水鏡を使用した俳句

水鏡に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

水鏡を含む俳句例

神謀りゐる十月の水鏡/原裕

夏兆す杉の吉野の水鏡/原裕

秋涼し木に上る水鏡/沢木欣一

若蘆や伊勢の日影の水鏡/淡々

誰がための秋天を置く水鏡/裕

青鷺の八頭身を水鏡/高澤良一

蛎むきや我には見えぬ水鏡/其角

下萌のこゝに佇み水鏡/高木晴子

出女や水鏡見るところてん/木導

早乙女や朝澄む小田の水鏡/瓢子

花筏とぎれて花を水鏡/岩田由美

水鏡して炎天はいづこにも/原裕

涸れ残りたる水鏡暮れ残り/耕衣

蠣むきや我には見えぬ水鏡/其角

誰がための秋天に置く水鏡/原裕

達磨忌や自剃にさぐる水鏡/其角

青桐の實の霜枯れて水鏡/竹田節

笛方の涼しき袖を水鏡/小原芳子

いちはやく秋夕焼の水鏡/東野昭子

蜻蛉生れ阿蘇千枚田水鏡/小浜光吉

俳句例:21句目~

蜻蛉のおのが影追ふ水鏡/星野立子

夏草のひとり花ゆれ水鏡/上島鬼貫

夏蝶の葉陰に揺るる水鏡/坂内恒郎

苗代の秋田こまちに水鏡/高澤良一

水鏡かの家にいまも桐一葉/上村占

美人老て疎影の痩を水鏡/椎本才麿

水鏡はなれて蓬原のあり/柿本多映

睡蓮や鬢に手あてて水鏡/杉田久女

水鏡割つて着水飛来鴨/石井いさお

秋風に嶽の日は金ン水鏡/石原舟月

水鏡見てやまゆかく川柳/田捨女/

水鏡してゐる如き鹿涼し/岩崎照子

水鏡見るそだちなし蜆取り/千代女

貌鳥や消えては戻る水鏡/平川雅也

郭公にこだま白樺に水鏡/宮津昭彦

水鏡ゆるがず山女癇走る/中戸川朝人

秋立つと知らずや人の水鏡/正岡子規

春灯も吾も沈み行く水鏡/水田むつみ

渦笑窪消え水鏡寡婦に冴ゆ/香西照雄

無花果に水鏡して水急ぐ/百合山羽公

俳句例:41句目~

蝌蚪増ゆるまで紺青の水鏡/滝谷泰星

水盤をめぐりて猫の水鏡/本田あふひ

静けさは子の水鏡われ秋思/中村明子

蛇穴を出てまつさきに水鏡/鳥居真里子

滝となるまでせせらぎの水鏡/野中亮介

行く春や道にいくつも水鏡/河原枇杷男

水鏡鮎澄むほどに吾も澄みぬ/太田鴻村

水鏡拭いさりたき老いがあり/宇川啓子

雉子鳴くや窪田にあをき水鏡/岡田貞峰

化粧して蛇に魅入られな水鏡/筑紫磐井

夏薊に水鏡したる醜婦かな/長谷川かな女

さざれいし陰より落つる潮水鏡/夏石番矢

蝶昏れて水鏡に棲む貌ひとつ/河原枇杷男

海苔掻きや伊勢越の海人の水鏡/正岡子規

水鏡暗し天に繁るは何ならん/河原枇杷男

水鏡してあぢさゐのけふの色/上田五千石

水鏡きさらぎはまだ森のなか/井上たま子

山女走せをり水鏡ゆるがさず/中戸川朝人

ワーグマン忌の水鏡にて鮟鱇顔/中戸川朝人

をだまきに水鏡侍す晶子の忌/鍵和田ゆう子

俳句例:61句目~

水鏡見るがごとくに藺を植うる/吉富平太翁

藺を伝ひ生るる蜻蛉に水鏡/松本たかし「火明」

タイトルとURLをコピーしました