銀を使用した俳句

銀に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

銀を含む俳句例

紅梅やかの銀公の唐衣/貞徳

この広き丘白芒銀芒/塩川雄三

飛の銀鱗光る市場/秋川ハルミ

柊の花も蕾も銀の粒/橋爪巨籟

銀鼠色の夜空も春隣/飯田龍太

銀鼠に空の整ひ大旦/高澤良一

猫柳風に光りて銀鼠/鈴木花蓑

苔くぼに銀の水玉福寿草/静雲

月涼し銀の簪薄紙に/奥本芳枝

地は銀の暗さ春天日蝕す/朱鳥

翁草銀の絮かな祭笛/飯田龍太

夕霞乗鞍岳に銀の鞍/伊藤敬子

空蝉をのせて銀扇くもりけり/目

襟寒き絹の蒲團や銀襖/正岡子規

雪原を北狐また銀狐/天本美沙絵

銀冠の軸の青さよ翁草/沢木欣一

葉月潮又しろがねの釣れし/鯨洋

銀芒丹波山系光りけり/岩崎照子

銀燭の燦爛として菊合/正岡子規

簟名残におきし銀煙管/松瀬青々

俳句例:21句目~

銀ねずの霙の雫能登の/西村公鳳

掌に銀の影置く蓬かな/春日鳥宇

満山の銀の芒や鷹渡る/橋本鶏二

幹銀の辛夷の空を雲追ふ風/林桂

銀泥に撫子薄き扇かな/野村喜舟

白を汲む瓏銀の潮の色/茨木和生

金蝿も銀蝿も来よ鬱頭/飯島晴子

白菊にうはの空なる銀化粧/秋色

人形の手に正札や銀狐/星野立子

書写山に来て金芒銀芒/山田木染

仏名やかるい銀撰る妹が指/野坡

鼬去る銀木犀の白浄土/村上冬燕

山麓の百年の家銀木犀/坪内稔典

歳月の八十八夜銀の匙/伊藤君江

銀の肌の曇りや秋の鮎/塩谷鵜平

黒松の天梅雨づきぬ沼の銀/林翔

大夏炉銀鱗荘の主たり/高濱年尾

初旅や銀の器に洋酒入れ/小島健

太刀の銀の傷だらけなる/辻桃子

発掘の一分銀駒返る草/吉田紫乃

俳句例:41句目~

初雁や銀短冊の五六枚/野村喜舟

芭蕉布の銀糸を紡ぐ鳥曇/芝由紀

御来光銀婚の影長く曳き/広岡仁

子の夫婦銀婚迎ふ花楝/田中英子

銀屏風にうつす緑や青葉山/盧元

銀屏に魍魎あそぶ冬燈/富安風生

銀の空蝉かさね秤るかな/山本掌

銀屏に淡し愛子の柩影/伊藤柏翠

夏鹿の森の刻々銀時計/攝津幸彦

秋の蝶銀粉ちらす鞍馬山/松崎豊

稲妻の銀の眼を沖合に/高澤良一

時鳥鳴くや局の銀屏風/正岡子規

金蘭も銀蘭もまだ草若葉/浦野芳南

金塊と並ぶ銀塊秋の風/野見山朱鳥

輝きて銀狐は銀狐雪は雪/依田明倫

春昼や踏絵に残る銀の色/中川宋淵

角巻をとめたる襟の銀の蝶/上村占

秀衡道雪の日輪いぶし銀/田中英子

春近く桜の幹のいぶし銀/高澤良一

春陰の岩吹き出づる水の銀/上村占

俳句例:61句目~

一月のさよりの銀を一包み/辻桃子

祇園会や黄金の巴銀の月/大釜菰堂

銀闇に浪華の人や大文字/与謝蕪村

大伽藍跡は茅花の銀の波/小路紫峡

鯉釣や銀髯そよぐ春の風/幸田露伴

顔赤く髯銀の如き鵜匠哉/正岡子規

二月果つ虚空に鳩の銀の渦/塚原岬

亭主留守銀の太刀唐揚に/吉田ルツ

木犀の銀の十字や誕生日/巌谷小波

仁丹の銀こぼれつぐ涼しさよ/青邨

顔の熱うばふ銀板夜の秋/田中裕明

雪女郎の銀の簪拾ひたる/田中冬二

仲秋や銀の腕輪が腕締めて/辻桃子

銀鱗限りなし月の鰯雲/渡部抱朴子

義兄弟銀木犀の屋敷にて/飯島晴子

光堂かの森にあり銀夕立/山口青邨

蟻地獄月下に渇く銀の砂/花田春兆

公の湖の昏さを跳ねて銀/柏井幸子

戦華のあと金木犀銀木犀/永末恵子

慎重に銀木犀を思いたり/阿部完市

俳句例:81句目~

蜘蛛の糸葉陰にありて銀に/中田剛

冬月や銀の棲む沈没船/甲斐由起子

冬浪の銀扇の飛ぶ虚空かな/上野泰

花冷や狂女の面の裏は銀/対馬康子

冬萌や水の銀圏隆まりて/香西照雄

筐底の暗きに沈む紙の銀/日野草城

しろがねの大湖を据ゑて冬霞/柏禎

冴ゆる夜の抽斗に鳴る銀の鈴/爽青

銀無垢の茶托の翳り冬灯/中村汀女

銀扇に書きし献立女正月/河野頼人

銀婚や枯草色の毛糸買ふ/石川文子

銀婚の旅雪山の虹に入り/影島智子

銀忌妻の常着へ日の移る/松谷俊弘

銀婚の吾等の影を掛稲に/山口青邨

銀塊の夕月熊笹原照らす/岡田日郎

初東風や翡翠が嚥む銀の/堀口星眠

猫柳初心の銀と思ひけり/岩瀬良子

憂ひなし桔梗の空に銀氷河/有働亨

枯蘆のはて銀婚の影落す/古舘曹人

初鮭の荷や銀さびの夜明ごろ/素丸

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました