水底を使用した俳句

水底に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

水底を含む俳句例

水底に集り聖霊会/辻桃子

夕蝉や水底色に神の道/春樹

名月や水底濁す四つ手網/亀柳

水底に都先帝祭の雨/川本柳城

夕立や水底遡る渓蛙/飯田蛇笏

ゆら~と水底浅き種俵/志波彦

題や蛙心の水の底くぐる/自鶴

山吹や金のすたる水の底/我則

花曇り田螺のあとや水の底/丈草

水底も秋経し色や初なまこ/野坡

水底も秋ふる色や初なまこ/野坡

春水の底の蠢動又蠢動/川端茅舎

水底に青砥が銭や今朝の秋/召波

水底を水の翳ゆく桜蓼/根岸善雄

水底に見ゆ踏石や青嵐/川端茅舎

水底に角の整ふ新豆腐/戸倉完二

水底に昼夜を分ち冬の鯉/桂信子

鶺鴒の水底歩く池普請/塩川祐子

水底の草も花さく卯月かな/梅室

水底の海鼠にあたる海鼠哉/買明

俳句例:21句目~

南風は水面を吹けり水底も/鷹女

水底に青き太陽風薫る/吉原文音

水底にの影さす春日哉/正岡子規

水底も紅葉を急ぐ桂郎忌/神蔵器

水底に花片沈む夕かな/角田竹冷

紅梅や水底にある昼の闇/原田青児

水底に押し返されて箱眼鏡/小島健

秋雨や水底の草を踏みわたる/蕪村

水底の影も流れて桐一葉/小原啄葉

水底に風見る海松の戦ぎかな/蝶酔

短夜や水底にある足の跡/村上鬼城

水底の影は柔らか枯蓮/成瀬正とし

睡蓮や妬心納める水の底/薦田伸子

生はさびし秋水の底石うごく/林翔

滝壺といふ空の底水の底/吉年虹二

よく見れば小鮎走るや水の底/吟江

湧き水の底の乳いろ山桜/矢島渚男

水底に毬藻揺れゐむ糸蜻蛉/松本進

一丁の斧水底に山ざくら/齋藤愼爾

水面より水底まぶし水馬/久保久香

俳句例:41句目~

一杯の水の底へと桜散る/対馬康子

水底に泥のかぶさる月の村/桂信子

八重山の秋風通ふ舟の底/黒田杏子

水底に鯉の道見え秋暑し/伊勢芳子

水底の紅葉水面の冬もみぢ/岡本眸

山吹はさかで蛙は水の底/上島鬼貫

水底の岩に落つく木の葉哉/丈/草

天の川水底黒き阿賀流る/荒井/薫

夜桜の水底に見ゆ高台寺/松尾初美

水底は卯月明りや鴎の死/中村苑子

春水の底明るみて生くるもの/雷子

木枯や海女の足裏水底に/横光利一

水底に聡きゐる桜桃忌/ほんだゆき

水底に芽ぐむものあり初日出/紅緑

水俣の空の水底ガーゼ浮き/穴井太

水底に足跡が澄む雁渡し/今瀬剛一

水底に落梅七つ八つ日暮/工藤義夫

水底の砂も小春の日なたかな/梅室

水底に紅鱒の影秋めきぬ/中條睦子

水底の石を数へて年新た/澤村昭代

俳句例:61句目~

水底に隠し絵ひかる蜷の道/藤井和

山陰や月さす水の底暗し/正岡子規

水底に緑蔭深く重ねあり/高木石子

鶏白し暑く静かな水の底/飯田龍太

水底にものの双葉や初泉/綾部仁喜

水底に空の広がる花筏/小瀬貴美子

表面に水底があり水澄める/上野泰

蜩や水底に畦澄むが見ゆ/加藤秋邨

虹鱒のその水底に旅の影/斉藤夏風

水底に倒木透けり水芭蕉/高澤良一

茜雲散り水底の蛇の屍よ/松村蒼石

水底の影をこはがる蛍かな/真久妻

水底の石のゆらめき山笑ふ/長谷川櫂

うすらひの歪む水底雑光る/田中英世

かけ橋や霧の底より水の音/正岡子規

かけ橋や霧の底行く水の音/正岡子規

水底の砂あたたかき野菊かな/中田剛

水底の砂の涼しく動くかな/長谷川櫂

水底の老いたる草に稲妻す/中里麦外

水底の草炭十尋水澄めり/中戸川朝人

俳句例:81句目~

水底の藻屑を覚ます稲光/藤井寿江子

水底の蟇に風浮く花のころ/飯田龍太

水底の豆腐の白さ寒の入り/小谷武生

水底のの触れあふ青葉光/ほんだゆき

水底の鯉を濡らして冬の雨/今瀬剛一

わが顔を水底に見し寒さかな/杉本寛

水底へ亀が引き込む花の屑/天野小石

水底もまた木枯の日曜日/高野ムツオ

水底も晴れてぞ春の海月行く/有働亨

二つ折れせり水底の朴落葉/茨木和生

水底も暮天のあをさ流灯会/片田千鶴

今投げし団栗ならず水の底/依光陽子

水底を亀があるいて神の留守/桂信子

冬ざれや溜桶に水底つくも/石川桂郎

水底を影遅れゆく流し雛/藤原たかを

冬麗の水底遠くおもはれて/松村蒼石

水底を戻りしおもひ昼寝覚/朝倉和江

水底を水の流るる寒露かな/草間時彦

寒鯉やむら胆据ゑて水の底/石塚友二

山吹や水底見こむ馬の上/伊賀-石推

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました