回廊を使用した俳句

回廊に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

回廊を含む俳句例

回廊は石の回廊花薊/塩川雄三

爪先で歩く回廊忘れ雪/飯田克子

回廊を落葉の走る大雄寺/高橋静女

回廊を蟹の走れる巌島/御子柴光子

回廊の下に薪積む十夜寺/関根悦子

木菟鳴くや回廊長き坊泊/石丸恭子

回廊の終りは烏揚羽かな/柿本多映

回廊に回廊を継ぎ萩の風/高澤良一

回廊へ河豚泳ぎくる巌島/鈴木厚子

回廊に潮の匂へる煤払ひ/鈴木厚子

回廊を潮路を点し神迎え/宮城踏青

回廊のはやき日暮れの棗の実/中田剛

回廊をひた駆く勝者玉取祭/山田弘子

回廊の音を観てゐる夏の蝶/久保筑峯

回廊に潮引いてゐる猿回し/山田弘子

回廊の長き余寒を渡りけり/石原正恵

回廊をめぐる足音も十三夜/黛まどか

喜多院の回廊軋む花の冷え/島田ヤス

久遠寺の回廊長し余花の風/乾佐和子

回廊の風に逃げゆく落し文/杉村昌信

俳句例:21句目~

大松明回廊かけて鬼やらふ/平松公代

寒牡丹長谷の回廊雲に延び/長谷川翠

嶺々を回廊にして鷹渡る/上澤樹實人

朗々とわたる紅葉の回廊ぞ/高澤良一

踏めば鳴る回廊涼し時国家/上田博子

醍醐寺の回廊に浴ぶ花吹雪/浜崎晃子

回廊のなかほどにして夏の色/岡井省二

回廊に物乞ひとゐる驟雨かな/根津芙紗

回廊の軋む音してつつじ燃ゆ/関ただお

はたた神海に回廊あるごとし/佐川広治

回廊にのこる火の香や春の月/花輪玲子

回廊に円座干しあり神の留守/阿部夕礁

回廊に古米の干され大乗寺/野上智恵子

朝の偈を待つ回廊に小鳥来る/熊田鹿石

回廊に巫女の風立つ淑気かな/池元道雄

回廊に汐満ちくれば鹿ぞ啼く/山口素堂

かがよへる水の回廊あめんぼう/高澤良一

回廊に消えゆく蝶の匂ひかな/渡部伸一郎

回廊を鹿の子が駆くる伽藍かな/山口誓子

回廊の高さに遊ぶゆきぼたる/堀北/久子

俳句例:41句目~

回廊の木目たちたる白露かな/喜多みき子

回廊の何處に立ちても冴返る/佐々木六戈

みかへり如来へ回廊くらむ青楓/横山房子

陰茎輝く鰐となり/回廊を歩く/星永文夫

千年の回廊を踏む素足かな/関口恭代「帆」

雪回廊バスの巨体を呑み込めり/小野寺和子

いついつまでも出雲回廊日は落ちず/夏石番矢

うれし気に回廊はしる鹿の子かな/蝶夢「宰府紀行」

タイトルとURLをコピーしました