ちりを使用した俳句

ちりに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

ちりを含む俳句例

かなしき日春塵の厨拭いて寐る/草村素子

ふるさとの春塵の道ひかりをり/秋山素子

むなしさの髪の中まで春の塵/小坂順子

ゆく春の塵塚あさる雀をり/中尾白雨

われのほか使はぬ卓に春の塵/桑島啓司

パドックの砂塵たちまち春塵に/川崎展宏

ピノキオの赤い帽子や春の塵/伊藤雅子

一悶着あるごと春塵払ひけり/森敏子

三笠山見る面上に春の塵/吉岡禅寺洞

仏壇の宙に生きもの春の塵/鷹羽狩行

伝へ古る渾天儀あり春の塵/有働亨

億万の春塵となり大仏/長谷川櫂

先生やいま春塵に巻かれつつ/岸本尚毅

十字架の湾頭に舞ふ春の塵/原裕

千手佛春塵拭ふ指持たず/宮脇白夜

去来像指で拭へば春の塵/川崎展宏

友に会はん春塵かぶる駅のポスト/桜井博道

友欲しきとき春塵が橋渡る/田川飛旅子

地球儀の世界を覆ふ春の塵/浅見まき子

売れ残る干支の置物春の塵/渡辺晧

俳句例:21句目~

多彩仏春塵仏と拝みける/赤松けい子

姿よく能なき硯春の塵/星野立子

帯解けば春塵透きて落ちにけり/中村たゞし

帰り来て耳に東京の春の塵/猿橋統流子

憶測を重ねゐて積む春塵も/水口楠子

戦没学徒ら透明に群なし春塵駆く/磯貝碧蹄館

手鏡にありとしもなき春の塵/京極杜藻

投票をしるすに春の塵ざらざら/横山白虹

拭ひたる卓に春塵棒立ちに/上野泰

掃きよせし春塵の中針光る/橋本鶏二

新兵の靴引するや春の塵/尾崎紅葉

春の塵からくれなゐのまじりけり/長谷川櫂

春の塵たちうつりゆく誰か去り/中嶋鬼谷

春の塵唐三彩の駱駝にも/佐藤桂子

春塵と吹かれて重き歩みかな/石田あき子

春塵と見えし街の灯君は北ヘ/桜井博道

春塵にたかぶり人とけものどち/石橋秀野

春塵にまみれて兵馬俑五千/鈴木詮子

春塵にカリヨン光り歌ひだす/市村究一郎

春塵に心まみれて帰りけり/中村苑子

俳句例:41句目~

春塵に息浅くしてのごとし/野沢節子

春塵に押され大阪駅を出づ/辻田克巳

春塵に消えた坑夫のタオルあたらし/穴井太

春塵に眼をしばたたき繋ぎ馬/阿部みどり女

春塵に舌の根かわく閻魔王/葉狩てる子

春塵のいづこに住居もつべしや/高橋沐石

春塵のかたづけさせぬ机上かな/石川予風

春塵のたぐひの一つわが句屑/外城恒

春塵のひだ美しき仏達/大橋杣男

春塵の一本松よ眸あぐるたび/永井よしい

春塵の中でベレーの塵はたく/佐野まもる

春塵の分厚く赤茶け煤仁王/高澤良一

春塵の同じ暗さへ退勤工/吉田鴻司

春塵の壺の一つを愛すかな/三島汲水

春塵の如き学問考古学/粟津松彩子

春塵の巷にありて機屋かな/五十崎古郷句集

春塵の巷落第を告げに行く/大野林火

春塵の打ち抜く物の形かな/堀越せい子

春塵の日輪ずれてしまひけり/山中未萌

春塵の昼をともして洋画集/川崎展宏

俳句例:61句目~

春塵の没日音なし卓を拭き/加藤楸邨

春塵の玻璃に展示の能衣裳/長谷川かな女

春塵の羅漢剥落して哄笑/幡谷東吾

春塵の耳を洗へば今日はるか/細川加賀

春塵の蕎落第を告げに行く/大野林火

春塵の衢落第を告げに行く/大野林火

春塵の軽く揚りて経修理/池上浩山人

春塵の近江に貨車を放ちけり/斉藤夏風

春塵の道にせり出す道具市/伏見清美

春塵の鏡はうつす人もなく/山口青邨

春塵の顔あたたかき泡の中/蓬田紀枝子

春塵へ灯がつき素顔冷たくなる/諸角せつ子

春塵も置かず遺愛の杯並べ/稲畑汀子

春塵やいつひろごりし生活の輪/久保田万太郎

春塵やこころの馬鹿のトルストイ/平井照敏

春塵やふくさかけたる謡本/藤田春梢女

春塵やオゾンの穴を覗き見る/森須蘭

春塵や吾を見あげて妻の像/河野静雲

春塵や寸の仏も彫ふかく/大橋櫻坡子

春塵や木馬の金の目の卑し/中村和弘

俳句例:81句目~

春塵や東京はわが死にどころ/鈴木真砂女

春塵や欅並木に映画館/西本一都

春塵や水路工事の遅々として/倉内法子

春塵や病めば後るゝことばかり/泉春花

春塵や観世音寺の観世音/高野素十

春塵をかぶり一億より出づる/松澤昭

春塵をつけて妻と子戻るべし/高橋沐石

春塵をひそめたなごのつやゝかに/石橋秀野

春塵をほのかにのせて硯箱/坊城中子

春塵をやり過したる眉目かな/高浜虚子

春塵を払ひて子待つ日を重ね/杉原竹女

春塵を積みザヴィエルの面の創/有馬朗人

春塵を置かぬ鎌倉武士の墓/星野高士

春塵を虹でおさへて撒水車/土生重次

春塵を馳せ春塵を抜けられず/川上良子

時折に春塵の立つ風情のみ/京極杞陽

橋が明日へ源知らぬ春塵どか/磯貝碧蹄館

病人の耳滓春の塵として/嶋田麻紀

病室にふはふは育ち春の塵/今井つる女

病消えてまた町医たり春の塵/相馬遷子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました