罪を使用した俳句

罪に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

罪を含む俳句例

氷裡の波親鸞已来罪の鉤/竹中宏

更衣みづから織らぬ罪深し/園女

暖かに着て罪深し御忌小袖/草阜

人のなす罪より低し雲の峰/一茶

今迄は罪もあたらぬ昼寝哉/一茶

稲雀罪と思はず稲を食ふ/茨木和生

夕立や我罪ゆるせ天つ神/寺田寅彦

罪ふかき小袖の下の紙衣かな/管鳥

蛍よぶ女は罪の聲くらし/松瀬青々

妙齢の逝けるは罪や碇星/佐野鬼人

前の世の罪許されて二人静/檜紀代

刑冠の上の罪標秋の風/野見山朱鳥

花束に埋れ罪障なきに似る/三谷昭

花の雨ことしも罪を作りけり/一茶

瓜の花密通の罪今あらず/辻田克巳

火取虫書よむ人の罪深し/正岡子規

少年の罪の数ほど椿落つ/前田好美

山寺や酒のむ罪の蝿辷り/正岡子規

三ヶ日夫の罪障計算す/上野さち子

上手ほど罪おそろしき鵜縄哉/多少

俳句例:21句目~

鉢叩經しらぬわが罪深し/正岡子規

杜若切リすて罪と罰を戯る/仁平勝

滅罪の寒の夕焼法華尼寺/津田清子

滅罪の国分尼寺跡桃清ら/細見綾子

庵の夜や寝あまる罪は何〆目/一茶

罪一つ風船葛割りしこと/福神規子

蟻つぶす罪も加えし夜の畳/花谷和子

滅罪に来しか山鳴り青青と/和田悟朗

おそろしや寝あまり夜の罪の程/一茶

虹の中籠負ひ戻る罪ある如/岩田昌寿

花の昼罪量りゐる閻魔堂/山口超心鬼

背信の罪軽からず冬の虹/稲垣きくの

己が罪匿すにも似て火を埋む/松永珠

耕さぬ罪もいくばく年の暮/小林一茶

しら露やあらゆる罪のきゆる程/一茶

平穏は罪のごとしや鳥渡る/田部谷紫

羅にただよふ罪の匂ひかな/小林康治

罪障の消ゆ如流るお札かな/関谷嘶風

罪ありしは桃色時代七変化/香西照雄

金柑の罪浄めつゝ花ひらく/攝津幸彦

俳句例:41句目~

指輪失う罪は夏至光砂利の山/渋谷道

身の罪を水に流すか流燈會/正岡子規

秋天下軽き罪持つ少年よ/成瀬正とし

何か罪犯せるごとし昼寝覚/大熊虚阿

雪月花美神の罪は深かりき/高屋窓秋

傾城の罪をつくるや紅の花/正岡子規

身の罪を水に流して流燈會/正岡子規

鶺鴒や罪なき石を叩きけり/保坂リエ

光なき卯浪が晒す斬罪岩/下村ひろし

明易や愛憎いづれ罪ふかき/西村和子

六月や太夫となる身罪深し/正岡子規

一藩の罪を脊負ひし墓の秋/白川朝帆

春暁や罪ほの暗く胃に残る/横光利一

毛虫焼く生殺の罪覚えつつ/高木克朗

春雷や妻を欺くは罪ならず/青木重行

アネモネや罪なき母の罪深し/皆川燈

一隊の罪があかるし夜の原/阿部完市

昼顔や罪のかたみの影法師/二村典子

法華寺の減罪の凍て畳より/井沢正江

触れて罪許さるるかに夏薊/荒木洋子

俳句例:61句目~

名月や芋ぬすませる罪深し/正岡子規

暮春にて表紙の赤き罪と罰/福谷俊子

米蒔くも罪ぞよ鶏がけあふぞよ/一茶

曼珠沙華わが満身に罪の傷/木下夕爾

田を植えるいち人の罪静かなり/徳弘純

秋の夜の酒諫めしは罪なりしか/岡本眸

罪とは何夏手袋に聖書耀る/秋元不死男

罪なうて配所の月や佐渡生れ/榎本其角

いまは人妻藁塚に罪一つ秘め/鈴木正治

かすみ草と霞/法華滅罪之寺/阿部完市

罪の不安夕焼けの影みな森と/加藤楸邨

がゞんぼや筆走らする罪深し/清水基吉

罪の如ストマイつんぼ草蜉蝣/石田波郷

罪の掌に聖書は重し冬の虹/成瀬櫻桃子

罪の重さが額づくときの草いきれ/楸邨

罪もうれし二人にかかる朧月/夏目漱石

罪もなき姥が出立や花ざかり/服部嵐雪

罪もなき配所に秋の暮かゝり/正岡子規

罪一つ増えし春暁雨に覚め/田川飛旅子

罪深げにも仏手柑の指の先/後藤比奈夫

俳句例:81句目~

罪障のごとしその根の落椿/橋本多佳子

老いゆくを罪と思はず百日紅/横山白虹

苔の花々一つの罪を祝福す/八木三日女

茎のぼる毛虫黄色い罪持つて/今村/祐

やぶ入りや罪つくりたる文ひとつ/素丸

やわらかき罪重ねいる八重桜/松本恭子

わが罪はわが前背より日雷/中村草田男

わすれな草咲く畦道も斬罪址/沼澤石次

落花生喰ひつゝ読むや罪と罰/高浜虚子

遍路宿白衣ならぬは罪めけり/影島智子

雁瘡を罪あるごとく隠しけり/岡田久慧

雪囲罪晴れしごと解かれけり/政二廣志

鵜川原に滅罪の石積みありし/松井利彦

偸安や罪負ふごとく地蟲出づ/小林康治

僧の老の鳴子引く罪後世近し/正岡子規

光得れば囀りも得ぬ罪無き如/香西照雄

冬日中鮟鱇吊られ罪あるごと/小林康治

冬薔薇や聖書に多き罪の文字/原田青児

冬銀河罪負ふごとく徹夜稿/橋本美代子

凍て湖に焚火せし罪測られず/津田清子

タイトルとURLをコピーしました