日の火山くゆり立つ/堀口星眠

草いきれ共に入り来る弥撒の席/山田ひさし

春の蟻彌撒のぞかむと樹をのぼる/大島民郎

こほろぎや尼が来て消すミサの燭/相馬遷子

クロッカス苑に咲き満つ朝の弥撒/羽田岳水

ゆきずりの初弥撒の塔暁けゆけり/二松斐子

初弥撒や荒野へかへるみそさざい/加藤楸邨

ありまきのミサ妨げず蟻ゆきき/坂口かぶん

粧ふには顔冷えゐたりミサ了れり/津田清子

紅葉且つ散つて浦上二番ミサ/野見山ひふみ

納め彌撒角燈提げておくれ来る/下村ひろし

初弥撒や落葉松はみな直ぐなる木/石田勝彦

初弥撒やイエスは常のごとく痩せ/片山白城

朝のミサ声掛け合えば白き息/ほりうち紗知

初ミサを聴くぬるき炬燵に顔のせて/西垣脩

初ミサへ黒き裳あげて舟に乗る/下村ひろし

露の聖堂夕彌撒の燈をともしけり/内藤吐天

野外弥撒犬は穂草に伏して待つ/藤井寿江子

金盞花咲く畦来るは弥撒の漁夫/古賀まり子

俳句例:181句目~

ワイン瓶抱きて扉を出づ聖夜弥撒/澤田緑生

永き日のミサ普段着の人ばかり/片山由美子

ミサ捧ぐ耳に蝉取る子等の声/丸山よしたか

流氷声なく夕日の弥撒へ急ぐなり/中村還一

弥撒の子の放ちし蜻蛉堂にまふ/山野邊としを

月を来し弥撒のヴェールの下金髪/中戸川朝人

消えたるは点けあひ原爆聖火ミサ/千代田葛彦

初弥撒ははなればなれにすわりけり/仙田洋子

ミサ寄せの法螺貝に江の鰡も跳ぶ/下村ひろし

ミサの座に手毬まろばせ子も侍る/下村ひろし

マ口ニエの花わたり来るミサの鐘/水上美代子

童女来る弥撒のべールを雪除けに/下村ひろし

ふらここに静けさもどる弥撒の刻/池/登志代

げんげ束足下に置きてミサ始まる/加藤かけい

ミサに来て生姜市にもまはりけり/戸塚千代乃

弥撒にゆく母のマントにつつまれて/津田清子

ミサ終へて憩ふベンチに木の実降る/中島きぬ

弥撒の堂露のはたはた越えゆくよ/水原秋櫻子

彌撒にゆく母のマントにつつまれて/津田清子

輪ゴム落ちてをり元日の弥撒のあと/須並一衛

タイトルとURLをコピーしました