洗うを使用した俳句

俳句例:101句目~

高階に硯を洗う鈴の空/鈴木六林男

象谷や春の祭のもの洗ふ/大石悦子

詩の舟や硯を洗ふ春の水/会津八一

解禁の鮎の流れに顔洗ふ/椛澤田人

西に富士東に筑波芹洗ふ/大島竜子

蜩やてんでに洗ふ遍路杖/稲荷島人

麦秋の夕べ水路に物洗う/宮田祥子

洗ひ場に洗ふ鍋釜水温む/小崎/緑

黒潮の人にもなり髪洗う/中村竹子

春暁の湖に皿洗ふ厨かな/飯田蛇笏

泥牛を洗ふ神社の水貰ひ/藤谷知子

支笏湖の波桟橋の雪洗ふ/茨木和生

山吹に古衣洗ふをとめ哉/正岡子規

上京や友禅洗ふ春の水/河東碧梧桐

下萌やふなべり洗ふ繩箒/永井龍男

蕪洗ふ男がひとり湖の縁/関戸靖子

墓洗ふ女はなやぐ西日中/杉山岳陽

墓洗ふ島の乏しき水使ひ/前田白露

春の風貝洗ふ手を波洗ふ/三船魯帆

葱洗ふ水が力の音立てて/河野南畦

俳句例:121句目~

菜を洗ふ婆日本の一番底/今瀬剛一

荒縄で手足を洗ふ蓮根掘り/館容子

さらば夏の光よ男匙洗う/清水哲男

草枯や土鍋を洗ふ化粧井/正岡子規

下駄洗ふ音無川や五月晴/正岡子規

苔桃の咲く辺に朝の顔洗ふ/朝妻力

信長忌大鍋洗ふ古戦場/長谷川郁代

牧の馬洗ふ高麗川秋高し/山本敦子

墓洗ふ生涯母の声知らず/野瀬久嘉

墓洗ふ肩に囁く彼岸西風/巌谷小波

かささぎや葱洗ふ川を踏渡る/古貧

振袖をしぼりて洗ふ硯哉/正岡子規

墓洗ふ露の鶏頭応へをり/小林康治

花に熱日曜の血を洗ふ父/攝津幸彦

からつぽの筍飯の釜洗ふ/白石順子

凝脂洗う雨の白鷺乱また乱/隈治人

昼顔や手創を洗ふ女武者/寺田寅彦

半夏生猫は片手で顔洗う/村井和一

波は洗ふ舷側砲の氷柱哉/寺田寅彦

庭裾を洗ふ潮や十三夜/大木さつき

俳句例:141句目~

夕月に大根洗ふ流れかな/正岡子規

法名の無き青邨の墓洗ふ/小島左京

墓にかけ余りし水で顔洗う/上月章

河豚洗ふ水のにごりや下川原/其角

こき~と海鼠を洗ふ鰯雲/萩原麦草

河口の潮ぶつかけ洗ふ鰹船/瀧春一

芋洗ふ人より先に垢離とらん/去来

夕臥せば寒厨に菜を洗ふ音/桂信子

岬鼻を黒潮洗ふ椿かな/深見けん二

春霰や刃物を洗ふ山の水/平川美架

船洗ふ真水のしぶき鰆東風/中拓夫

井戸端や初茸洗ふ二三人/正岡子規

夜寒さの皿洗ふ音山中に/野澤節子

夜汽車にも春は曙顔洗ふ/鈴木鷹夫

大夕立足尾の赤き山洗ふ/鈴木朗月

大寺の障子を洗ふ唯一人/田中裕明

大峰の桜を洗ふ瀬音かな/吉田冬葉

ざぶざぶと白壁洗ふ若葉かな/一茶

湖を叩いて洗ふ水着かな/綾部仁喜

嵐のあと短くなった髪洗う/大高翔

俳句例:161句目~

舟人の腰蓑洗ふ御祓かな/渡辺香墨

大根を洗ふ手に水従へり/高浜虚子

怖ろしや秋刀の剣洗ふ妻/辻田克巳

湖に障子を洗ふ人数かな/佐藤梧林

沈丁花夜の風塵の顔洗ふ/中島斌雄

その道の人か利休の墓洗ふ/森田峠

鶯のちかづく母の墓洗ふ/松村蒼石

鯉洗ふ立夏の水を存分に/白岩三郎

胡桃洗ふ水流の村婆多し/桜井博道

老農の洗ふ眼鏡や春埃/中村草田男

患者食済みし春昼箸洗ふ/高澤良一

悲しみの諦めとなる髪洗ふ/上野泰

体温や筍掘つて手を洗ふ/石川桂郎

大蕪しろじろ洗ふ夢の母/松村多美

島の舟洗ふ杓あたらしき/桑原志朗

大雨が洗ふ札所の樟若葉/新田祐久

群牛の丸ごと洗ふ大夕立/桝原民男

水音の芋名月の陰洗ふ/佐々木六戈

髪洗ふ落著く迄の二三日/稲畑汀子

米洗ふ水がうすまる秋の冷/角光雄

俳句例:181句目~

髪洗ふ沼の乙女や菱の花/片岡奈王

気短な父の遺伝子墓洗ふ/中谷愛子

笊洗ふ雫うつくし七五三/山本洋子

立春の蛇口全開菜を洗ふ/半田順子

歳晩やトラック滴るまで洗ふ/誓子

稲妻が磨き山雨が洗ふ杉/田中暖流

秋水を一掬ひして銭洗ふ/川崎慶子

神還りませ波洗ふ大鳥居/高木晴子

硯洗ふ良寛自得自在たり/田中水桜

姉川の入日みだして蕪洗ふ/川勝春

硯より心を洗ふ一苦労/後藤比奈夫

真向うに白山颪菜を洗ふ/白井新一

白菜洗ふ一切洗ふ女の手/中村明子

白桃を洗ふ誕生の子のごとく/林火

友の骨洗ふ波かも桜貝/小佐田哲男

正月や昨日と同じ顔洗ふ/土屋春吉

橙の実る岸辺に舟洗ふ/椙本千代子

病床の黒髪断ちて髪洗ふ/庄野禧恵

宿とりし人杖洗ふ春の水/高田蝶衣

畦川の水を掴みて芹洗ふ/久保乙秋

タイトルとURLをコピーしました