掌を使用した俳句

掌に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

掌を含む俳句例

百姓の掌厚し鵙猛る/飯村周子

掌に愛して見する葡萄哉/太祇

凩や我が掌のうらおもて/重信

六花清く崩れし掌/稲畑廣太郎

掌に載せ若鮎は姿よし/三好曲

岩清水掌白くむすびけり/篠原

炎帝の掌より出帆す/能村研三

掌に一滴の水を晩春/北島輝郎

孕雀慈母観音の掌に/田口一男

新涼の掌に丸薬は二つ置く/旭

失念の掌で傘握りしめ/森須蘭

掌を開けば充つる秋の声/原裕

掌を妃とおもふ秋蛍/清水径子

掌に雲の湿りや草泊/宮坂静生

掌に包む心音五月闇/島田妙子

ひとひらの掌をふる/橋本夢道

初霜や茶碗を握る掌/五車反古

掌に香りて重し夜の桃/山田尚子

ぼうたんを剪るに怺へし掌/原裕

初蛙尼には尼の働く掌/古舘曹人

俳句例:21句目~

四葩咲き夕べ疲れし掌/菖蒲あや

掌に花柚のせつゝ片折戸/泉鏡花

元日や生涯医師の掌/下村ひろし

淡雪や掌にのる程の小鳥塚/風生

寒卵夕焼にかざす掌/兼巻旦流子

掌に銀の影置く蓬かな/春日鳥宇

掌の山の一つに雪降らす/松澤昭

晩秋や両掌に挟む犬の貌/瀧春一

露涼し掌ほどの畠づくり/上村占

雪少し子は掌の日を汚す/松澤昭

掌の深みに落ちて恋蛍/行方克巳

涼しさや石握り見る掌/夏目漱石

掌に重く有明いろの春の鮒/楸邨

掌をつらぬく三筋秋の風/原月舟

掌つけば干潟の星の砂/山田渓舟

掌のうれしき窪み蛍狩/柿本多映

掌に花柚のせつゝ片折戸/泉鏡花

新米や目利かしこき掌/正岡子規

蝉鳴いて掌の中鋭くす/大井雅人

雀子や馴れて物くふ掌/正岡子規

俳句例:41句目~

秋燕を掌に拾ひ来ぬ蜑が子は/篠原

掌の熱し熱しと新茶揉む/河原好枝

友の掌のごとに温か寒卵/片山啓子

掌にのせいつくしみ貝雛/福田蓼汀

秋冷の掌に溜む化粧水/ふけとしこ

秋冷の山気にひらく掌/柴田白葉女

掌の上を悟空の走る霞かな/龍岡晋

掌の上の生命美はし桜草/阿部完市

掌の温み移れば捨てて烏瓜/岡本眸

煩悩の掌かざす火桶妻も来よ/康治

蠅打つて掌熱きまで痛む/斎藤空華

蟻地獄女の髪の掌に剰り/石川桂郎

掌に重く有明色の春の鮒/加藤楸邨

旅ゆくや初潮の穂を掌に掬び/吐天

掌に包むまだ暖かき寒卵/橋本つぎ

掌の飯粒八月尽きにけり/小田富子

爽かや掌に据ゑまつる北魏仏/楸邨

蛆虫の市場は遠い掌の焔/伊賀元一

祈る掌はひたと一枚桐一葉/林昌華

石鯛の条掌に移る朝の凪/星野紗一

俳句例:61句目~

木枯や掌に一滴の化粧水/羽田勝恵

懐炉掌に黒川村の能終る/巌谷小波

悴みし掌の鉛筆より蝶生る/穴井太

冬の掌や一筋の藁金色に/内藤吐天

初嵐石尊さまに掌を合はす/瀧春一

父母や掌重りのせし仏手柑/森澄雄

名月の子の掌に余りけり/稲葉貴泉

白の触れ合ふいのち掌に/佐野/健

掌に顔を隠して涅槃泣く/古屋秀雄

掌のくぼに新月遊ぶ枯蓮/巌谷小波

寒鮒の釣上げし掌にほの暖し/蒼石

寒卵掌にし没日の神讃ふ/石原八束

綿虫の掌に触れ白さ失へり/長田等

花の中切り札掌にし忌む/加藤郁乎

若竹の粉に触れ熱き掌/殿村莵絲子

大綿の綿おとしたる掌/尾崎よしゑ

洗ひたる硯のせ行く掌/赤星水竹居

わんぱくや先づ掌に筆はじめ/一茶

現し身の掌赤く戻る恐山/高澤良一

掌に承けて虎尾の柔かさ/富安風生

俳句例:81句目~

大綿のちぎれつきたる掌/高濱年尾

掌に拳一と打ち田起しへ/成田千空

球根の土を女の掌で叩く/古舘曹人

掌をかへして春の雨となる/日原傳

男欲し昼の螢の掌に匂ふ/小坂順子

生身魂錠剤一粒掌より逃げ/堤高嶺

新涼の掌にめづ小石かな/石井露月

実在の転び易ければ掌に釦/金井明

麗かや水に押さるゝ掌/雪中庵龍雨

香のごと享け掌の一番茶/荒井正隆

ぼんのくぼ押へし汗の掌/高濱年尾

空蝉の双掌掴みに高野槇/角川春樹

烏瓜かの日わが掌に手榴弾/白鳥峻

掌の窪に死水ほどの寒の水/齋藤玄

形代や今こそ掌より川浪へ/東洋城

掌にいと軽かりし屠蘇袋/木内彰志

逃がしやる鮒掌に涼しけれ/中田剛

化粧水掌に滴らす芋嵐/柴田白葉女

掌に独楽の回転移りたる/豊田淳応

一輪の椿をのせて仏の掌/野村泊月

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました