洗うを使用した俳句

洗うに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

洗うを含む俳句例

山川に洗ふ仏具や鰯雲/舟月

浅漬の大根洗ふ月夜哉/俊似

雨の中泥手を洗ふ/尾崎放哉

鸛や葱洗ふ川を踏わたる/古貢

街道に大根洗ふ大盥/富安風生

二股の大根一方づつ洗ふ/柏禎

傾けて洗ふ俎始かな/保坂リエ

岩肌を洗ふ夕波冬の雁/前野泉

藻の花や物洗ふ程水の隙/梧月

芹洗ふ流のなかが暖かし/汀女

芋洗ふ流の末や桂川/角田竹冷

夕蛙農婦足もて足洗ふ/森干梅

舷に顔洗ふ人や今朝の秋/瀾水

水鳥や舟に菜を洗ふ女有/蕪村

筋違橋江戸芋洗ふ今日や月/在

七福の一福願ひ銭洗ふ/杉本寛

古社宅障子十三枚洗ふ/山田弘子

朝川の薑を洗ふ匂かな/正岡子規

牛洗ふ角をつらねし広島忌/原裕

髪洗ふ夫が何か割りし音/南/水

俳句例:21句目~

兩側に大根洗ふ流れ哉/正岡子規

送行や白波洗ふ柳の根/山本洋子

夕月に大根洗う流かな/正岡子規

牛洗ふ人の声聞け宵祭/加舎白雄

夜も流る雲の分身髪洗う/原和子

震災忌大鉄橋を波洗ふ/松村蒼石

滝水で百人前の鯉洗ふ/中川飛梅

朝寒や青物洗ふ高瀬川/村上霽月

発掘の陶片洗ふ天高し/坂本宮尾

雪解や湖舟に洗ふ旅硯/西島麦南

黄梅の弾ねる風下筆洗ふ/菅裸馬

行く春や腸洗ふ水の味/正岡子規

川上で菜を洗うたぞ月の影/智月

初嵐仔犬捨てきし手を洗ふ/昌寿

平日や百姓半裸で鯛洗う/山口伸

表より貝洗ふ音夏座敷/安井常人

年々や硯を洗ふ墨の滓/佐藤紅緑

芋洗ふ女に月は落ちにけり/言水

手術後の初の入浴髪洗ふ/新純子

春寒や腸を洗ふ如き雲/石橋秀野

俳句例:41句目~

墓洗ふ向う滴る唐沢山/高澤良一

明朝に切る髪洗ふ丹念に/遊/菜

荒塩と酒もて洗ふ父の墓/下田稔

茎石洗ふ笛吹川の白水泡/中拓夫

倫理学日永一日足洗ふ/攝津幸彦

花の雨三十万の墓洗ふ/影島智子

春の川媼来りて箸洗ふ/柿本多映

物洗ふ七夕川の濁り哉/正岡子規

志存して洗ふ硯かな/池上浩山人

髪洗ふ女百態その一つ/高浜虚子

夜も流る雲の分身髪洗ふ/原和子

両岸に大根洗ふ流れ哉/正岡子規

舟屋口洗ふ波音初月夜/久保峰子

沛然と雨送火の夜を洗ふ/今村青

汗臭き手拭洗ふ清水哉/正岡子規

門川や机洗ふ子五六人/正岡子規

羽洗ふ鴬も見ゆ帋屋河/高井几董

大釜の米押し洗ふ春の暮/岡本眸

太液に水晶瓶を洗ふ秋/寺田寅彦

牛洗ふ角をつらねて広島忌/原裕

俳句例:61句目~

柊の花柊の葉を雨洗ふ/石川桂郎

枯木山顔も洗面器も洗ふ/小澤實

小灯に葱洗ふ川や夜半の月/召波

木犀や桐生古町洗ふ雨/伊藤犀人

担ぎ出し洗ふ大樽波の華/下田稔

朝鵙や吾健康の顔洗ふ/羽村佳川

馬洗ふ人夕顔に動きけり/籾山柑子

餅米を洗ふ三代同じ井に/大熊輝一

颱風の打つ面伏せて墓洗ふ/及川貞

顔洗ふ虻の寐覚や花の露/滝川愚仏

顔洗ふ盥に立つや秋の影/夏目漱石

顔洗ふ水のかたさよ冬隣/手嶋千尋

浮世絵の女は長き髪洗ふ/松尾静子

春浅し海の音する貝洗ふ/弓木和子

神饌となす米洗う紅葉川/西島民江

顔洗ふ水しまりゆく初鴉/水谷文子

顔洗ふ千両のある三ヶ日/藤村克明

顔洗ふ仕草幾たび冬の蠅/高澤良一

帰港せし漁船を洗ふ朝桜/甲斐遊糸

胃洗うて病院桐の秋濶し/飯田蛇笏

俳句例:81句目~

雪袴腰のふくらみ菜を洗ふ/森澄雄

新宿を夜の雨洗ふ西鶴忌/大嶽青児

北山の風に酢茎の樽洗ふ/中田幸子

浪花の娘京の娘に餅洗ふ/野中穂浪

鍋洗ふ女房見よや春の鳥/岡本松浜

象洗う水のかがやき夏来る/森正美

錦秋の片腕洗ふ人さらひ/攝津幸彦

南海の孤岩を洗ふ初景色/相馬秀世

銭洗ふ真暗闇に去年今年/田村恵子

新緑の島根を洗ふ濤の段/西島麥南

銭洗ふ新笊抜ける寒の水/村井信子

追憶の一齣苦し墓洗ふ/服部喜久子

呉橋や若菜を洗ふ寄藻川/夏目漱石

味噌漉を洗ふ汀や蓼の花/寺田寅彦

命得て一筋ごとに髪洗ふ/三好潤子

浦安や子供が洗ふ夜の墓/細川加賀

浅間全貌青麦の波裾洗ふ/西村公鳳

軍鶏の篭洗ふ少年麦の秋/坂本孝子

啓蟄の虫も殺さぬ顔洗ふ/華明日香

馬遠し藻で陰洗う幼な妻/金子兜太

タイトルとURLをコピーしました