翼を使用した俳句

翼に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

翼を含む俳句例

鮎汲の終日岩に翼かな/蕪村

山々の大き翼や冬霞/木村敏男

天心にして白鳥の大翼/石嶌岳

察察と寒鴉の翼静臥の上/誓子

白鳥の空や白雲にも翼/鞍悦子

兜虫耳が翼の少年期/伊藤敬子

春の鴨翼の下の水昏し/安井鏡子

寒卵朝の翼の少女かな/上原勝子

飛の翼の光り波を切る/高濱年尾

寒月や翼の如くいのち去る/朱鳥

禿鷲の翼片方づつ収む/飯島晴子

両肩に海南風の翼負ふ/山口誓子

妻といふ翼ひらけば青嵐/大高翔

一番機翼の下に冬茜/秋元波末子

相求むる翼の幅よ鶴の舞/林昌華

色鳥や橋を翼の島の景/中本柑風

巣立鳥藁しべつけてもろ翼/風骨

翼なき空ひえびえと朝の卓/原裕

湿原のひかりの翼水芭蕉/森田博

紫の燕の翼の下に貧し/古館曹人

俳句例:21句目~

海鳥の翼大きく初日影/加古宗也

白馬岳雪渓天に翼張り/橋本研二

桜貝長き翼の海の星/波多野爽波

初蝶の輝く翼受胎告ぐ/有馬朗人

千仭の谷や水木の花翼/武居余史

千手即春の翼の観世音/川崎展宏

稲妻の巨き翼ぞ嶺を打てる/篠原

秋風の重なりやすき翼かな/原裕

鶴翼の備くづるゝ霞哉/正岡子規

鶴翼の五層裳階の城の雪/上村占

瓦斯燈の光の翼枯枝に/京極杞陽

寒波来る明星金の翼揺り/相馬遷子

落鳥の翼とざせり霧の中/横光利一

花野ゆく両の腕を翼とし/西平信義

着水の双翼天の川へ伸ぶ/太田鴻村

一鳥の白き翼よ大夏野/弓矢登志子

翼張つて飛の紺青大皿に/野沢節子

両の手は翼のなごり青嵐/掛井広通

両腕は翼の名残夏野行く/利光釈郎

黒鳥の翼をすべる秋の雨/岡崎桂子

俳句例:41句目~

秋天に鳶の翼の傷あらは/相馬遷子

俳諧や報國も翼賛も芋嵐/筑紫磐井

風花の山湖夕日の翼澄む/岡田日郎

児が泣けば冬浜に集る日の翼/原裕

風五月翼なき身は階下る/川崎慶子

八月の沖へ簀立の翼張る/毛塚静枝

青奥羽覗く翼下の雲の穴/横山房子

冬ざれや翼小さき燭天使/永方裕子

翼なきものの群がり桐の花/徳弘純

冬日浴ぶとき翼せり翌檜/松山足羽

灘の天帆翔の鷹翼を張り/福田蓼汀

雪解川風は光の翼もつ/永峰久比古

夜濯の一枚をわが翼とす/山根真矢

冬濤を摶つ雪白の大き翼/内藤吐天

海鳥の陽に透く翼背泳す/高井北杜

金星に光の翼山ざくら/橋本美代子

冬鴎橋越す翼つよく張り/館岡沙緻

冬麗や紙飛行機が翼張り/大橋敦子

春服の子に群鴎の濡れ翼/友岡子郷

稲妻の翼が吾を羽交締め/三好潤子

俳句例:61句目~

初写真山河翼を広ぐごと/中嶋秀子

金星が翼をひろぐ山桜/橋本美代子

大花野幼子の背に陽の翼/吉原文音

剥製の鳥の翼の重たき夏/対馬康子

新涼や翼を張りて夜の富士/岸田稚

橋や娼婦そこらの夥しい翼/徳弘純

大鷲の帰る翼の撓りたり/奥田智久

旅人に雪嶺翼張りにけり/大橋敦子

犬の耳翼のごとし大き秋/対馬康子

稲妻のあをき翼ぞ玻璃打てる/篠原

白夜航く翼下に森と湖の国/森田峠

双翼ひろげて鷹の立雙ぶ/橋本鶏二

開きゐて真白き翼新日記/小澤克己

吊橋は翼冬川ひかりをり/嶋田麻紀

鷹舞えり翼の中に摩天楼/対馬康子

春の空翼生えたる少女らに/原清水

蝶に翅鳥には翼復活祭/高橋美智子

蒲団出て大きな翼失へり/横山悠子

牛小屋に板の翼の扇風機/茨木和生

鰯雲故宮でて時翼なす/小檜山繁子

俳句例:81句目~

紫雲英田に翼を休む海の鳥/塚腰杜尚

緑樹より翼がのぞく子と立てば/原裕

かうもりの翼電動仕掛かな/高澤良一

かの孔雀鉛を孕み土博つ翼/高柳重信

翼あるものを休ませ冬干潟/佐藤鬼房

翼あるもの先んじて誘蛾燈/西東三鬼

翼あるもの地に下りて涅槃変/檜紀代

翼なきものには櫂を春立てり/原和子

翼ひらく白鳥の日は氷点に/古舘曹人

翼ひろげ胸白の鷹名は吹雪/福田蓼汀

翼伸べて雲雀は泳ぐ麦の空/太田鴻村

翼持つ少女のこゑや初電話/杉山哲也

翼欲しい少年街は黄落期/高野ムツオ

翼燈の赤くきりゆく寒星座/横山白虹

ふらここを降りて翼を失へり/神蔵器

翼立て苗代の泥を取る初燕/橋本夢道

みな仰ぐとき大鷲の翼張る/後藤嘉子

花菖蒲夜は翼のやはらかし/有馬朗人

茸狩に雲が拡げし火の翼/千代田葛彦

わが内の翼の疼く迢空忌/野田久美子

タイトルとURLをコピーしました