天守閣を使用した俳句

天守閣に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

天守閣を含む俳句例

鵲や濠に囲まれ天守閣/野田武

天守閣より煤掃の命綱/長田等

秋風や天守閣より妻の顔/岸田稚

秋天の天守閣より樋下る/たかし

天守閣連子窓より新樹光/林庸子

頂きに偽天守閣山笑ふ/井沢正江

薩藩に天守閣なし山滴る/川崎黒兎

遠足の一団天守閣を占む/宮下翠舟

初泣の子に快晴の天守閣/鈴木鷹夫

千代田城天守閣跡母子草/坂本蓬子

天守閣一歩に飾る馬印/廣瀬ひろし

遠足に占領されし天守閣/前田隆子

雪嶺を大障壁に天守閣/瀧澤伊代次

雪解風左右にぞ捌き天守閣/林昌華

探梅に夕日まだある天守閣/山本洋子

天守閣西日と気力残りおり/森田智子

天守閣銃眼秋の風抜けし/小川濤美子

火の国の氷に上る天守閣/遠藤寛太郎

天守閣屹然としてけさの春/正岡子規

松手入どの松の上も天守閣/橋田憲明

俳句例:21句目~

風光り松鳴り天守閣の跡/宗像夕野火

秋晴や松澄む朝の天守閣/柴田白葉女

天守閣北窓塞ぐことはなし/後藤比奈夫

天守閣田植済みたる顔ならぶ/生出鬼子

八重葎離々たり天守閣いづこ/石塚友二

梔子の香のうかがへる天守閣/進藤一考

涼しさや象を見おろす天守閣/仙田洋子

秋天に並ぶものなき天守閣/岡本ゆう子

秋風に衛士のまどろむ天守閣/山田弘子

色変へぬ松したがへて天守閣/鷹羽狩行

まくなぎの陣を破れば天守閣/千松無門

次の男も涼風を言う/天守閣/坂田直彦

メーデーの雄叫び届く天守閣/栗本武子

冷やかして歩く夜店や天守閣/日吉忠弘

天守閣いづくに佇つも初景色/舘岡沙緻

天守閣より豊作の美濃尾張/日比すすむ

天守閣上涼風百尺吹きぬける/瀬谷泰泉

枯蔓を引けばぐらりと天守閣/井芹眞一郎

ふらここに引寄せられし天守閣/河合澄子

嫁が君天守閣より下り来しか/福田甲子雄

俳句例:41句目~

天守閣在りし空なりいかる鳴く/武井耕天

天守閣細くのぼりて残花かな/藤井寿江子

四方の景たがへて天守閣涼し/片山由美子

名古屋場所見に待ち合す天守閣/田口恵子

秋晴の掌に載るほどの天守閣/山口超心鬼

鰺鮓や雨ほそくなる天守閣/鍵和田ゆう子

メーデー歌吹き上げ来る天守閣/大橋敦子

かせ鳥の天守閣より繰り出しぬ/阿部月山子

天守閣よりハンカチの白を振る/長屋きみ子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました